イノチの樹

心肺停止と死産から学んだ真理をあなたに。体と心のことならお任せください。職歴:教師⇒水泳指導⇒ 幼児教育⇒企業して20年🥇競泳JrOlympic輩出の元アスリートのジャニヲタ イノチの樹紹介リンク ⇒ https://profu.link/u/aoisoralove

イノチの樹

心肺停止と死産から学んだ真理をあなたに。体と心のことならお任せください。職歴:教師⇒水泳指導⇒ 幼児教育⇒企業して20年🥇競泳JrOlympic輩出の元アスリートのジャニヲタ イノチの樹紹介リンク ⇒ https://profu.link/u/aoisoralove

    マガジン

    • 運動のできないアスリートの波乱万丈物語

      • 運動のできないアスリートの波乱万丈物語

    最近の記事

    水のパワーを見直しませんか?!

     暑い夏!プールは行きますか? 日焼けが…とか体形が…なんて理由を探しては、 水のチャンスを忘れていませんか? 水のパワー 水泳と聞くと泳ぐようになるためとか、そんなお堅いことを思い浮かべるかもしれませんが、実は水中には素晴らしい力があるんです。  今日はそんなことをまとめてみます。 水圧  水の中に入って一番に感じるのは一番に感じるのは、水圧ではないでしょうか?胸のあたりがぎゅっとされたりする感覚。 そう、何を隠そうこの「水圧」こそが体にとってとても大切なんですよ。

      • 良い油・悪い油

        最近質問が増えたのでここにまとめておきます。 【良い油】● 熱に強い油(飽和脂肪酸)   ・ココナッツオイル(精製したもの) ・アボカドオイル ・バター ・ギー(澄ましバター) ・ラード(豚脂) ・タロウ (牛脂)   ● 中温までならOKの油 ・クルミ油(オメガ3が豊富) ・アーモンドオイル ・その他のナッツ系オイル ・オリーブオイル(エクストラ・バージン) ・ココナッツオイル (エクストラ・バージン)   ● 熱に弱い油(➡ドレッシングなどに最適) ・亜麻仁油(オメ

        • 発酵パワー その2

          3,納豆栄養バランス◎の優秀食品。 血液サラサラ・骨を丈夫に・認知症防止にも期待の納豆。 ○納豆が体に美味しい理由 1,栄養の宝庫と言われる優秀食品  納豆は昔から「薬にもなる食品」と言われてきました。それは納豆には良質のたんぱく質を筆頭に、脂質・カルシウム・鉄・カリウムや各種ビタミンなど様々な栄養が含まれているからです。中でもタンパク質は納豆100g中に16~17%もあり牛肉の量に匹敵。 2,血液をサラサラに  ナットウキナーゼという酵素が免疫力を高め、血栓を溶かす働

          • 介護地獄に陥らないために

             今直面している介護問題を書き記します。  父88歳。母84歳。  実家のすぐそばに父の姉、95歳の叔母が一人住んでいました。  簡単に叔母の紹介をすると、ご主人はすでに20年ほど前に他界され、息子の二人ともが高校生の時に、長男は雪山でスキーをしていて遭難にあい死亡。次男は白血病になり死亡。そんな切ない過去を持ち一人この年まで暮らしていました。足腰はいまだ健在で、5キロ離れたところでも歩いて往復できるだけの体を持っています。ただ、お金のことなど不安があり今後のことを考えた方

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 運動のできないアスリートの波乱万丈物語

            • 6本
          • 運動のできないアスリートの波乱万丈物語

            • 6本

          記事

          記事をすべて見る
            • 今、大切なこと

               私は何度か体を壊し、自分の體と向き合わされてきました。 その中でもこの、野口整体に出会い、野口先生の言葉に人生を学ばせていただいています。  野口整体の創始者の野口晴哉先生は、若い頃から天才的な治療家として名声を得ていましたが、何もしない治癒術が大切なことを述べています。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 以下、野口先生の言葉から抜粋 「病人が弱るといよいよ焦って何彼といろいろのことをするが、それがいよいよ病人を弱らせる因になるといふことに気づかねばならない」

              スキ
              1
              • 食糧危機が来る?!

                 ガソリンだけでなく、色んなものの物価が上がり始めましたね。大手さんも〇月から何割程度値上げ、などというニュースも増えてきました。農家さんからの情報だと、肥料などは6月から4割程度値上げされたそうです。  日本の農家の97%は慣行栽培をやっているので、肥料が40%程度値上げになるのはかなりやばいレベルなのではないかと思うのです。しかも農家さんの高齢化が進んでいて、これを機に農業を引退する方もたくさん出て来るんじゃないかなって。  スーパーに行っても野菜はめっちゃ高くなって

                スキ
                1
                • 発酵のパワー その1

                  日本に伝わる伝統の「発酵食品」を見直しませんか?「発酵」とは微生物の力によって元の食材にはないおいしさを醸し出し、 人の體に有効な栄養価を高める作用をいいます。 代表的なもので言えば、 牛乳を乳酸菌によっては考させたチーズや 大豆を納豆菌によっては考させた納豆など。 紀元前5000年ころ、 アラビアの遊牧民が牛乳をもって旅した時に何日もたった牛乳を飲もうとしたところ、透明な液体と白い塊になっていて、舐めたら酸味と独特なおいしさがあることを発見。 これが起源ではないかといわれ

