林家はな平

落語家です。喋ることを生業としてますが、書くことにも興味があります。読むのは苦手なのに書くのは好きです。日々のこと、落語のこと、食べ物のこと、自由気ままに綴っています。

林家はな平

落語家です。喋ることを生業としてますが、書くことにも興味があります。読むのは苦手なのに書くのは好きです。日々のこと、落語のこと、食べ物のこと、自由気ままに綴っています。

    マガジン

    • 美味しいはなし

      落語の傍ら、毎日料理をしています。 そんな美味しい料理や、食べ歩きで美味しかった料理の話をします。特に好きな食べものは唐揚げです。食べるのも作るのも好き。食べ歩きはラーメンが多いですが、食べ過ぎに気をつけているので頻度は少ないです。 旅先で出会う食べ物は全て魅力的です。落語家になって一番良かったのはこの旅で色々な食べ物やお酒に出会うことですね。 好きな食べ物:唐揚げ、ラーメン、寿司 好きなお酒:ビール(海外のエール系は特に好き)、焼酎、ウイスキー(スコッチ)、最近は日本酒も嗜む

    • 予定のはなし

      特別に告知しておきたい出演情報を記します。 細かい出演情報は https://hanahei.hayashiya.online/

    • 日々のはなし

      普段は都内で落語をしますが、たまに地方にも顔を出します。一番好きなのはやっぱり寄席です。日々の落語はもちろん、日記のようなマガジンです。

    ストア

    • 商品の画像

      寿 真打昇進三点セット「扇子・手拭い・口上書」 ☆落語グッズ

      落語家が真打昇進と同時に拵える三つのおめでたいアイテムです。 【扇子】 落語家の商売道具、お馴染みの扇子です。紙は越前和紙、文字の色を紺色にしたり、こだわった逸品です。名前の上には一門の紋である「中陰花菱」をあしらっております。 【手拭い】 イラストレーター山田全自動さんの「はな平オリジナルイラスト」をあしらった素敵な手拭いです。この3点セットの手拭いは、地が白色で柄が青になっています。3点セットのみにはいっている手拭いです。バラ売りもございます。 【口上書】 落語家が真打に昇進する際にご贔屓の方にお配りする挨拶状のようなものです。師匠林家正蔵の口上と、その他お二方からありがたいお言葉を頂戴しました。
      5,000円
      RAKUGO SHOP〜林家はな平の落語グッズ屋〜
    • 商品の画像

      『山田全自動と林家はな平の落語あるある』(サイン入り) ☆落語グッズ

      林家はな平の長年の夢が実現しました。落語の本を出版しました。コロナ禍になって、落語を多角的に見つめてきたはな平が「落語あるある」という切り口で挑みました。お馴染みの山田全自動さんのお力を借りまして、文を林家はな平、絵を山田全自動さんが担当し、書き上げました。この機会にどうぞお買い求めくださいませ。 Amazonでのご購入と違い送料がかかるため、販売特典として林家はな平のサイン入りとなっております。サインが必要ない方は購入の際に、備考欄にお書きください。 【内容紹介】 古典落語の演目をコミカライズした『山田全自動の落語でござる』もスマッシュヒットさせた山田全自動と、今年春に真打昇進となった若手実力派の落語家・林家はな平がタッグを組んだ落語本企画です。 本書では、現役落語家の視点から生まれる、思わずクスリと笑えるような落語にまつわる「あるあるネタ」を山田全自動によるイラストでユニークに表現。さらには、落語家の生態、落語界のしきたり、落語家という職業や裏事情にフォーカスしたコラムなども充実。 【構成】 ●イントロ漫画 ●第1部 落語家編 落語家の生態/出番前/高座で ●第2部 寄席・落語会編 寄席・落語会/噺(演目)あるある/お客あるある/こう思ったらきっと落語好き ●コラム 落語家とは/前座の一日/高座に上がるまで/落語家の着物事情 ……etc.出版社 ‏ : ‎ 辰巳出版 (2022/3/24) 発売日 ‏ : ‎ 2022/3/24 言語 ‏ : ‎ 日本語 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 128ページ ISBN-10 ‏ : ‎ 4777828816 ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4777828814 寸法 ‏ : ‎ 12.8 x 1.2 x 18.8 cm
      1,540円
      RAKUGO SHOP〜林家はな平の落語グッズ屋〜
    • 商品の画像

