たった一人の熱狂

圧倒的な結果にこだわり、熱狂と呼べるほどに「好き」が昇華したとき、人はもはや「好き」に取り憑かれることになる。『たった一人の熱狂 - 見城徹』【書評】

見城徹 著『たった一人の熱狂』

本著をひとコトで表現するならば、「自分のやるべきことに信念を持ち、情熱を注げる本」。狂おしいほどの「好き」と「使命感」が合わされば、人はこれほどまでに熱狂できるのか。

読み進めるうちにどんどん見城徹のファンになっていく自分に気づいた。完全に言い訳を撤廃し、「好き」に突き進む男の姿に嫉妬すらも覚える1冊です。

すべての新しい達成には初めに熱狂が、それも人知れない

もっとみる
(๑ ́ᄇ`๑) ←こんな感じで喜んでいます、ありがとうございます!
12

スランプ来た【Diary】28

あれ、なんかスランプっぽいぞ。…

コーディングの指がなかなか進まない…

こういう時は、一人で悩まずに

いなフリの講師に相談しよう。

いなフリも2週目に入って、少し焦りも出てきたかも。

今日の積み上げ

◆ntoe 記事 1本生産
◆プログラミング
 ・模写コーディングCSS 4h
◆読書
 ・『たった一人の熱狂』(見城徹)

初心者が1か月で10数万受注する目標って、結構大変やな。

もっとみる
ありがとうございます^^!
6

80歳まで生きられるなんて思うな

もし生きられたら超絶ラッキー

日本の平均寿命は女性が87歳、男性が81歳というデータがある。
医学の進歩で、がんなどの死亡率が改善された結果だ。

ただ、こんな数字は自分たちには直接関係ない。平均値なんてあてにしてはいけない。0歳で亡くなってしまう子もいれば、100歳を超えて亡くなる方もいる。日本では、毎日3000人以上が亡くなっている。

寿命で虹の橋を渡れるならラッキー。
私もあなたも、24

もっとみる
っっくぅぅぅぅうう〜〜〜!!!書いてよかったです!!!
1

【書評】たった一人の熱狂/見城徹/幻冬舎

たった一人の熱狂/見城徹/幻冬舎

本を通して、著者の見城さんはいつも断定的だ。

だから、心にドスンと訴えかけてくる言葉が多く存在した。

とにかく人生を熱狂して生き切るために多くの血を流して命を張っていく。そして、常に自分自身に厳しく、人に対しての思いやりが強い。自分に対してあそこまでやり切れるからこそ、様々な局面において自信を持って断言できるのだと感じた。

個人的に心に残った言葉① 「

もっとみる
スキありがとうございます🏉
1

たった一人の熱狂

読了。

まだまだ、熱狂が足りない。
もっともっとやらないと。

ちょっと落ち気味だった最近。
GW後の仕事再開前に読めて良かった。

俺はまだまだ足りない。
頑張ろう。

もっとみる

見城徹『たった一人の熱狂』を読んで #ホメモ

最近、見城徹さんの『たった一人の熱狂』を朝の通勤電車で読んでいる。

この本を朝に読むと、熱いシャワーを浴びたみたいに目がさめて、全身に血が巡る感じになるから不思議だ。正直に言うと、読み始めたときは見城さんの言葉があまりにストレートで重いので「この本を読み続けるのはちょっとしんどいかも」と思っていた。
たとえば、以下のような言葉だ。

受験を勝ち抜いた人は、期限を区切って大量の知識を頭の中に叩き込

もっとみる

理解出来ない。でも、思い当たる。

先日書いたこちらのnoteで取り上げた、「たった一人で熱狂せよ」。
このnoteを書き終えた後に思い出した。
この本を最初に読んだとき、一番引っかかって、大きな疑問符がついたのが、この節だった、ということを。

プレゼンの際、相手に照準を合わせて準備するのは至って普通のことだ。
色々と調査して、考えを練り上げ、相手に合わせた言葉でプレゼンする人ではなく、自分のアイディアに夢中でプレゼン相手がどう思

もっとみる
寝落ち💤😌💤
18

読書感想 - 「たった一人の熱狂」 見城徹

感想

私は努力にリミットをつける癖があった。また、状況に適応することを優先し過ぎて、自分がやりたいことを突き詰めるということをあまりしない傾向があった。

見城徹氏の「好きだからこそ圧倒的努力ができる」という言葉に、私は圧倒的努力ができるほど好きなことを行なっているだろうか?好きでもないことを無理矢理努力しようとしていないだろうか?結果として100%以上の努力になっていないのではないだろうか?と

もっとみる
わたしもスキです
8

読書記録 #0[たった一人の熱狂]

募集中のお題に初めて乗ってみようと思う。

最近の推薦図書。

見城徹さんの「たった一人の熱狂」。

幻冬舎代表取締役社長というこの人を、私は知らずに30代半ばまで過ごしてきた。

でも、幻冬舎の本はたくさん読んだと思う。

そもそも、この本を読もうと思ったのも、小松成美さん著作の「熱狂宣言」を読んだから。

と言うより、「熱狂宣言」という映画を見たから。

ダイヤモンドダイニング社長・松村厚久と

もっとみる

第036回 - それは杞憂です - 一年の計は元旦にあり!目標!計画!圧倒的努力!の巻

進地がインフルエンザでぶっ倒れたため公開が遅れました(汗
2019年第一回です!
毎年恒例の年始の目標立てをきゃっきゃとやってます。
聴いてね♪

よろしければシェアもお願いします
2