「お金がないと不安!」から抜け出す。不安定な社会を生き抜くために、持続可能な(パーマカルチャー)生活スキルを身につけようと思ったワケ

皆さんこんにちは、ニッシーです。
あまり文章書くの得意でないんですが、備忘録記事を書いてみました!
参考になれば幸いです♪

さて始めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたに質問

いきなりですが
「あなたの人生で大事にしているモノをいくつか教えてください?」
と質問したら、何と答えますか?

気軽に頭に思い浮かべてもらえればと思います。

はーい、そこまで!

色んな回答があるとおも

もっとみる
良かったらフォローも!

🔴いつも大安吉日129 〜「メリ」と「ハリ」の幅広かった日〜

【「メリ」と「ハリ」の幅広かった日】

昨日のぼくのこと

早朝からカモミールの蒸留
終わってゆっくりしたら昼前
そば食ってゆっくり休む
天気が少しよくなったので田んぼに向かう
夕方までノンストップで田んぼに這いつくばっては、泥と草をこねくり回す
うちに帰ってソファーでまたゴロリ
ごばんを食べてまたゴロリ
そのままソファーで眠ってしまいました

ざっくり書けばこれだけなんだよね

🔴朝の蒸留に学

もっとみる
今日もめでたいなー
4

自給自足は夢が叶う瞬間

本日の野菜自給率100%達成。厳密には、キムチは作ってないし(キムチトウガラシは鋭意栽培中)、焼肉のタレの材料の玉ねぎ、ニンニク、生姜はうちの野菜ではなかったけど。

今夜の出演者は以下の方々です。

・エゴマ
・ズッキーニ
・じゃがいも
・ゴマ
・ワーンミニトマト
・中玉トマト
・空芯菜
・聖護院節なりきゅうり
・山科茄子
・早生真黒茄子
・スイートバジル

すべて固定種か在来種の種から育てた野

もっとみる

今年はお茶を買わずに、作ることにしました! part1 〜月桃と人参葉〜

夏です。暑いです。

キンキンに冷えたお茶が飲みたくなります。

特に麦茶が恋しい季節。

お茶葉を買いたくなります。

しかし、

毎日飲む麦茶のパックを買っていたら、

割とお値段が張ります。

正直節約したいです。

そこで僕は周りを見渡してみました。

そして気づくのです。

「ここ畑やん!!!そこら中に葉っぱあるやん!!」

わざわざお茶葉なんて買わなくても、

ここは様々な葉っぱで満ち

もっとみる

《楠ラジオ》#1 物質的に豊かになった私たちの心は豊かになっただろうか?

出来上がったものだらけの私たちの日常。物質的には豊かになった私たちの心は、豊かになっただろうか。

自分たちのできることを模索し、生活の一つ一つを自分で作っていく生活をする楠クリーン村の人たち。

全てを自給自足するのではなく、ちいさく、できることから広げていく。この「ちいさいお庭」から始める自給自足生活の日常をPodcastラジオにて配信しています!

楠クリーン村の「ちいさいお庭」

「楠クリ

もっとみる
僕もあなたがスキです
14

お金のいらない世界

こんにちは!非公式地下組織join代表の史朗です。

一番最初のjoinとは?という記事で、究極的にはお金のいらない世界になるのではという事に少しだけ触れましたが、今回はそのお金のいらない世界について書いてみます。

僕たちのVisionは「自分の好きなことで人の役にたつ、自分の出来ることでお互いに助け合う」という事を掲げていますが、ここで目指したいのは、相互扶助・感謝経済・贈与循環で動かす現代版

もっとみる
優しい人ですね!
8

農ファッション農ライフ no fashion no life vol.4

静岡県富士宮市にはトライブがいるらしい。

かつてBOONという雑誌で連載していた井上三太氏の漫画「TOKYO TRIBE」には地区ごとに生息するトライブの様子が描かれ、新宿・池袋・渋谷・吉祥寺等、地区ごとの特色あるMENSの抗争に興奮したものだった。

ココ静岡。

穏やかな気候と穏やかな人柄が多く生息。

北国出身の自分からは到底発することの出来ぬ、のどかVIBESを発するピースフルな人々の勢

もっとみる
ハートをクリックされたぜ~
15

🔴いつも大安吉日128 〜しっかりどっぷりたっぷりゆったり〜

【しっかりどっぷりたっぷりゆったり】

ド田舎のボロい古民家に、素敵な朝のゆったりとした時間がながれています

朝からやっております
先日刈り取らせてもらった、カモミールの蒸留であります

「いやいや気持ちのよいこと」

おはようございます
大安吉日や店主さかいひろしです

山の肌寒い朝にストーブの火があったかい
その火と滴る水の組み合わせ
その水が蒸留水となれば尚更いい
いつまででも「ぽー」っと

もっとみる
これからもどうぞよろしく
3

🔴いつも大安吉日127 〜いつものその日暮らし〜

【いつものその日暮らし】

この春にそうげんのチャリはおっきくなった
いままではタマと同じサイズだったのに

この違いはかなりおおきい

少しばかり道が下り坂ならまったく漕がなくても「スーッ」と行ってしまう
対してタマは、タイヤが小さくて切り替えのギアーもないから、「グルグルグル」っと必死にペダルを漕ぎつづける
それでも全然追いつかない

そうげんは早く行きたいのに物足りない
タマは本気の本気なの

もっとみる
今日もいい日だなー
6