      寿 真打昇進三点セット「扇子・手拭い・口上書」 ☆落語グッズ

      落語家が真打昇進と同時に拵える三つのおめでたいアイテムです。 【扇子】 落語家の商売道具、お馴染みの扇子です。紙は越前和紙、文字の色を紺色にしたり、こだわった逸品です。名前の上には一門の紋である「中陰花菱」をあしらっております。 【手拭い】 イラストレーター山田全自動さんの「はな平オリジナルイラスト」をあしらった素敵な手拭いです。この3点セットの手拭いは、地が白色で柄が青になっています。3点セットのみにはいっている手拭いです。バラ売りもございます。 【口上書】 落語家が真打に昇進する際にご贔屓の方にお配りする挨拶状のようなものです。師匠林家正蔵の口上と、その他お二方からありがたいお言葉を頂戴しました。
      5,000円
      RAKUGO SHOP〜林家はな平の落語グッズ屋〜
    • 商品の画像

      『山田全自動と林家はな平の落語あるある』(サイン入り) ☆落語グッズ

      林家はな平の長年の夢が実現しました。落語の本を出版しました。コロナ禍になって、落語を多角的に見つめてきたはな平が「落語あるある」という切り口で挑みました。お馴染みの山田全自動さんのお力を借りまして、文を林家はな平、絵を山田全自動さんが担当し、書き上げました。この機会にどうぞお買い求めくださいませ。 Amazonでのご購入と違い送料がかかるため、販売特典として林家はな平のサイン入りとなっております。サインが必要ない方は購入の際に、備考欄にお書きください。 【内容紹介】 古典落語の演目をコミカライズした『山田全自動の落語でござる』もスマッシュヒットさせた山田全自動と、今年春に真打昇進となった若手実力派の落語家・林家はな平がタッグを組んだ落語本企画です。 本書では、現役落語家の視点から生まれる、思わずクスリと笑えるような落語にまつわる「あるあるネタ」を山田全自動によるイラストでユニークに表現。さらには、落語家の生態、落語界のしきたり、落語家という職業や裏事情にフォーカスしたコラムなども充実。 【構成】 ●イントロ漫画 ●第1部 落語家編 落語家の生態/出番前/高座で ●第2部 寄席・落語会編 寄席・落語会/噺(演目)あるある/お客あるある/こう思ったらきっと落語好き ●コラム 落語家とは/前座の一日/高座に上がるまで/落語家の着物事情 ……etc.出版社 ‏ : ‎ 辰巳出版 (2022/3/24) 発売日 ‏ : ‎ 2022/3/24 言語 ‏ : ‎ 日本語 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 128ページ ISBN-10 ‏ : ‎ 4777828816 ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4777828814 寸法 ‏ : ‎ 12.8 x 1.2 x 18.8 cm
      1,540円
      RAKUGO SHOP〜林家はな平の落語グッズ屋〜
    • もっとみる

    最近の記事

    はな麻婆豆腐

    我が家では月に2回くらい食べるのが麻婆豆腐です。レシピは陳健一さんのもので、大体こんな感じです。 ①豚ひき肉をこんがり炒める。 ②豆板醤、甜麺醤、豆鼓醬、を入れ炒める。 ③水を加えて、醤油、鶏ガラ、ニンニク、生姜で味を整える。 ④豆腐を入れ、煮込む。※1 ⑤長ネギの先を削ぎ切りで入れ、白いところはみじん切りで入れる ⑥水溶き片栗粉でとろみをつける。※2 ⑦山椒油とラー油を加えて照りを出して出来上がり。※3 ※1豆腐は、絹ごしが好きです。事前に茹でてもいいですが、そのまま入

