「憂鬱でなければ、仕事じゃない」

こんばんは、お久しぶりです💪🏽
最近は資格試験勉強のためなかなか時間が取れておりませんが、落ち着いてきたので更新します。

さて、今回は「憂鬱でなければ、仕事じゃない」について。
幻冬者の見城徹さんと、サイバーの藤田晋さんが自身の仕事における価値観を語ったものです。
すこし古いなと思う部分もあるのですが、古い価値観の大切さが薄れてきた今だからこそ、より大切にしなければいけない考えや振る舞いが語

もっとみる

「憂鬱でなければ仕事じゃない」を読んだ

2020年1月17日読了

小事が大事
会社にいる政争のおばさんも受付の人も、すれ違う人も一人一人が個性を持った人間なのだから大切にする。軽い約束を人としたとしてもしっかりと約束は守り、お礼をするときは細かいことに関してもお礼を言う。
別れ際の、「今度飯でも行きましょう」も同じ、言うなら守る。

結果がすべて
毎日残業をこれだけやっている。とか、勉強を何時間やっている。とかはまったくもって意味のな

もっとみる

憂鬱な仕事が当たり前という感覚について考える

憂鬱でなければ仕事じゃない
見城徹 藤田晋 著を読んで考えたことをまとめてみました。

もっとみる

1.昨夜は泥酔していたはずなのにnoteを割とふつうに更新できていた

1.昨夜は泥酔していたはずなのにnoteを割とふつうに更新できていた
「とりあえず文字を打つ」。結局よくもわるくも「習慣」に勝るものはない。

2.年末の仕事が終わらず、お腹がキリキリする
シビれる仕事を任せてもらえているということ自体はありがたいけれど、
その分心身ともにギリギリの状態になる。
ある程度わかってはいても、それでも毎年この時期は毎日本当に駆け抜けている感覚がある。

3.クリスマス

もっとみる

百田尚樹と見城徹

ついこの間、百田尚樹先生の『永遠の0』と『影法師』を読ませていただきました。 ここ最近、小説を読むことが少なくなっている私ですが、とても面白い内容でした。 

それとは別に、少し前に見城徹先生の『読書という荒野』という本も読ませていただきました。 この本の中でも、百田尚樹先生が紹介されているのですが、今回は、そこではない場面からの引用を以てこの3作品について語っていきたいと思います。

理想と現実

もっとみる

「原付型ビジネス」よりも「車型ビジネス」を始めよう【ながら書店】

こんにちは。たいぞーです。

突然ですが皆さん、何かビジネスしていますか。

転売、YouTube、ブログ、イベント運営など自分以外のところでお金が動いていればそれはもうビジネスです。

僕は今、アパレルブランドの経営とバーの立ち上げをメインにビジネスをしています。

そして、これらのビジネスをやっている内に気づいたことがあります。

それは、

ビジネスを始める人、している人のほとんどって「原付

もっとみる
わーーありがとうございます!!僕もスキです!
10

そろそろ、動くときだ#13

体重を4カ月で10kg落とす方法

特別に教えちゃいます☆

って書くと胡散臭くて仕方ないが

僕に関しては事実だ。

見城徹氏の洗礼を受けた僕は

トレーニングジムを探した。

今までジムの有無なんて

気にもかけなかった。

検索したら近所に出来たばかりの

24時間ジムがみつかった。

ドキドキしながら見学の予約をする。

奇しくも

5月17日。

僕の誕生日だ。

僕はこの偶然に

神も

もっとみる
嬉しい〜よ〜
3

そろそろ、動くときだ#12

図書館で借りた、

箕輪厚介さんの

「死ぬ事以外かすり傷」から

見城徹さんを知り、

「たった一人の熱狂」に辿りついた。

そこには圧倒的な熱量が詰まっていた。

少し長くなるが引用させてもらうと

「勉強でも仕事でも、

どれだけ苦しんで

努力しても思うように

結果が出ない時がある。

しかしトレーニングだけは

必ず結果が出る。

ウェイトトレーニングに挑戦すれば

バーベルの重さに従

もっとみる
励みになります!
1

そろそろ、動くときだ#11

わくわくしながらamazonで検索する。

休日のたびに子どもを

連れて大好きな図書館に通う。

家族に隠れて昼間から

缶チューハイをあおっていた日曜日、

もうあんな休日は二度とごめんだ。

僕はこころを取り返したんだ。

次はフィジカルだ。

そんな時

見城徹の「たった一人の熱狂」に

出会った。

やった〜〜
3

君のやりたい事って何だ?心の声は何と言っている?

君のやりたい事って何だ?心の声は何と言っている?

 

こんにちは!

突然ですがやりたい事って何ですか?わかりますか?知っていますか?

心の声は何と言っていますか?

 

僕は、二十歳までとくにやりたい事ってなかったしわからなかったです。と、言うけど、心の声には気づいていました。けど、「どうせ自分には無理だろう」と考えたり動く前からあきらめていました。けど、二十歳の時に「叶えたい夢」が出来

もっとみる