箕輪厚介さんの仕事に対する考え方に感激!

本日は幻冬舎編集者の箕輪厚介さんがyoutubeで語っていた仕事のできるひとについての考え方をまとめます。

"仕事"と検索したら出てきた扉絵画像ですが、私が好きなタイプの絵のタッチでお気に入りです。enmotakenawa777さん、ありがとうございます。

じつは私、新しい上司に一見正しいけど、全く納得できない理由で負担を増やされて非常にヤキモキしていましたが、この考え方を聞くなり否や、前より

もっとみる
嬉しいです!

食レポ、アルパカ肉を食べるプペル

アルパカという生き物がいる。毛がモコモコした、羊の世界にもしモデルが誕生したらこんなスタイルなんじゃないかな、と思ってしまうような生き物だ。日本でもかわいいと人気でアルパカ牧場があったりもする。

アルパカの体毛は衣類品などに使われ、日本では非常に高級品という位置付けになる。そんなアルパカを食べたいと思う。一部の地域ではアルパカを食べるのだ。

どんな味がするのだろうか。

鬼畜の所業かと思われ

もっとみる
もしよければ、シェアしていただけると嬉しいです
19

そういう夢でも、もう一度会いたい

春が来るたびあなたに逢える
そういう気持ちで チクリと心が痛む 通りを見渡せばふと気付く
花の色から思い出す同じ夢を
夢見てたあなた 誘って連れ出した それから

どうしても世の中自己啓発の世界とかは、夢を叶えるうんたらかんたら、ってのが多かったりします。 で、自分には夢が無いとかやりたいことが見つからない

そして自分は駄目だ、とか勝手に思い込んでしまう。

だけどそういう自分を卑下する必要な

もっとみる
もしよければ、シェアしていただけると嬉しいです
42

氷海の天使、クリオネDefi

クリオネって知ってる?カワイイ姿から一瞬で変身する海の生き物を飼育してみよう

クリオネという名前を聞いたことはありますか?

海に棲む生き物で、3cm前後にまで育ちます。

形だけ見ると、まるでファンタジーに出てくるような妖精そっくりなのですが、ひとたび捕食対象を見つければ、一瞬で変身してしまうとのこと。

いったいどんな豹変ぶりなのか、生態も含めてチェックしてみましょう。

クリオネとは、ハダ

もっとみる
もしよければ、シェアしていただけると嬉しいです
11

インドを筆頭に、南アジアの感染急上昇が続いている。と騒ぐ中国人

インドを筆頭に、南アジアの感染急上昇が続いている。パキスタン、ネパール、バングラデシュ、スリランカ、プペル

そのなかで、ベンガル株とも呼ばれる今のインド株の影響をもっとも直撃している可能性の高いバングラデシュの動向はやはり興味深い。

3月から4月上旬にかけ、インドの感染拡大に連動するように、バングラデシュの第2波での新規感染者数は過去最高を簡単に塗り替えた。

バングラデシュとインドの関係は深

もっとみる
もしよければ、シェアしていただけると嬉しいです
12

「フォロワーが少ない!」「フォロワーを増やしたい!」

今や、日本でも多くの人の生活に欠かせない存在となったインスタグラム。

そんなインスタグラムをやっていてよくある悩みがこちらです。

企業の担当者も、インフルエンサーを目指している方も、なかなかフォロワーが伸びなくて困っているということもあるかと思います。ということで、この記事では実際のデータを交えながらインスタグラムでフォロワーを増やすのに役立つ12の方法を紹介します。

ぜひご確認ください!・

もっとみる
もしよければ、シェアしていただけると嬉しいです
16

先にお伝えしておきますが、今日は「ためになる話」ではありません。

もう一度言いますが、まだ何も決まっていないので「ためになる話」などではありません。

窮屈なGWに少しでも"楽しみ"をつくりたい!

いつもなら、「今月も全開でいくぞー!!」って感じなんですが、最近は、緊急事態宣言が出たりと、ちょっとそう言い切れない感じがあります。
こんな感じで窮屈なまま、閉塞感のあるGWをみんなで過ごすのは、つらいな。。と思ったので、たとえば、いま家に食うものがないから買い物

もっとみる
もしよければ、シェアしていただけると嬉しいです
8

移動ビジネスは進歩していないのか

よく会話や歌の歌詞の中で、新しい文化・流行を作り出すという意図を込め、「ムーブメントを起こそう!」という言葉が使われますが、本来は「移動・運動」という意味を持っています。そして、他の動物に比べ圧倒的に移動能力で劣る人間は、知恵や文明の力によってさまざまな移動手段を手に入れ、そのたびに大きなムーヴメントを起こしてきたのです。

人類の誕生から旧石器時代まで
原始時代

最も古い人類は今から700万年

もっとみる
もしよければ、シェアしていただけると嬉しいです
9

量より質を生む圧倒的な「量」

世界中どこに行っても量より質を大事にしろ、見たいな言葉は存在するとでしょう。実際英語にも"quality over quantity"と全く同じ言葉が存在しますし。ではその質を生み出すのに必要なのは何か。それが圧倒的な量。それは行動の量であり、作業の量であり、結果の量である。そんな言わば脳筋プレイでのし上がった箕輪厚介著書、「死ぬこと以外かすり傷」をまとめていきます。

 スピード&量まずはスピー

もっとみる

「死ぬこと以外かすり傷」箕輪厚介

社会に出て、いつの間にか身についていた常識が正しいとは限らない。
礼儀や作法など必要なものも中にはあるけれど、仕事をする上で、プライベートを過ごす上で、従わなきゃいけない常識はそんなに無いのかも。

箕輪さんの実体験を元に書かれているから説得力あるし、固定概念に縛られるもったいなさを感じる・・・・。
こういう型を破る人の話を知ると自分の中で価値観や発想の幅が広がる感覚がして心地よいね。

箕輪さん

もっとみる