    スキ
    1
      • 夏チキン弁当がアゲアゲでした。

        先日、新幹線の車内で食べたお弁当で「夏チキン弁当」がとても美味しかったのでご紹介します。 まずこの「チキン弁当」は、僕の中で唐揚げ弁当というジャンルの基本みたいなお弁当で大好きなんですが、その夏バージョンがあるとは知りませんで、今回それに出会えたわけなんです まず見てくださいこのパッケージ。チキン君(多分名前がある)がサーフィンしてます。溺れたらどうしようという懸念はともかく、このどこまでも爽やかなパッケージがとにかく可愛かったです。 チキン弁当の衣って小麦粉だと思うん

        スキ
        5
        • 8月の出演情報

          8月は寄席月刊と言うべきほど寄席に入れて頂きました。 【寄席】 8月上席 鈴本演芸場 昼の部 12:50上がり交互出演 8月中席 浅草演芸ホール 夜の部 19:00上がり交互出演 8月下席 池袋演芸場 昼の部 14:15上がり 寄席が一番好きな場所なので、気合入れて務めたいと思います。その他、おススメ公演を以下に列挙いたします。 何卒お運び下さいませ^_^ その他、細かい落語会情報はホームページに記載してあります!

          スキ
          3
          • 蝶花楼桃花姉さんの初主任興行に行ってみた。

            桃花姉さんの主任興行に行ってみました。真打昇進から史上最短での寄席のトリを取る姉さん。今、女性落語が熱いんですけど東京でトップランナーを走る姉さんの姿はやっぱり眩しかったです。 トリどころか、寄席で出番を得ることですら今は大変なんです。そのステップをポンと飛び越えてのトリ。すごいです。 同時に真打になったメンバーにこれだけ刺激をもらえる先輩がいるのはありがたいこと。 僕もコツコツと積み重ねて行きます。 8月は寄席の出番がいっぱいなので楽しみです。

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 美味しいはなし

            • 15本

            落語の傍ら、毎日料理をしています。 そんな美味しい料理や、食べ歩きで美味しかった料理の話をします。特に好きな食べものは唐揚げです。食べるのも作るのも好き。食べ歩きはラーメンが多いですが、食べ過ぎに気をつけているので頻度は少ないです。 旅先で出会う食べ物は全て魅力的です。落語家になって一番良かったのはこの旅で色々な食べ物やお酒に出会うことですね。 好きな食べ物:唐揚げ、ラーメン、寿司 好きなお酒:ビール(海外のエール系は特に好き)、焼酎、ウイスキー(スコッチ)、最近は日本酒も嗜む

          • 予定のはなし

            • 4本

            特別に告知しておきたい出演情報を記します。 細かい出演情報は https://hanahei.hayashiya.online/

          • 日々のはなし

            • 125本

            普段は都内で落語をしますが、たまに地方にも顔を出します。一番好きなのはやっぱり寄席です。日々の落語はもちろん、日記のようなマガジンです。

          • 林家はな平のはなし

            • 9本

            林家はな平自身のプロフィールを掘り下げる記事を集めています。ホームページ内でリンクに飛べるところは記事になっています。 林家はな平ホームページ https://hanahei.hayashiya.online/

          • カンゲキした話

            • 3本

            一番観るのは映画です。月に2、3本。年間で20作品くらい。邦画が中心です。 次に観るのは演劇です。月に1本くらいです。時間があれば行きたいけど財布が… 歌舞伎も月1ぐらいですね。自分のメモにはこれらの作品を5段階評価でつけていますので、面白かったもののお話を致します。 好きな映画:邦画が中心でサスペンスや事件ものが好きです。でも話題な作品も観ます。 好きな劇団:劇団KAKUTA、劇団桟敷童子、他には役者の知り合いの作品を観ます。 好きな歌舞伎役者:尾上菊之助、尾上松緑(声が大きいから)、市川猿之助

