ジャズといえばブルーだね。ブルー・ミッチェル

ブルー・ミッチェル
Blue Mitchell

「人生が変わる55のジャズ名盤入門/鈴木良雄」の巻末付録の中で、タモリさんが選んだアルバム13位。タモリさんが選んでいるので、トランペッターには魅力のアルバムなんだと思います。

「Blue's Moods」

I'll Close My Eyes

ウィントン・ケリーのピアノのイントロから始まり、トランペットが入ってくるところ、カッコいいと思いま

もっとみる
ありがとうございます。

5/31(日)のライブ配信はBilly Strayhorn特集です

こんにちは。サックス奏者・作曲家の山中一毅です。
3月半ばにニューヨークを半ば脱出するような形で緊急帰国して2ヶ月以上が過ぎましたが、いまだ戻れる目処は立っておらず、依然として日本に滞在しています。

そんな中で4月から数回に渡ってお届けしてきているSNSでのライブ配信。家の中で、大きな音は出せないという制約もありながら、無伴奏ソロサックスという普段はなかなかやらないフォーマットで続けています。

もっとみる

情報解禁❗️

6/1にTVに出ることになりました!
ついに情報解禁させて頂きます!

放送局 チバテレビ
番組名 ダイヤモンドコレクション
放送日時 6/1 25:30〜26:00

なんと!
チバテレビの番組に出させて頂きます!!!

ダイヤモンドコレクションに!

千葉県の皆様!
絶対に見て下さい✌️笑

東京都、神奈川県、埼玉県の皆様!
こちらで見れます!

東京都
J:COM 足立、J:COM 江戸川、

もっとみる

5/29

在宅勤務三十四日目。ゆっくりできるかと思ったら請求書の再チェック作業が入る。これまた重たく、依頼のメールを読まなかったことにして無視しようかとさえ思ってしまった笑。

宛先には複数名が指定されているけれども、これ誰もやりたがらないよな、とわかっているし、ここで無視してもリマインドされるだけ。じゃあもう腹くくってやりますか。…と意気込んだけれどもやっぱり大変だった笑。他人の作った請求書は読み方がわか

もっとみる

コード譜面の読み方6

前回は、マイナーコードの読み方を学習しました。
もう一度、復習しておくとマイナーコードとは

「メジャーコードの真ん中の音を半音下げたもの」

です。
よく例えられる例としてメジャーは明るい、マイナーは暗い、と例えられます。音の響きやイメージでコードを捉えることは非常に重要です。
子供になったつもりで「音を聞いた時の直感イメージ」ができると和音を塊のまま覚えられるので、和音の音採りが容易になります

もっとみる

ジョージ・ウォリントンをちょこっと

(3 min read)

George Wallington / Jazz For The Carriage Trade

30年以上ぶりくらいに聴いたジョージ・ウォリントンのプレスティジ盤アルバム『ジャズ・フォー・ザ・キャリジ・トレード』(1956)。ジャケットが好き、中身も好きで、そのむかし愛聴盤だったのは、この音楽のなんとなくオシャレな雰囲気と、それからぼくはフィル・ウッズのアルト・サック

もっとみる

今までのレコーディングを振り返る vol.12 野瀬栄進 Here Now Hear 2001

今までのレコーディングを振り返る
vol.12

野瀬栄進 Here Now Hear 2001

野瀬栄進君は小樽出身でニューヨーク在住のピアニスト。毎年、日本全国をツアーして回っています。まったりとした独特のタッチと緩急の変化に富んだ個性が光るミュージシャンです。

このアルバムにはドラムに僕の当時在籍していたバンドのリーダーでもあるマット・ウィルソン、ハーモニカにスティングやマーカス・ミラー

もっとみる
嬉しいです!
2

『Misty ~ジャズ研 恋物語~ 9』

学祭前は、いつにも増して気ぜわしい。部長の仕事は学祭運営側や学生課との折衝もそうだし、借りたい資材のピックアップもある。ある程度覚悟して先代の部長であるベースの吾郎さんから引き受けた部長職だが、なかなかどうして思い通りには上手くいかないもんだ。
 「お疲れさまです。桜子さん、飲みますか?」
 部室のローテーブルを前にして、ひとりうなだれていたあたしのところに、部室のドアが開く。オリーブドラブの薄手

もっとみる
ありがとうございます! 精進します。
8

ギタリストの為の分散和音 Broken Chord(With Tension Note)-19

今回からは
マイナーメジャーセブンスコードに
9・11・13を加え、
メロディックマイナースケールに
なったタイプです。

引き続き、コードトーンと
テンションの違いを意識して下さい。

それでは本日の譜例
minor Major 7th Chord 9 11 13-1です。
 ↑ ↑ ↑ ↑
クリックして下さい。

幸せをありがとう

魅惑の美女ジャケット エディ・ヒギンズ

「これも、これもだ!」
エディ・ヒギンズのジャケットなんですが、美女の写真ばっかりなんです。しかも大量。

「どんだけ美女が好きなんだよ~」って思いつつも、「いや、これはジャケット買いをさせる戦法なのか!?」とも考えた。

ちょっと調べてみたら、ヴィーナスレコード。日本のレーベルじゃないですか。「なるほど~、ピアノの上手いエディ・ヒギンズさんをやとって、ガンガン演奏させて、ばんばんレコードを作った

もっとみる
ありがとうございます。