                  スキ
                  3
                  • ストレスの正体

                    脳のストレスの対処力ストレッサーは「情動」を生み出す  生活をしていくうえで、寒い暑いなどの環境要因からくる物理的要因のものから、人間関係のトラブルや忙しさからくる社会的のもの、そして疲労やケガ病気などからの身体的ストレッサーなど様々な刺激を受けています。その刺激によって、マイナスやポジティブな感情が生まれます。  こうした「感情」の中で、一時的で急激に生まれる感情を大脳生理学絵は「情動」といいます。  この情動が生まれることにはどんな意味があるのでしょう。 「情動」とは

                    スキ
                    2
                    • 書くことの大切さ

                      悪い気分を長引かせないために有効 毎日の出来事によって気分が上がったり下がったりを繰り返し毎日を生活している私たち。できることならずっと良い気分のままで過ごしたいですが、なかなかそうはいきません。むしろ、日常生活はネガティブな気持ちになってしまう出来事にあふれていて、気分は揺れ動きます。  そういうときには、毎日の悪い気分をあまり長引かせないよう、ひとつひとつ解消していくことが大切。  つまり、悪い気分をあまり膨らまさないよう、ほどほどのところで少しずつ解消していく、が大切な

                      スキ
                      2
                      • 運動がなぜ必要なのか

                        ちょっと不快だから病院へ、となるとまず言われるのが 「運動をしましょうね。」 です。本当にこれって正しいのでしょうか? また、運動のことを知っている人がどれだけいるのでしょうか? ここでは皆さんが思うであろう???を書いてみようと思います。 1,運動不足からくる影響とは簡単に運動不足からくる影響を書き出してみました。 ①太りやすくなる ②姿勢が悪くなる・血行不良 ③筋肉量低下 ④心臓への影響 ⑤免疫力低下 ⑥ストレス感じやすくなる ざっとこんなとこでしょうか。 ①②はま

                        スキ
                        3
                        • 生活の毒素

                          現代社会で毒素に触れず生きることの方がとても難しい。 生きる上で大切なことなので、今まで学んだことをまとめてみようと思う。 第二次世界大戦以来、8万種類の化学物質が開発されてきたらしい。わたしたちの毎日の生活で、1500種類の新しい化学物質にさらされていることになる。命にかかわるものであり、その知識を得ることは利便になったこの時代だから大切なのではないだろうか。 環境保護庁の試算によると、家の中の空気は外に比べ5~7倍も毒性が高いらしい。なおさら新居の建物は100倍だとか…

                          スキ
                          9
                          • 寺子屋がずっと夢だった

                            一人起業をして20年が過ぎようとしています。 今日はここに、今までと今とこれからの思いをつづりたいと思います。 そもそもなぜこの仕事をしているのか… 答えは単純。わたしが大切にしていることを一番大切な娘に伝えたい。 これがそもそものスタートラインでした。 死産流産を繰り返し8年目にしてやっと授かった娘。 出産したときは東京に住んでいましたが、毎日公園や自転車に乗って親子で楽しい日々を過ごしていました。それがある日、「お受験はどうするの?」という声を聴くようになり、1,2歳

                            スキ
                            5
                            • Twitterをがちりたい人へ

                              Twitterを頑張っている人はいますか? 先日、超初心者さんへのnoteを書きました。 本当に初心者のわたしが2000人になるまでの道筋を書きました。 そして今、やっと3100人の方と繋がらせていただきました。 そんな中、万垢の一人もんぐちさんが素敵なモノを発表されました。 個人でやることももちろんTwitterはできますよ。 ただ、SNSをやっている人がおわかりでしょうが、 素敵なフォロワーさんと繋がってコミュニケーションがあることがとても重要になります。 その中でこ

                              スキ
                              2
                              • 2021年が終わる

                                もうすぐ2021年が終わる。 あっという間のようだったけど、 振り返ると実に濃い一年だったようにも思える。 皆さんにとってどんな年になったのでしょうか? 相変わらず967に翻弄された一年でしたが、 昨年とは違い状況も少しづつ解明され、 それぞれが情報を集め考え行動をするようになった。 しかし、 注射接種においては考察せずに行動した人が 日本人に多かったことは正直残念でしか無い。 そこまでして変わらなければならない時、 時代の移り変わりなんだと思う。 1年を振り返ってみて

                                スキ
                                4
                                • 子育て世代に知って欲しいこと

                                  わたしは「子育て」という言葉があまり好きではありません。 なんとなく一方的に親が子どもを育てるというイメージがあるからです。 ママが子ども産んだときから、 もっというならお腹に宿ったときからママもママになっていく。 と思っているからです。 子育てっていうのは親子で成長していく過程だと考えています。 共に学びながら互いを思い「愛」を育む場所、 それが「家庭」「家族」なんだとおもうのです。 だからこそこの時期をあえて 「子育ち」 という言葉を使って伝えています。 わたしが子ども

                                  スキ
                                  8
                                  • 女一人の起業History

                                    起業のきっかけ 子どもの出産と田舎への引っ越し。 ちょっとだけ、それまでの自分の紹介させてください。これを話さないと流れがわからないと思うので… わたしには今年22歳になる娘が一人います。 その子が生まれる前に死産流産を繰り返し、奇跡の出産でした。 娘が生まれたことで我が家は大きな転機を迎えました。 それは、なんといっても田舎への引っ越。 主人は結婚するまでずっと東京生まれの東京育ちで実家暮らし。結婚後は東京のマンション暮らし。わたしは田舎から大学へ進学。そしてあれこれ

                                    スキ
                                    10