          • 落語のはなし

            • 67本

            落語にまつわるお話です。はな平の考える落語の話から、落語の周辺の話、落語家独特のしきたりなどを取り上げています。初めての方が疑問に思うことを取り上げることを念頭に書くマガジンです。

          • 想い出のはなし

            • 39本

            落語家になるまでの話、落語家になってからの話。 想い出になっている出来事を話します。 福岡時代(18歳まで) 学習院時代(22歳まで) 前座修行時代(26歳まで) 二つ目時代(37歳まで)

          • 蒲田に落語の小屋を作りたいはなし

            • 5本

            蒲田に落語を公演する小屋を作りたいという夢を色々と妄想する企画です。 妄想を現実にするには、とにかく思いをまとめていくことです。 その妄想にお付き合いください。

          • 美味しいはなし

            • 15本

            落語の傍ら、毎日料理をしています。 そんな美味しい料理や、食べ歩きで美味しかった料理の話をします。特に好きな食べものは唐揚げです。食べるのも作るのも好き。食べ歩きはラーメンが多いですが、食べ過ぎに気をつけているので頻度は少ないです。 旅先で出会う食べ物は全て魅力的です。落語家になって一番良かったのはこの旅で色々な食べ物やお酒に出会うことですね。 好きな食べ物:唐揚げ、ラーメン、寿司 好きなお酒:ビール(海外のエール系は特に好き)、焼酎、ウイスキー(スコッチ)、最近は日本酒も嗜む

          • 予定のはなし

            • 4本

            特別に告知しておきたい出演情報を記します。 細かい出演情報は https://hanahei.hayashiya.online/

          • 日々のはなし

            • 125本

            普段は都内で落語をしますが、たまに地方にも顔を出します。一番好きなのはやっぱり寄席です。日々の落語はもちろん、日記のようなマガジンです。

          • 林家はな平のはなし

            • 9本

            林家はな平自身のプロフィールを掘り下げる記事を集めています。ホームページ内でリンクに飛べるところは記事になっています。 林家はな平ホームページ https://hanahei.hayashiya.online/

          • カンゲキした話

            • 3本

            一番観るのは映画です。月に2、3本。年間で20作品くらい。邦画が中心です。 次に観るのは演劇です。月に1本くらいです。時間があれば行きたいけど財布が… 歌舞伎も月1ぐらいですね。自分のメモにはこれらの作品を5段階評価でつけていますので、面白かったもののお話を致します。 好きな映画:邦画が中心でサスペンスや事件ものが好きです。でも話題な作品も観ます。 好きな劇団:劇団KAKUTA、劇団桟敷童子、他には役者の知り合いの作品を観ます。 好きな歌舞伎役者:尾上菊之助、尾上松緑(声が大きいから)、市川猿之助

          • 落語のはなし

            • 67本

            落語にまつわるお話です。はな平の考える落語の話から、落語の周辺の話、落語家独特のしきたりなどを取り上げています。初めての方が疑問に思うことを取り上げることを念頭に書くマガジンです。

          • 想い出のはなし

            • 39本

            落語家になるまでの話、落語家になってからの話。 想い出になっている出来事を話します。 福岡時代(18歳まで) 学習院時代(22歳まで) 前座修行時代(26歳まで) 二つ目時代(37歳まで)

