\大槌町地域おこし協力隊絶賛募集中/

\大槌町地域おこし協力隊絶賛募集中/

大槌町地域おこし協力隊の新規募集 解禁!!! 期間は、10月8日まで。 移住定住支援・観光・ジビエの3職種にて、大槌町に新しい風を吹き込んでくれる仲間を募集します。 詳しくは、ホームページでチェック!!! 被災→復興の文脈で語られるこの10年から 「新しい暮らし、生き方、価値観」 を提供していく町として生まれ変わりつつある大槌です。 課題はたくさんあるけれど ”生きている実感”に手応えを感じる毎日を過ごしてみませんか? 大槌町の地おこ制度は今年4月からスター

狩猟行政のお金の流れ
+1

狩猟行政のお金の流れ

研究が煮詰まると、政府統計をグラフにしたりらじばんだりしている。 今日は鳥獣関係の歳出、歳入を比較とかしていた。 鳥獣関係の歳入は、基本的には狩猟税やら狩猟者登録料、免許更新料である。歳出は大きく分けると、①放鳥費や鳥獣保護区設定費などの保護関係、②狩猟登録関係の手続き、③有害鳥獣駆除、の3つに分けていいと思う。 んでグラフがこちら オレンジが歳入、青が歳出のうち駆除以外(①、②)、灰色が駆除費用(③)、黄色線は駆除費用の割合 歳入が見事に減少している。1996年は

スキ
1
「害獣」に価値を見出した移住料理人の新商品を堪能。
+7

「害獣」に価値を見出した移住料理人の新商品を堪能。

おはようございます。 何だか最近「作ってみた」「食べてみた」の記事が多くなっているのですが、今日はいつもお世話になっている「KANUKA PARK」さんの新しい商品を食べてみました、というお話です。(ただいま、秋のイベントに向けていろいろと試しているところなのです。) 「KANUKA PARK」は雲南市の山の中にあるイノシシ肉加工施設です。 オーナーである鹿糠俊二さんはもともと神奈川県出身。 島根の中山間地域では深刻な問題となっている「害獣」イノシシを、自然の恵みがもた

スキ
18
二本目のナイフ
+6

二本目のナイフ

これから二本のナイフについての話をしたい。 まずは、二本目から。 もし無人島に置き去りにされるとして、 何か一つだけ、道具を持つことが許されるとしたら、 私が選ぶのは間違いなくナイフだ。 狩猟では銃を使うが 最終的にとどめを刺すのはナイフであることが多く、 また、解体もナイフがないと手も足も出ない。 仮に熊と格闘することになっても、 最後に頼るのはやはりナイフだろう。 ナイフが、何かしら特別な存在感を放つ理由は どこにあるのだろうか。 色々な神話や昔話の中でも 剣が魔力

スキ
11
8月 地おこ活動報告

8月 地おこ活動報告

皆様こんにちは!8月は岩手県独自の「岩手緊急事態宣言」が発令されましたね・・・ 引き続き、基本的な感染対策の徹底を行っていきましょう! それでは、今月の地域おこし協力隊の皆さんの活動を報告させていただきます。 まずは、MOMIJI株式会社 ドラゴン佐宗さん! 先日、鹿肉をシンプルに塩・コショウで頂いたのですが 「え?鹿肉ってめちゃくちゃ美味しい!!臭みが全くない!!」 と感動しました☆彡 ドラゴン佐宗さんの活動報告の一番下に購入リンク貼ってありますので ぜひ、

スキ
3
猟友会って大事だよね的思案
+2

猟友会って大事だよね的思案

コロナ関係で仕事休みが続いているし、しばらくは週2ぐらいで研究小ネタでも書こうかなという今日この頃 博論は「狩猟を通じたニホンジカの資源管理」ということになり、収穫の適正化(狩猟管理)と並行して鳥獣資源の管理の担い手誰やねん問題に直面している。個人的には各地の支部猟友会しかないと思っているが、なかなか理論的に実証するのは難しい...。「狩猟者」の減少はよく問題として指摘され、研究も多いが、「猟友会員」の動向は意外と研究がないし、実態は不明である。 というわけでひとまず簡単

山ノ内でジビエを堪能できる世界線

山ノ内でジビエを堪能できる世界線

こんばんは。 久々に食べたチェーンの料理はやっぱり胃もたれしました。 何言っても、手作りのご飯が一番美味いね。ハマダです。 この月曜日は、仲良くしてもらっている県庁のジビエ振興室室長のタクローくんと、岐阜の猪鹿庁というジビエの団体の料理人 いくちゃんを山ノ内に招いての懇親会。 ちょうど渋温泉食堂 gonkiの岸田さんが、町の処理場を移転したり、販路の開拓をしたりしているのもあり、楽しい会に。 ジビエというものを提供する上で、必要不可欠な処理の話。 自分たちが提供する上で、

スキ
1
【南丹市 美山】ジビエとリトリート旅 美山の季節料理ゆるり
+11

【南丹市 美山】ジビエとリトリート旅 美山の季節料理ゆるり

初めまして。 楽しい面白い美味しいが大好き! 南丹市担当ライター こっちゃん でーす! こんにちはー! 朝晩ひんやりと涼しい日も増えてきましたね。 それでも、まだまだ暑い日は続く、、、 ちょっとでも清涼感のあるお話を!と思って、今日はお届けします。 実は、今日が初めまして!の投稿です。 私が暮らしている京都府南丹市美山町に住んでいます。 南丹市担当ライターとして、これから紹介していきます。 よろしくお願いいたします。 さて!! 1.今流行の鹿肉のヒミツ いかがでしょ

スキ
17
No,140.マムシを焼いて食べてみた(ジビエ)
+8

No,140.マムシを焼いて食べてみた(ジビエ)

マムシ クセも臭みもなく干物っぽくて美味しかった。それ以上の感想を述べるのが難しいほどクセも臭みもないっす。 杉本(2006)によると、ニホンマムシは日本では古来より民間薬として食されていた。富山氷見灘浦では「元気になる」と言って焼いて食すらしいです。 また、抗疲労効果(疲労回復)(Moriura.et al、1996)や肝障害抑制作用(森浦ら、1993)に効果があるみたいです。 このように、マムシはゲテモノではなく重要な栄養素だったことがわかります。 鰻 左側の

スキ
5
大豆ミートが同じ食卓をつくる
+3

大豆ミートが同じ食卓をつくる

プラントベースフード研究家Masaeです。今回は、私が毎週活動している農業体験でのお昼でのある出来事をお届けしたいと思います。 農業体験という取り組み相模原(神奈川)にあるアビオファームは、8年前から農業を始めました。オーナーは現役のバーテンダー。農業未経験だったところから、知り合いもいないこの農地を開拓してきました。ここは、生産農家になるほど広くはないので、この畑では様々な野菜や果物を育て、農業体験をやってもらいたいと考えており、来年の本格的な始動に向けて準備しています。

スキ
24