最強の弟 ナット・アダレイ

ナット・アダレイ
Nat Adderley
コルネット奏者
キャノンボール・アダレイの弟。

え、コルネット? 
コルネットはトランペットそっくりの楽器で、ややこぶり。
柔らかな音色でほかの楽器ともよく調和します。
そう、調和する楽器なんです。

この写真、いいですよね。
左のお兄ちゃんのキャノンボール・アダレイは頼もしく、右のナット・アダレイはなんとも可愛い顔してます。

写真のとおり、この兄弟

もっとみる
ありがとうございます。
1

原稿掲載情報(2020年5月)

あっという間に5月が終わりました。

こちらでの記事を投稿するネタ準備をしている間に、noteには何も更新できませんでした(笑)。

5月の原稿掲載は「The Beat Goes On」さんで
ディスクレビューを2作品。

サンダーキャットの最新作、 『It Is What It Is』について、このサイトの編集長である猫山文子さんとそれぞれレビューさせていただきました。

もう1作品はテナーサ

もっとみる

音楽というライフライン

大感動の、53回にわたる小曽根真さんのライブストリーミング配信
「Welcome to Our LIving Room」

最終日は素敵なサプライズと、16000人のbig  familyで、涙涙でした。

毎晩の楽しみ

夜の21時。
毎回、医療従事者や介護職、エッセンシャルワーカーの方々への感謝を言葉にされ、
ジャズ、クラシック、映画音楽、童謡など
みんなのリクエストに応えながら、
毎晩1時間

もっとみる
幸せのおすそわけ
9

小沼ようすけ TRIO feat. 西藤ヒロノブ Valentine’s Day Special@Jz Brat(20150206)

金曜日は夜遊びを。小沼さんのライブを観に行っておりました。西藤ヒロノブさんを生で聴いてみたかったので、ちょうど良いタイミングで行けました。会場に一番乗りで、ゆっくり本を読んで開演を待つことに。

でで、演奏を聴きながら、ラジオで聴いた話し振りからとても人柄が良さが音にも所作にもにじみ出て、見に来てよかったと一人で感動。なので、CDを買ってサインをもらい帰宅。

Spotifyのリンクも貼ってお

もっとみる
スキありがとうございます!!
1

イトパン式 第7回

イトパン式ギターレッスン動画第7回
四度進行に合わせてコードフォームを意識しながら演奏します。
無限の可能性を秘めている様に見えるアドリブも、
実はシンプルなところから始まっています。
コードフォームを視覚的にゆっくりじっくり理解しながら
自分の頭と指先に教え込もう。
コードフォームを君の中にインストールするのだ!

ありがとうございました。
1

5月31日 日記

ちょっと早めだが、今日は日記にしておく。
本日の一大事としては、「Mac」のクリーンインストール。

2015年モデルを2016年に購入したが、当時はこれ1台だったので、IT開発のソフト等も入り乱れ、タダでも少ないHDの容量が足りなくて困っていた。確か正月に電池パックが膨らむ事件もあって、電池もアップルストアで取り換えてもらっていたりと、何かとひやひやしている。ここ数か月調子が悪いこともあり、仕事

もっとみる
好き!ありがとうございます。
4

オンラインレッスン、ウォーキングベースラインの組み方

これもよく尋ねられる質問。
どういう風にウォーキングベースラインを作れば良いですか?
と。

確かに最初はわからないですよね。僕も悩みました。
基本が4分音符が4つというシンプルな構造ゆえに、逆に難しく考えてします。

極論を言うと、どの音でもオッケーだったり?!
ぐらい自由な感じかと。

僕が弾いている4beatもの。色々ありますがこんな感じとか。

このレッスンではジャズで!と言うより、ポップ

もっとみる
わーい^^
8

メイキング物の功罪

最近では映画やドラマのメイキングムービーやディレクターズカット版が大流行り。

NGカットや編集に漏れた部分を敢えて公開するわけだが、本編を観た後ならともかくプロモーションと称して前倒しで見せているのには恐れ入る。

映画のストーリーよりも特定人気スターの“楽屋落ち”ネタが優先されているようでどうにも釈然としないが、これも営業上仕方無い事なんだろう。

さて

レコードの世界でも 別テイク/ボーナ

もっとみる
ありがとうございます‼️☺️☺️
2

変われる男 スタンリー・タレンタイン

スタンリー・タレンタイン
StanleyTurrentine

テナーサックス奏者 
愛称はミスターT、ザ・シュガー・マン
音楽一家に生まれる。父はサックス、母はピアノ、兄はトランペット

1960年にオルガニストのシャーリー・スコットと結婚し、しばしば共演。
オルガニストのジミー・スミスと共演。
1970年代、離婚し、フュージョンに転向。
1980年代から1990年代、ソウル・ジャズに再転向。

もっとみる
ありがとうございます。

Randy Weston - Afro-Black

京都の名ジャズ喫茶LUSHLIFEがきっかけで恋に落ちたジャズピアニスト🎶

ありがとうございます! :)))