          • 蒲田に落語の小屋を作りたいはなし

            • 5本

            蒲田に落語を公演する小屋を作りたいという夢を色々と妄想する企画です。 妄想を現実にするには、とにかく思いをまとめていくことです。 その妄想にお付き合いください。

          記事

          記事をすべて見る
            • RAKUGO SHOP 〜林家はな平の落語グッズ屋〜

              夏に向けてBASEのグッズ屋をリニューアルしました。お店の名前も新たに「RAKUGO SHOP〜林家はな平の落語グッズ屋〜」に変えました。 より落語色が出るように商品を補充していきますので何卒よろしくお願いします。 今回新たに増やしたグッズも含めておすすめを少しご紹介します。 寿 真打昇進三点セット お馴染みの三点セットです。この三つのセットがまとまっています。5000円以上のご購入で送料が無料になりますので、このセットをお買い求め頂くと自動的に送料が無料になります。

              スキ
              2
              • 映画『エルヴィス』を観て

                先日、『エルヴィス』を観ました。以下、少しネタバレ含む感想です。ご了承ください。 控えめに言って、最高の映画でした。 エルヴィス役の方がまあかっこいいのなんの。男でも惚れちゃうような感じ。本物のプレスリーもそうだったんでしょう。 『Bohemian Rhapsody』にしてもこの『エルヴィス』にしてもスターってのは大変なんだなあと思いました。 だって輝き続けなきゃいけないんです。いけないってことはないでしょうけど、そういうものに押し潰されていくんですよねみんな。 考

                スキ
                7
                • 三遊亭金翁師匠にお会いしました。

                  昨日は雑誌『そろそろ』の取材で、金翁師匠のご自宅に伺わせて頂きました。いつの記事になるかは置いといて。 この取材、かなり貴重で興奮しました^_^ まず、金翁師匠がお元気でとても嬉しかったです。 90歳を過ぎた方が我々のような若造どもと喋ってくださるのもありがたいし、また普通に会話が出来るというのが本当にすごいです。 「若手に伝えたいことはございますか?」 というような生意気な質問にも真摯に答えて下さって、僕にとって一生の財産になりました。 昭和の話を語れる方が段々

                  スキ
                  11
                  • 高崎だるまで商売繁盛祈願

                    先日、高崎に行く用があったので、高崎だるまを買いました。 いつか欲しい欲しいと思いながら数年が経ち、思い切って買いました。黒いだるま。 なんで数年も悩んだかというと… 種類が多い! とにかく迷っちゃうくらいの数です。願いが細かいんです。 僕はやっぱりお金に縁のある黒にしました。披露目で散財したので、早く黒字にしなきゃってことで^_^ そんなわけで、だるまさんの前髪をどうぞ。 前髪なのかこれは!?

                    スキ
                    2
                    • 僕の前髪の話

                      いつからかオールバック七三ヘアーになりました。この髪型にしてから、「師匠に似てるね。」ってよく言われるようになりましたが、わざと似せているわけではありません。 なぜこの髪型になったかと言うと、早い話が楽だからです。 オールバックって本当に楽なんです。ものの1分で完成します。少し気合を入れる時だけドライヤーで髪を立ててからやりますが、普段はムースをつけたらひたすら後ろに持っていって、七三を作るばもう完了。 朝が有意義になりました。朝ご飯を作る時間がありますからね。主婦の方

                      スキ
                      14
                      • 久しぶりの噺のお稽古

                        今日は久しぶりに噺を教わりました。披露目の半年ほど前から一旦ネタおろしはやめていたので、久しぶりに新しい噺との対面でした。 毎月毎月ネタを覚えていた頃からすれば今はだいぶペースも緩やか。数ヶ月に一席となりましたが、落語を覚えるのは本当に楽しいですね。 ただ、問題なのが覚えるスピードが遅くなったこと。毎月ネタを覚えていた時はノルマがあったおかげでしょうか。随分早く覚えていましたが、今は自分のペースになっているというか、迫られて覚えないので、覚えるのが遅くなりました。 これ

