自分で考える力

【大学生日記】子供はどうしたら勉強するんだろう?

こんにちは!こんばんは!

「2月ってこんな寒かったっけ!?」とお風呂の王様の露天風呂でつくづく思うtkmokです。

頭はめちゃくちゃ寒いのに体はポカポカなのがたまらない!(エアコン付けながら毛布かぶるのもいいよね!)

僕は青山学院大学1年(もうすぐ2年生)で、塾講師のバイトを8月から初めました。段々慣れてきました。ですが先生として慣れてきても相変わらず「君は何しに塾来てるの?!」と言いたくな

もっとみる

考える力を磨く。ハーバード・スタンフォード流批判的思考

世界経済フォーラムの予測では、今後以下のようなスキルが必要とされるようです。

1位…複雑な問題解決力
2位…クリティカル・シンキング
3位…クリエイティビティ

 AIの存在が当たり前の環境では、他の人と同じスキルや答えは簡単にAIにコピーされてしまいます。今後必要とされるスキルは「人間だからこそできるスキル」と言えるでしょう。

「考える力トレーニング」は、ハーバード大学の教

もっとみる
ありがとうございます。何かきっかけになれば嬉しいです
4

コミュニケーション能力を熟考する

今回のテーマはコミュニケーション能力です。

昨今、新入社員採用はコミュニケーション能力重視になっているという話をよく聞きます。その他にも、その能力が無い人を「コミュ障」と呼んだりもします。

そこで重視されているコミュニケーション能力というものは何かを考えてみたいと思います。検索すれば、コミュニケーション能力とは…というような記事がたくさん見つかると思いますが、その手段を使わずに、自分の頭で考え

もっとみる

暮らしと学問 15 辞書というものはあれでなかなか面白くて人情味のあるもの

(はじめに)最近、漢和辞典を買い直しました。仕事柄、調べ物はつきものだからです。辞書を読むことは「啓蒙」の一つですが、それだけではない醍醐味があります。今回の暮らしと学問は、その意義を考えてみました。

キッチン・テーブル論考

 作家の村上春樹さんは、最初の2冊の小説家を書きあげたときのご自身を評して「キッチン・テーブル小説」と表現しています。

 「要するに最初から専業作家という人はいないから

もっとみる
スキありがとうございます。
4

Black sheep

私が先日「ちょっとセクシーに」、平和友好を望んで書いた
『「徴用工」さんたちと』。 

道徳にそぐわないだけのただの恋愛にはなはだしい善悪を持ち込み叩くことを喜びにしてしまっている風潮に対し書いた
『不倫を救おう!』。 

しかしほとんどの『自由な意見の声』たちは、どうも私とは反りが合わないみたい。たぶんね?

ジャニーズや吉本が、大変な騒ぎになっているようだ。

「外野がうるさい」「誰々

もっとみる
おいでよ、ベイビー!もっとあそぼうよ☆彡
18

子供を起業家に育てるためにできる身近なこと。

私は子供の教育に対して、そこまで熱心な方ではない。

しかし、コミュニケーションはとても大事にしているし、子供の話はよく聞くようにしている。

そして、「なぜ」とよく問いかけるようにしている。

嬉しかった、面白かった、悲しかったなどの感情を伝えてくれるときは、共感と合わせて、「なぜ」そう感じたのかを聞く。

突然子供から「なんで○○なの?」と聞かれたときには、まず「なんでだと思う?」と聞き返す。

もっとみる
共感いただき、ありがとうございます!(^-^)
20

【本33】自分の頭で考えて動く部下の育て方

この本は、さいとぅーさんがオススメしてくださった本です。
ありがとうございます!

私が今やりたいな、と思っていることの中に、『子供に自分で考える力をつけてあげたい』というものがあって、オススメしてもらった本です。

すごく面白かった!!
ついついやってしまいがちなことが、どれだけ「考える力」を奪っているのか。
これはすべての人間関係に当てはまるものだと思います。

人間は本来「できない」を「でき

もっとみる
わーい\(^o^)/ わーい\(^o^)/
2

3-6.ひとりひとりが書く答辞P②

さて、このプログラムがPBLの中で難易度が高く、かつPBLとして学生のファシリテーション力・時間内に何をどうすべきかを考える力=マネジメント力を鍛える所以になったのは、答辞の作文というアウトプット=目に見える成果を上げる必要があるからだ。
これは、初回のH小以来である。
H小では5年生の1年間のなかでいくつか選択肢があり、そこから選んだ中でエピソードを想起するので、テーマ設定にそこまで時間は要しな

もっとみる

3-5.ひとりひとりが書く答辞P

「答辞」というと、どんな風景を思い出すだろうか。
多くは、卒業式の講堂・体育館で、卒業生の代表として一名が3年間を振り返っての答辞を読むシーンを思い浮かべるのではないか。
セレモニーとしての答辞は、時間的なこともあり、選ばれた一名が作り読む。だが、それとは別に「卒業生それぞれが3年間を振り返り、自分の思いを答辞として書かせたい」。そんな思いを持った先生からの依頼があった。

2010年2月19・2

もっとみる

ネット社会と現実社会

みなさんにとってのネットとはどんな存在か?

SNS疲れ、つながり孤独という現象があるという。

個人的に考えた事を描きたい。

確かにいつでもネットを見てしまう。

それは現在様々な情報がネット上に載っていて、すぐに情報をえる事ができる・現実社会ではなかなか会えない人の考え方をしることができるから。

ネットの中にはもちろん、現実社会で友達になった人もいる。

現実社会で友達である人はやはり面と

もっとみる
愛が広がる瞬間重ねましょう!
1