非の打ちどころがない。

歯が悪いので、ちょっと「いひひ」という表情で寝るのも、愛おしくてたまらない。

嫌だなと思うところなんて、何一つない。

もっとみる
スキ、ありがとうございます〜♡

猫の「つみれ」

数日にわたり、猫日記を書いている。これは、そいつがどういった経緯でやってきたのかのまとめnotoになる。猫マガジンは→ https://note.com/yukianemone07/m/m6e52df2d92ee

***

2019年9月。我が家の敷地に、猫のフンがたくさん埋まっていることが発覚した。猫の額ほどしかないガーデンスペース。ガーデニングでもしようかと思い、土を掘り起こしたところ、ゴロ

もっとみる
♥ありがとうございます!励みになります。

尾道 (上)

今日は尾道の写真からいくつか。

 尾道ヘは前日の夜に移動して到着しておりました。
 一夜明けて眺めてみると、瀬戸内海特有の空気がとろーんとした感じで大好物。

 まずは展望台に登ってみることにして商店街を抜けていきます。

 まだ早い時間だったのもあって商店はあんまり開いていませんでしたが、昭和感が残る商店街なのは間違いなし。亀も良い色してました。

 展望台へはロープウェーで上り、尾道水道を一

もっとみる
ありがとうございます!ネコがよろこびます~
10
ありがとうございます!
7

猫と暮らす その48 ニューアクション

彼は彼なりに努力している。
不器用は不器用なりに表現しているのだ。

彼とは我が家の内弁慶ムッシュのことだ。

マダムは自身の要求を通すためにどうすれば効果的かよく把握している。それに引き換えムッシュはどうしていいかわからないといった感じなのだ。
唯一彼が講じ得る手段がとにかく「鳴く」だった。

餌がほしいときも、遊んで欲しいときも、撫でて欲しいときも
とにかく「ニャー」。大きい鳴き声から小さくさ

もっとみる
ゲッツ!!!
3

猫がいなかったならきっと今日も死人だった

うつ病と診断されてもう6年経ってしまった。

自分がうつ病じゃないかなと思い始めたのは二十歳の頃だったので、治療前から考えると十年くらい、もしくはそれ以上の期間うつ病やそれ以外の精神疾患に苛まれて生きてきている。少なくとも中高生の頃の私は立派な摂食障害だったし、今も若干食べ方がおかしい。吐くと体がきついので自力でやめることができたものの、そのしわ寄せが買い物依存症の方に来ているし、いわゆるメンヘラ

もっとみる

夫が出かけようとすると、バッグの中に入って引き留める猫。

ありがとうございます!
11