好きな音楽#1

ひとつくらい、暗さのない好きな話をしたい。週に1〜2回、音楽の話をしていこうと思います。記念すべき第1回。大好きなジャズから1曲紹介です。

titleはThere will never be another you.紹介動画はピアニストBud Powellによるものです。ジャズといったら、私の中ではこの曲が代表作のような感じで心にあります。
ゆったり、明るいコード進行なのにどこか切なさがある。ま
もっとみる

小沼ようすけさんと藤本一馬さんのギターデュオ・Inspired Guitar Duo

ジャズギタリストの小沼ようすけさんと、orange pekoeのギタリスト 藤本一馬さんのギターデュオ、Inspired Guitar Duo のアルバムデザイン、告知関連、グッズデザインなどを担当させて貰ってから早いものでもう4年。時が経つのは本当に早いです。色々と経験をさせて貰い、本当に感謝の言葉しかありません。

アルバム「Naja」デザイン

ギターマガジン「2019. NOV. 11」

もっとみる

人生初の音楽感動体験〜小曽根真さんとの出会い①〜

忘れられないライブがある。

それは、小曽根真さんのジャズライブだ。

当時、私は中学生。

習っていた音楽教室の階段を上がったところにブルーノートのポスターが貼ってあり、階段を上がるたびに気になっていた。

マンスリーカレンダーにその日出演するミュージシャンの写真が並んでいる。

薄暗い煙草のけむりが漂う中、人生の経験を積んだ大人だけが、ジャズを嗜む場所。

勝手にそんな景色を想像していた。

もっとみる

5月9日 日記

溺れそうな感じだ。
どんどん予定が入ってきて自分が思うように動けない。
こうやって医者も病院に行かなくなるんだろうな。

母の日だ。

母はもうだいぶ前にいなくなってしまったけど、
母の命日になんとなくがん検診を受けたら、まさかの陽性だった。

それで、3年ほど観察的な治療をしていた。

幸い、何事もなく治ったのだけれど、
母は偉大だと思った。

正直に言えば、山奥にこもって一人になりたい。
誰も

もっとみる
好き!ありがとうございます。
6

【日記】5月3日〜5月9日

5月3日
連休も折り返し。買い物をする為に連休最後の外出へ。ずっと探していたセブンイレブンの「からっきゅう」を見つけ即購入。胡瓜のピリ辛漬け。晩ご飯の時に早速食べてみたところ想像していたよりかなり地味な味。名前からしてもっとガツンと辛いものだと勝手に思っていた。と言いつつ、辛すぎたら食べられないが。

映画「探偵はBARにいる」を見る。「相棒」スタッフが制作していることもあって全体的なテンポやスト

もっとみる
やったー!
2

一ヶ月間初渡米編14

 ニューヨークに着いてとりあえずタイムズスクエアっしょということで(笑)観光に向かい、ここがテレビでよく見るあのタイムズスクエアかぁーとしばらく人の多さを眺めた後、とりあえずご飯にすることにしました。

この頃にはまだタイムズスクエアから徒歩5分くらいのところに吉野家があったため、ボストンに付いてから日本食もとくに食べていなかったのもあり行ってみることにしました。

 店を見つけて入ってみると、見

もっとみる

#041 大野雄二 「ルパン三世のテーマ'78」[live]

日曜日だから今日はちょっとゴキゲンなヤツを(*^^*)
日本人ならきっと誰もが知っている!
かの名曲を豪華メンバーのライブ動画で。

日本のアニメ音楽ってほんと昔からすごい人たちがしっかり作ってるのよね。
子供だましじゃないのよ。
こんな音を当たり前に聞いて育ったのは幸せなことだ(^^♪


♪シオンのリスニングルーム(You-tubeライブラリ)
https://youtube.com/play
もっとみる

ピアノとオルガンの日々 東京大学におけるジャズ講義録本

10年くらい前に発刊された本だが、
菊地成孔がメインの東京大学でのジャズ講義録・2編を
少しずつ読み進めている。

ジャズの歴史編とキーワード編に分冊されているが、
本来堅苦しくなりがちな内容について
講義内容を文字に書き起こしたかたちの
口語記載なので、スラスラと読める。
それでいて非常に切り口が独特だから
意味合いが深い。

まだ半分くらいしか読んでいないが
内容が濃密な良書となっている。

ありがとうございます! (^-^)/
4

息をする様にマンガを読んだ 01

マンガ読者歴40年、何でも読みますがスプラッターは、苦手。
01回目は、石塚真一による『BLUE GIANT』(ブルージャイアント)。
音楽物、ジャズを知らない人も楽しめます。
三部構成で、①BLUE GIANTが、日本を舞台にして、高校生の主人公が、全く楽譜も読めず楽器も扱えないところから成長していく様がえがかれている。
②BLUE GIANT SUPREMEは、単身ヨーロッパに渡った主人公のゼ

もっとみる