                        スキ
                        5
                        • 冷やし中華、はじめました。

                          今年もこの季節がやってきました。 僕は冷やし中華が大好きなんです。町中華でも一年中あってほしいなあって思っています。 そんな、我が家での冷やし中華第一弾はこんな感じです。 最近はスーパーで売ってる冷やし中華のレベルがどんどん上がっています。 初回なんでエビが入りました。 あとポイントはミョウガを入れるとこです。僕は必ず入れたいです。 ミョウガを入れると夏って感じです。ミョウガは夏です。 夏はミョウガです。 そんなミョウガを紹介しました。

                          スキ
                          7
                          • 天心VS武尊戦を観て

                            天心VS武尊の試合を観ました。6000円ほどのチケットを躊躇なく買うほど僕はこの試合が観たいのでした。下馬評(特に格闘関係者)では天心勝利の予想が多くて、最後までわかりませんでしたが、結果的に天心選手の快勝だったように思います。 制限体重とか、ラウンド数とか、たらればを言い始めると切りが無いんですが、僕としては武尊選手を応援していたので悔しさが残ります。だけど、最後の二人の涙を見ると、もうそういう次元じゃなくて、お互いにのし掛かっていた重圧から解放された姿がただただ眩しく思

                            スキ
                            2
                            • 第3回 はなつる怪談〜はな平とつる子の夏の二人会〜

                              昨年に引き続き、はな平とつる子による怪談噺の会を開催します。昨年までは真景累ヶ淵を二人で続けてきましたが、今年は私がそのまま継続して真景累ヶ淵を。そしてつる子は牡丹燈籠に挑戦します。 「はなつる怪談〜はな平とつる子の夏の二人会〜」 日程 令和4年 8月27日(土) 場所 池袋演芸場 時間 18時開演(17時半開場) 料金 予約2500円 当日2800円 番組 真景累ヶ淵「お累の自害」他  林家はな平 牡丹燈籠「お札はがし」他  林家つる子 お問合せ info@tsuru

                              スキ
                              2
                              • 第二回 そろそろ編集会議

                                今日はばばん場で「そろそろ編集会議」でした。この会は、落語会なんですけど、「編集会議」も兼ねていて、気持ち的にはガッツリ落語をやろうと意気込んでいくんですが、行ってみるとワイワイ会議がメインになっちゃう会です。 そんなわけで今日は『第二弾そろそろ』について話し合いを公開で致しました。 この雑誌は「落語好きの 落語好きのための 落語家の本」なので、とてもやっていて楽しいことしかありません。 僕は相変わらず「カメラ担当」で参加していますので、どうかよろしく第二弾も買ってくだ

                                スキ
                                6
                                • 神楽坂でお披露目ですよー❗️

                                  6月25日に神楽坂でお披露目があります。菊之丞師匠にお声かけを頂き、一門で乗り込みます。 本当にありがたいです。この神楽坂寄席自体もコロナで延期延期で、2年越しだそうです。 皆さまぜひお越し下さい。 昼ははな平、夜は律歌師匠です。 「林家はな平 真打昇進披露」 昼席 13:30開演 (開場13:00、公演時間は約2時間の予定) 出演:林家たけ平、林家正蔵、 真打昇進披露口上(はな平、たけ平、菊之丞、正蔵)、青空一風・千風、林家はな平(出演順) 料金(全席指定):各4

                                  スキ
                                  4
                                  • 真打な日々

                                    この春に真打に昇進して以来、真打な日々を過ごしています。 真打になると楽屋での扱いもだいぶ変わってきて、その一番の部分は着付けを手伝ってもらえることですね。二つ目までは着物も自分で着ますが、真打になるとこれを前座さんが手伝ってくれる。 この着付けなんですが、真打になってすぐはやって貰わないで自分でやる人もいるんですが、僕は披露目が終わってからすぐにやってもらうようにしました。 これは自分なりの理由があって、「真打の身体になって行くこと」が一番の理由ですが、もう一つありま

                                    スキ
                                    19