『コーヒープリンス1号店』

2007年・韓国
原作:イ・ソンミ
演出:イ・ユンジュン
脚本:イ・ジョンア、チャン・ヒョンジュ
出演:コン・ユ、ユン・ウネ、イ・ソンギュン

幼い頃に父親を亡くし、いくつもの仕事を掛け持ちしながら、一家の大黒柱として母と妹との生活を支えるコ・ウンチャン(ユン・ウネ)は、活動的でボーイッシュな外見からしょっちゅう男性に間違えられている。
アメリカから帰国した財閥の御曹司チェ・ハンギョル(コン・ユ)

もっとみる
ありがとうございます💜またお立ち寄りください

韓ドラアドベントカレンダー  5

コンヒョジンを紹介し、美男ですねを紹介したので、この流れでキリのいい5は大好きなホン姉妹の不朽の名作(と勝手に呼んでいますが本当にそうだと思います)を張り込みたいと思います。

ソジソブとコンヒョジンの共演が話題になった当時、あのホン姉妹の脚本とはいえ、正直顔疲れしそうと、あまり期待はしていませんでした。

だけど、一度見始めたら、回を進むごとにのめり込んでいき、4話の最後でソジソブがそれまで突き

もっとみる
嬉しい! よろしければまたきてください!
3

『アルハンブラ宮殿の思い出』オールクリア

『シークレット・ガーデン』を完走したあと、もう少し現代に近いヒョンビンドラマを見たくなり、Netflixにて視聴。

このドラマ、良い評価ではなかったという話をチラホラ見受けましたが、大枠のお話としては悪くなかったと思います。逆に自分の場合IT系のディテールが気になってしまったかも。

他の方のブログ(ネタバレあり)を読んだら、放送当時は韓国の視聴者からもめっちゃ酷評受けてたんですねえ……コメント

もっとみる

THE K2

私がこの世で1番好きな俳優、チ・チャンウクさんのドラマ。

この作品は、
アクション×(政治の)ドロドロ×恋愛
という、かなり壮大なドラマです。
正直、最初の3話くらいは、もう誰が誰だかさっぱりだし、色々内容が複雑で頭がごっちゃごちゃになりそうだったのですが、
気づいたらこの作品にどっぷり入り込んでいました(笑)
本当に面白いので、時間のある時にじっくりみてほしいです。

チチャンウクさんのアクシ

もっとみる

韓ドラ「ドドソソララソ」。ピアノを弾く主人公の姿に急に涙が吹き出す。驚いた。何か心の蓋が開いているようだ。イジェウクもいい。何より、寄せては返す波のように明るい方へ明るい方へと引っ張ってくれるドラマ。楽しい、可愛い、きれい、かっこいい、優しい、親切、おもしろいが心地よくつまってる

あなたがスキです♡
1

青春の記録

この作品をtwitterで検索すると、「モヤモヤ」という感想がとても多かったように思います。
内容はとても現実的で、芸能界で生きるってこういうことなのかと、私としては納得できるエンディングだったと考えています。

私がこの作品で最も良かったと思うのは、ハラボジのシーン。
彼から学んだのは、人生いつからだってやり直せる!ということ。
ハラボジは昔、好き勝手に生きていたせいか、ヘジュンのアッパにかなり

もっとみる

【Chemistry】RiRiCoupleを応援したい

前回はnote初回にも関わらず、CLOY(愛の不時着)への熱い想いをほんの少し放出出来て嬉しかった。

引き続き少しずつポイントをずらしながら、好き勝手に話を広げていきたいと思う。

CLOYには、温かく愛情溢れる人間模様の中にも深い悲しみや辛い想い、怒りをぶつける激しい負の感情がある。何層にも折り重なる大中小様々なストーリーを束ねている「有り得ない設定」のトンデモハプニングや偶然の連続と、生死を

もっとみる
ありがとうございます❤️
3

あの子はゴールじゃない、通過点よ。スタートは自分で決めていいんだから。

ドラマ【私のIDはカンナン美人】

ふたつのインパクト

ドラマをみようと思ったきっかけは、題名のインパクトだ。かつて整形大国とよばれた韓国文化であるが、ずいぶんストレートだなと。

視聴開始すると、第二のインパクトがやってくる。ト・ギョンソク役を演じるチャ・ウヌの顔の美しさたるや。衝撃を受け思わずツイートしている。

登場人物をみても華やかなドラマだと思っていたが、メッセージ性がある内容だった。

もっとみる

時代の寵児、韓国語。英語を呪う

10年ほど前に中断した韓国語の勉強を再開している。
昨今のドラマやK-popの勢いというよりも、韓国文学、映画にひかれたこと、また仕事で使用するためにまた始めた。10年前も学習環境は充実していたけれど、今は格段に豊かになっている。韓国語学習コミュニティも暖かくて、面白い。純粋に一員になっているというだけで、前向きになれる。

Twitterのタイムラインも、そんなわけで、韓国関連が多くなる。
連日

もっとみる