越前

【福井】ご当地グルメで旅行気分!

こんにちは。今日は、福井のグルメを紹介します。

○羽二重餅
 絹織物の生産が盛んだった福井を代表するお菓子

○小鯛ささ漬

○越前そば
 福井県で食べられている蕎麦。
 大根おろしをたっぷり入れ、出汁で食べるのが特徴。

○越前雲丹
 バフンウニの塩漬け。もっとも、ウニの中で味が濃いそうです。

以上。福井県のグルメでした。

もっとみる
読んでくれて、ありがとうございます!
2

09.明智神社と、光秀近江出身説

なかなかnoteに書き込む余裕がなく、久しぶりになってしまいました。

〇公式 明智光秀近江出身説 佐目十兵衛会のwebサイト開設
〇所JAPANにて全国放送で 磯田先生に「黒歴史」と!
 その他、イベント・メディア・活動報告
〇地元の伝承に特化したマニアックな冊子 発売
 #『明智十兵衛光秀 謎多きルーツの迫る 多賀出身説!』

http://same-jubei.com/ HPから ご依頼頂け

もっとみる

越前

越前といえば、なんとなく薄ぼんやりと灰釉陶器のイメージを持っていた。

福井県陶芸館と、隣接する越前古窯博物館を訪問する機会があった。

陳列物を見学していると、もちろん灰釉陶器は存在するが、鎌倉時代の物は焼き〆に近い地肌をしている。

親切な館長が色々と説明をしてくれたが、越前は昔、各地の窯場との交流が深く常滑との技術交換があったらしい。

また、素敵な紫志野が陳列販売されていたが、山田和氏の作

もっとみる
ありがとうございます
2

-紀行随想の本-

さて、わたしはといえば、毎日、しこしこ執筆をしております。

去る、二月の頭からは、一日の休みもなしに書いています。

まぁ、一日に原稿用紙一枚も書かない日もありますが。



そんなこんなで、梨木香歩さんの「エストニア紀行」を読んでいます。

エストニアの首都タリンは、ヨーロッパでも随一のIT産業の街、らしいです。

そうなんですね、わからないです。

でも、ホテルからの描写などを読んでいても

もっとみる

福井の昆布

【福井の昆布】
 
銀座にある
福井県のアンテナショップ
「食の國 福井館」
で昆布を買いました
https://fukui.291ma.jp/ginza/
 
越前(福井)は
江戸時代は海産物が集まって栄えたので
昆布も美味しそうな印象があります
 
まず
「根昆布入りとろろ」
を頂きました
「根昆布入り」とありますが
「根昆布」とは
昆布の根っこに近い部分で
栄養分が
通常の昆布(根っこ近くで

もっとみる

鳴門のたい焼き

人形町にある
たい焼き屋さん
「天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗」
に行きました
http://www.taiyaki.co.jp/

通常のたい焼きは
たこ焼きのように
沢山の型が一枚の鉄板のようになっていますが
「天然鯛焼」は
型が別々にあり
一つずつ火で炙っています
一度にたくさん焼かないため
冷めたたい焼きが
たくさん残っている
ということはありません
 
十勝産あずき
金時いも
季節限定(りん

もっとみる

福井のソースカツ丼

【福井のソースカツ丼】

銀座にある
福井県のアンテナショップ
「食の國 福井館」
に行きました
https://fukui.291ma.jp/ginza/
 
ソースカツ丼が美味しそうなので食べました
カツは薄いローストで
ソースは甘め
野菜はありません
(会津のソースカツ丼は
キャベツが入っていた記憶が)
ご飯にソースがしみ込んでいるのではなく
沢庵と一緒に食べるとおいしいです
  #福井

もっとみる

越前和紙の里と和紙の明日

ここ数年、古書店に書を探しに行ったり、筆職人や墨職人を訪ねたり、書にまつわることをテーマに色々な所を訪れている。

昨年末は紙をテーマに北陸一人旅に出掛けてみた。

今回のお目当ては、福井県は今立地区。越前和紙の里として多くの紙漉き工房がある地域。
最寄駅の武生駅からバスで約30分。山間の集落である。
山のブナの木が蓄えていた水が流れる岡本川沿いに歩いていくと沢山の紙工房があるのだが、川の流れ

もっとみる

越前武生名物ボルガライス

神社の参道というか最早境内と呼ぶべき場所にあるヨコガワ分店にて

武生出身の池上遼一先生のイラストも
#福井 #越前 #武生 #ボルガライス #b級グルメ #神社 #池上遼一

不肖神主の私めが、貴殿に幸多からんこと、お祈り申し上げる。
7

越前おろし蕎麦(福井県)

#越前おろし蕎麦 ( #福井 )
有名なご当地グルメ。
大根をおろす手間以外は作り方は簡単。

1. #大根 をおろす。
2. #蕎麦 を茹でる。
3.蕎麦を水で締めたら、刻み葱とかつお節をかける。
4. #大根おろし とそばつゆを混ぜて上からぶっかけていただく。

大根がさっぱりして食が進む。
そばつゆはかけすぎると調節が効かないので
薄めに作っておき、食べながら足すほうが無難。

写真撮りの後

もっとみる