自由になりたかった、MODS&ROCKERS。「TheWho-The Real Me」

The Whoを聴くと、1989年を想い出す。鉛色の空のようにクールで、いつも苛立った眼をした、奇妙な友人がいたんだ。初めて出会った夜は、今でも忘れない。

あれは、ツキに見放され路頭に迷っていた、平成になったばかりの冬のことだった。

下北沢にあった、ちっぽけな地下のクラブZOO。UKロックを中心に、R&B、ロックステディ、スカ、ネオロカ、サイコビリーなど、様々な音楽が混ざり合うイベント。正直僕

もっとみる
00:00 | 00:30

あの選手の応援歌を一曲にしてみました。

作成:スマホアプリ
構成:Vo ,Gt ,Ba ,Dr ,Cho

2014年発表でしたが、作ったのは高3(2006年)の時でした。

いつか日の目を見る時が絶対くる、と思い作成。

この時は某野球ゲームに「応援歌モード」が実装されて間もない頃で、
5~6小節目のドラムリズムも対応できてませんでしたね(今もか)

提出用の音源を最初に録音した時はドラムのリ

もっとみる

心のダンスフロアへ。踊れる洋楽ロック10曲を紹介します。

こんばんは、音楽&映画ライターの松本侃士です。

楽しみにしていたライブやフェスが中止になってしまった方へ。

今回は、心の中で踊るための洋楽ロック10曲を紹介します。

普段、あまり洋楽に馴染みのない読者の方もいるかもしれませんが、今回は、キャッチーで速効性の高い楽曲/中毒性の高い楽曲を選出しました。

このリストが、あなたにとって、新しい音楽と出会うきっかけに繋がったら、とても嬉しいです。

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
13

涙のROCK断捨離 90.R.E.M._「MONSTER」

R.E.M.「モンスター」/R.E.M.「MONSTER」
1994年

前作とはうって変わってエレキギターをフューチャーした9枚目です。
エレキギターが大活躍するロック寄りのアルバムと言っても、ハードロックのようなギターリフと様式美で聴かせるタイプではなく、やはり歌を聞かせるタイプではあります。

前作「オートマチック・フォー・ザ・ピープル」は、非常に内省的なアルバムでした。
ニルヴァーナのカー

もっとみる
ありがとうございます。よろしければ、他もご覧ください。
4

【64位】ボブ・ディランの1曲―時を旅しても、いつもかならずブルーにからめとられ

「タングルド・アップ・イン・ブルー」ボブ・ディラン(1975年1月/Columbia/米)

Genre: Folk Rock
Tangled Up in Blue - Bob Dylan (Jan. 75) Columbia, US
(Bob Dylan) Produced by Bob Dylan
(RS 68 / NME 277) 433 + 224 = 657

ジミヘンが出るとディラン

もっとみる
今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
10

音楽について

昨日音楽についてお話をしていて、「銀杏BOYZとかブルーハーツとか、なんで好きなのか」って考えると、汚い世界も自分も受け入れて、その泥臭さの中で精一杯生きている感じが好きなんだなと、しみじみ。

綺麗な言葉を並べて歌詞にして、愛だの恋だの歌えば、それも1つの綺麗な歌だけど、私的に泥臭さの中から本当の美しさって生まれる気がする。(私的にです!!)
ブルーハーツも銀杏BOYZも、そのほかのパンクロ

もっとみる

木偶の縫子

赤く火照った月の夜 
ガラス細工の子猫が鳴きだし
子供さらいの魔笛とともに 
木偶の縫子の犯罪が始まる

午前0時に渡した恋文 
片思いのフランス人形
彼女ったら読まずに私を 
青い瞳でジロリと見つめる

なにさアンタも無視するの?
嗚呼、どうせ誰にも愛されず
嗚呼、ボロボロと朽ちていく
現実は死んだ、幻想さようなら

縫子はフラれた腹癒せに 
尖った鉛筆握り締め
片思いのフランス人形 
青い瞳に

もっとみる
切断!感染!ありがとうございます!
6

私と「マルチエフェクター」の話。③

翌日。

同梱の書類を読み進めると、LINE6の公式HPにどうやらもっと詳しいマニュアルがあるらしい。ふむふむ。
早速ダウンロードして、またこれも最初から真剣に読む。

ソフトウェアをダウンロードしたり、PCとマルチエフェクターを繋いだりして、最新の環境を整えていくのね。OK。これでも一応IT業界で働いてたりもしたしね。やってみよ。

、、、え?ポップアップのメッセージ英語なの?まじか!聞いてない

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです◎
24

銀河鉄道山手線

今日は不本意ながら2ヵ月ぶりに会社に行った。
久しぶりに8時台の電車に乗った。
最寄駅の入り口に知らない仙人みたいなホームレスが座り込んでた。

見かけねぇ顔だな…いつのまに住み着いた…!?とか思いながら、向かいにある薬局にはもう誰も並んでない。服装はもう半袖。
この2ヵ月はまぼろしだった…!?とか相変わらずキャパ越えな量の考えごとをしながら改札へ向かう。

ホームに着くとけたたましく発車音が鳴り

もっとみる

Sitpack 「CAMPSTER」が凄くアウトドアや野外フェスに合いそう

Sitpackは持ち運べる「折り畳み式座椅子」をクラウドファンディング で資金調達して世に出すデンマークのベンチャーです。T字型の椅子で行列や待ち時間、立ち見の疲労をT字に寄り掛かり腰掛けることで疲労を和らげます。

LOGOSからも類似品が出ています。400gでこっちの方が軽い。

そんなSitpackから新製品のメールが送られてきました。

おそらくまたクラファンで資金調達で、世界中のユーザー

もっとみる
ツイッター(@hirocy_vision)もフォローお願いします!
2