〝深淵への覗き込み【インディミュージックのご紹介】〟

良くヘビーミュージック以外にどういった音楽を聴きますか?という質問を頂くので、今日はそれについて触れていきたいと思います。

敢えて〝メタル〟などの単語を今回使っていないのには訳があります。

大体ヘビーミュージックとカテゴライズされるものはボーカルがスクリームしていたり、楽器が歪んでいたりしているものを指す事が多いですよね?

そして多くのリスナーがメタルなどのヘビーミュージックに紐

もっとみる

佐野元春│GREATEST SONGS COLLECTION 1993-2004│収録バージョン事前検証

9月にリリースされる佐野元春の新しいベスト盤に収録される曲のバージョンを事前に検証する企画。いよいよ「DISC THREE : MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1993-2004」だ。

DISC ONE : MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-1984
DISC TWO : MOTOHARU S

もっとみる

続・下町音楽夜話 0278「頭から離れない曲」

突然ある曲を意識し始めると、もうその曲に頭の中を支配されてしまい、他の曲が入ってこなくなるようなことがある。しばらくなかったのだが、立て続けに2曲、どうしても頭から離れない曲があって困っている。もうすぐブルースのイベントなので集中したいのだがなかなかそうさせてくれない。もともとのブルース好きではないので、イベントで語るにはそれなりに事前の準備をしないといけないが、まったくもってやっかいな状態になっ

もっとみる
ありがとうございます。
2

BERA - Sans Retour (Official Music Video)

BERAはジョージアの歌手、作詞家、作曲家、そして音楽プロデューサーです。
この作品はメロディー & Rapで構成されたお洒落な曲ですが、PVの内容が以下にもフランス的でグイグイ惹かれます。
 
道中二組のカップルが瞬時の恋に落ちるのかと思いきや、各々に決まった伴侶が居て同じ空港でそれぞれが元の伴侶に収まって行く・・と言う内容。
最後に機上で隣り合わせた男女がそれぞれの場所で空を見上げるシーンが、
もっとみる

イイネと言って下さるあなたの心が、次の執筆の原動力になります♡
1

The Monkeesを再評価する - Part 4:デビュー前夜

3ヶ月時を戻して1966年4月。
秋シーズンのテレビ番組の制作とそのサントラ兼シングル・アルバム用の音楽制作が始まった。

パイロット版の制作時に配役のために担当楽器を割り当てる必要があったが、4人のうち誰がドラマーになるかという問題があった。
おさらいしておくと、ミッキー、マイク、ピーターはギタリストで、3人のうちマイクとピーターはドラムセットを試してみるのを拒否。デイビーは楽器の経験がほぼ無か

もっとみる

Mr.Childrenと戦後日本③―愛と想像力の2010年代とその後

今回で(おそらく)、「Mr.Childrenと戦後日本」シリーズは一区切りとなります。

最後のトピックは、前回の最後に少し言及した「想像力」についてです。

…2010年代に入ってからの桜井は、リスナーの「想像力」のレベルについて懐疑的であるという、―かつて宮台真司が嘆いたのと同じような―趣旨の発言を何度かしており…【1】

桜井和寿が語った「想像力」という言葉は、いったいどのように解釈すること

もっとみる

続・下町音楽夜話 0275「7インチ盤的世界観」

TOTOのイベントが無事終了した。満席告知はしてあったが、随分席数を減らしての打ち止めだし、当日いらっしゃらない方もいて、そこそこ密だが何とかイベントの体裁は保てている状況だった。他にも思うようにビールが入手できなかったこともあり、やたらと本来のイベント以外の部分に時間を割かれることになり、何だか疲れ切ってしまった。それでも参加された皆さんの楽し気な様子を見ていれば、やっぱりイベントはいいなとなっ

もっとみる
ありがとうございます。
3

佐野元春│GREATEST SONGS COLLECTION 1985-1992│収録バージョン事前検証

9月にリリースされる佐野元春の新しいベスト盤に収録される曲のバージョンを事前に検証する企画。ここからは「DISC TWO : MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1985-1992」に入って行く。

「DISC ONE : MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-1984」はこちら。

track#01

もっとみる

清澄白河カフェのキッチンから見る風景 : やんちゃな音楽

いつの時代にも、やんちゃな音楽というものはありまして、突然変異的な前例のないことをやってみた奴らがおります。完璧な前衛などというものは、聴いて面白いものでもないので興味すらありません。そんなのどうでもいいんです。新しいだけということには価値を見出せません。

価値があると思えるものの中でも、後から時代が追い付いたような先進的なものがいくつもありまして、まず思いつくのはジミヘンでしょう。革新的という

もっとみる
ありがとうございます。
9

清澄白河カフェのキッチンから見る風景 : MIssissippi Juke Joint Blues

毎月恒例のトークイベントですが、8月にはブルースを特集する回をやることになりました。コッテコテのデルタ・ブルース聴きまくりとなると、普段とは違う参加者さんがいらっしゃるんですかね?自分が何でも屋なので、どういうテーマでも無難にやっちゃいますけど、普通はそういうわけにはいかんでしょう。いろいろなテーマでやっていますが、それでも毎月のように参加される方もいらっしゃいまして、顔を合わせるたび、お互い無言

もっとみる
ありがとうございます。
4