八窓庵(奈良国立博物館)

「八窓庵(はっそうあん)」

奈良国立博物館の敷地内に現存する茶室。

四畳台目の茶席で、へうげもの・古田織部の好みと伝えられるが、織部の作とも遠州の作とも伝えられています(諸説あり)。

横長の三畳台目と一畳の貴人座、そして床の間。躙口は客座の中央に配置し、天井も含め上座と下座を明確に二分。これは遠州の活用した手法。

茅葺屋根の田舎屋風な外観や点前座周りの窓配置、大小二つの棚を用いた雲雀棚(ひ

もっとみる
僕もです😍😍

igu_show.2

【igu_show】
       只今開催中

大きな黒い蛇は宙を舞い、どちらが頭かわからない。
上に登るのか、下に辿り着くのか
永遠に漂うのかもしれません。
この空間は藤原正和氏の世界

下には無数の壁蝨(ダニ)が一時も休まず動いています。
壁蝨は形、動き、個々に違っていて計算された精密な動きを繰り返しています。
じっと見ていないと動きがわからない子、
可愛くなってきました。

もっとみる

今朝は朝からゾワゾワしてまして。そしたらまたヤバいのきた、、、w見る人、見る角度で二極化するやつ。乾いたら改めてお披露目します。

♥·♡ τнanκ чou ♡·♥·
14
有難うございます♪
6

【マンガ】こんなコロナなご時世ですが#21

2020年春に感染拡大した新型コロナウイルス。一人一人のストーリーに耳を傾けマンガにしました。

日常はどうかわったの? あるいは変わらなかったの?あの人、この人、あの街、この国、その家族、…様々なわたしがそれぞれのエピソードを語っていきます。

もっとみる
今日もいいことがありますように✨
5

🐈"儀式の途中"のその後🐱 (いがらしみきお•不幸装置•田舎とニュータウン)

2月1日に気づいた儀式的な光景。画伯ちゃんなりの推察と、ファンタジーな空想によって猫の仕業だと決めつけた。

じゃないと、意味がわからなさすぎて不安で眠れなくなるからね。

近くにある公園の中で唯一、そしてその公園の中でもたった一つのベンチにこんなに大量の石たちが存在しているとね...

前回のnote↓↓↓

あの日からこのベンチの横を通り過ぎるたびに、チラッと様子を伺うようになっていた。

もっとみる
結婚しよ!
15

達磨谷の墓地

祖母の友人で、小さいころ僕にも良くしてくれていた老夫婦が、隠居生活に入ろうと、秋田のある地域に土地を買った。

夫婦と別れてから数ヶ月が経ったある日、地元のスーパーで老夫婦とばったり再開した。

彼らは隠居生活をある事情から諦めて、こちらに戻ってきたそうだ。

二人はその話を聞かせてくれた。



二人が秋田に買った土地は、丘の上にあった。

丘はかなり広大で、ひとつの山のようにも見えたが、周り

もっとみる
マガジンもあるよ!!
52