39歳

30代最後の1年が始まります

1980年10月18日に生まれた私は今日が39回目の誕生日。

いつも通りの朝を迎え、のそのそと起床し、バタバタと朝食と夫のお弁当を作り、パクパクと朝食のロールパンサンドイッチを食べた。

なんてことない、普通の朝を迎え今は自宅で仕事をしています。

長年の友人からLINEでお誕生日おめでとうメッセージが届き、朝イチには母からもおめでとうのLINEが届いた。

以前、自分の仕事歴について色々とあっ

もっとみる

39歳、無職になって1カ月

会社を辞めて、あっという間に1カ月が経過した。

実家に逃亡してから最初の3週間は、1日中泣いて過ごすような日もあれば、妙に調子が良く鼻歌なんぞ歌う日もあったりと、感情の起伏が激しかったけれど、4週目に入って少しずつ安定してきたように思う。日中の精神安定剤服用率がぐんと減ったのがその証拠だ。

フリーランス時代、毎日交感神経ビンビンで働いていたときは、自律神経が乱れて曇りや雨の日にやたら体調が悪か

もっとみる

「自立」にこだわりすぎなくても良かったのかもしれない

きっかけは、昼食時にうどんを茹でていた母が言った何気ない会話だった。私の従妹の子供に、ある美しい四姉妹がいて、このたびその三女Aちゃんが結婚し、仕事を辞めて専業主婦になったらしい。年齢は26~27歳だろうか。四姉妹の長女Mちゃんも、数年前に結婚して専業主婦になり、今は子育てに忙しくしていると聞いた。

普段なら「へぇ~、おめでたいねぇ」と流せる話なのだが、今の私にはこの話がかなりこたえて、昼食のう

もっとみる

39歳、無職になって1週間

半ば狂いそうになりながら東京のマンションを脱出し、実家に転がり込むように帰省して4日目。

帰ってくる日は人混みも、街の騒音も、歩く人々のスピードも何もかもが恐く感じて、とにかく一刻も早く東京を飛び出したい一心だった。

実家に着いてからも、今後のことを考えれば求人情報に目を通さないといけないのだけど、PCを開くことすら恐くて、ただただこの数日間は「仕事」というものからすべてを切り離して過ごした。

もっとみる
いいねを押したので今日は晴れるでしょう
8

悲しさの傷

きょう、久しぶりに傷ついた。
浅いと思った傷も、30になると思っている以上に深いものだったりする。

20代のメンヘラだった時期とはまた違う
仕事で作った傷とはまた違う
いたって冷静な状態での傷。
心が波打つことなく
ただただ風もない
静かな傷。

多分、誰にも言わないし
ここに書かなければ数日後忘れているのだろうけど。

大切な場所では
大切な人たちとの時間や絆を紡いでいきたい。
だから、こうい

もっとみる

役員報酬を0円にしたいって話と会社のことは最大公約数じゃダメって話

朝、妻も子どもたちも出て行ったあと、一人でバタバタして洗い物して洗濯物干して39歳のトム・ヨークを参考にヒゲをトリミングしてシャワーを浴びている時によくインターホンが鳴るんだけど、「今裸だから出られませーん!」って叫ぶのもなんだし、黙ってシャワーを浴びつづけてるのが居留守ぽくてなんだか申し訳ない気分になる。

そんな時に、最近会社のfacebookページを更新してないなぁ、とか思って「最大公約数」

もっとみる

今日はいい日

妻の誕生日。

本人、別に39歳の誕生日など嬉しいものでもないらしいが、なんとなくいい日にしたかったので早く帰った。

大したことはしてないけれど、今日はいい日。

ワインを買って帰って、おかげで酔っ払って困ってる。

頭が眠りたがっている。

ごめんね、いい日。

今日はもう、眠ってしまいます。

#yusukeumeoka20190109 #日記 #エッセイ #今日 #いい日 #妻 #誕生日

もっとみる

旅の恥はかき捨て

取材先でお客さん入りの写真を撮影したいときに、日本人よりも外国人観光客にお願いした方がOKしてもらえる可能性が高い。

旅の恥はかき捨てということか。

今日もあべのハルカスに来ていた韓国人の女の子二人にかなり単語単語の英語で話しかけたら写真撮ってもいいって言ってくれた。

二人旅だったみたいだから、それぞれが撮り合うだけじゃなくて二人で写ってる写真が欲しかったのかもね。

撮影したあと「写真くれ

もっとみる