ハヤカツ、酪農もITも本業です

IT業界のエンジニア・人材教育業だった大阪から十勝・鹿追町へ移住し、酪農ヘルパーとして10数年。インターネット・IT関連技術のサポート・教育業にもここ数年本格的に取り組んでいます。 酪農ネタとITネタで2本のマガジンを用意しています。

ハヤカツ、酪農もITも本業です

IT業界のエンジニア・人材教育業だった大阪から十勝・鹿追町へ移住し、酪農ヘルパーとして10数年。インターネット・IT関連技術のサポート・教育業にもここ数年本格的に取り組んでいます。 酪農ネタとITネタで2本のマガジンを用意しています。

    マガジン

    • 牛乳か相談だ

      牛乳ができるまでの十勝の牧場のとある日常をご紹介。牧場で働く前に読むと、どんな仕事なのか、牛乳の選び方等もわかります。

    • ええ感じで役に立つIT環境の作り方

      肩肘張らずにIT機器やサービスと向き合って使いこなせるようになる為のコツや考え方などをここでは綴っていきます。 以前、Facebookページで”役に立つIT哲学書”に書いていた事も時々ここでは触れていきます。

    最近の記事

    搾乳は全てを癒やす 

    不思議なんですが、腰が痛いと思う時やくしゃみが止まらないような時でも 搾乳の準備をして、開始のボタンを押して牛の間に入って搾り始めると、気づいた時にはこうした痛みやくしゃみはどこかに行ってしまいます。 緊張感のある仕事搾乳は毎日搾っていても牛の様子や、乳房炎を見つける為に1つ1つチェックするなどと共に、牛のしっぽや糞の攻撃をかわすために周囲に気を配るなど、とにかく何度やっても緊張感を持ってやる仕事。 この緊張感がきっと、嬉しいんだと思います。 記憶で仕事をしない。記憶・流

    スキ
    5
      • 時間は牛に聞け

        今日はちょっとした小ネタ。 牧場での作業時間は大体決まってる朝の搾乳 5:00    夕方の搾乳 17:00 といった感じで、ここの牧場では12時間の間隔を空けて搾乳するのだけど、それに前後して餌の時間もだいたい決まってる。 で、搾乳が終わったら牛達もすっかりくつろぎモードに入る。 みんな、横になってまったりしています。 そして、お昼の餌の時間になると、、、 牛舎のほとんどの牛がいつのまにか立ち上がって、餌が配られるのを待っています。僕たちが出勤したらもう、この状態

        スキ
        2
        • ”はんぺん”と”よんぺん”は一字違い

          一昨日分娩した牛がなんだか餌を食べつけない。 うーん、怪しいなぁということで、昼仕事のタイミングで獣医さんに見てもらったら 「よんぺん」。 正式名称 : 第四胃変位 リンク先にある通り、4つあるうちの第4胃が本来の位置からずれてしまって、食がなくなるというやつ。 時々起こるので獣医さんも酪農家も慣れていて、 「じゃあ、○○時で手術しますね」 と言われて、件の牛は手術設備の整った獣医さんの診療所に連れて行かれてさっと切って位置を元に戻したら、牧場に戻ってきます。 乳牛は

          スキ
          1
          • 朝から脱走牛。 戻し方にもコツがあります。

            つなぎ牛舎という飼い方古くからの牛舎で横に長い場合は、こんな感じでつなぎ牛舎で乳牛を飼っている場合が多い。  不思議なもので、牛は”習慣性”が強いのでこの金具(スタンチョン)が外れてもそのままどこにも行かずにボーッとしている牛も少なくありません。 反対に、外れると ”お、美味しいもん食べに行こ!”って飼料を入れてあるところを上手に探して好きなだけ食べちゃって、その後、お腹を壊して大変なことになるときもあります。自業自得なんですけどね(笑)。 出勤時に騒がしい朝朝、いつもど

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 牛乳か相談だ
            ハヤカツ、酪農もITも本業です
          • ええ感じで役に立つIT環境の作り方
            ハヤカツ、酪農もITも本業です

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            まっくろくろすけ出ておいで〜。

            真っ黒な子牛、ようやく産まれる。経産牛で分娩予定日から10日ぐらい過ぎていた牛が、ようやく仔牛を産んだ。 予定日を10日も過ぎると胎内で大きくなりすぎてしまうので、分娩も一苦労。引っ張ってようやく出た感じ。 ホルスタインのオスはほとんど生まれない酪農は、ほぼ人工授精なのでホルスタインか和牛の種をつけるんだけど、 いまは、ほとんどがメスしか生まれない精液を使うようになりました。 また、初産の牛などはお産を軽くするために、和牛の種をつけるようにしていて、この場合は、オス・メス

            スキ
            3

            私、搾らせません!

            新しい牛、ほんとに強情です(笑)。この牛、数日前に分娩したばかり。生まれてから約2年。ようやくお仕事ができる状態になりました。 しかし、とにかくうるさくって、ミルカー(搾る機械)を全くつけさせてくれない。 牛は首を吊り上げると大人しくなるので、吊って搾ってみてもダメ。 しょうがないので胴締めをかけて足を動かせないようにしてみてもすぐに足を上げる始末。 どれだけ断られてもどうにかして搾りますまあ、時々こういう牛はいるので、放っておきたいところですが、搾らないと搾らないで牛の体

            スキ
            4

            常に天気と向き合う日々。。。

            "note読んでますよ”と言われた^^;前回の投稿が1月。 あっという間に夏が通り過ぎ牛達が過ごしやすい季節がやってきました。 ずいぶんとご無沙汰している友人から 「ハヤカツさん、酪農のnote読んでみましたよ。1月から止まってますけど・・・・」 、と本人がすっかり忘れていたことを思い出させてもらいました(汗)。 こういう時は、 晴れが3日続けばいいのだけど・・・いま、僕が働いている牧場の牧草は全てロールにして保存している。 このロールにするには、 切り込み → 散らし

            スキ
            4

            働くスマホにパズルゲームは不要です

            僕のスマホにはパズルやナンプレ等の無料ゲームは入っていない。 理由はシンプルで、「ゲーム以外の釣り要素」が多いから。 ゲームを無料で届ける理由無料ゲームにもいくつか種類があります。 無料で遊んでもらって、ハマったら課金してもらう シンプルなパズルゲーム等を提供してバナーで別のアプリへ誘導する ゲームは無料だけど、大量の広告等を見てもらう プログラマーの趣味、テスト的な位置づけ だいたいこの4つかな。僕は1に当てはまるゲームはいくつか入れています。”好き”だと思える

            スキ
            10

            酪農の”いま”を全肯定してみよう

            おかげさまで年末の【牛乳余るかもー!】という一大消費キャンペーンは皆様のおかげで搾った牛乳の廃棄という事態には陥ること無く年末年始を乗り越えることができましたm(__)m。 牛の気持ち、酪農家の気持ち”放牧が絶対にいい” という考えの牛はどれぐらいいるのだろう? こうした昔ながらのつなぎ牛舎に入っている牛は、慣れていることもあって留め具を開けてもジッとしていることが少なくありません。 もちろん、生き物なので外で自由に振る舞うほうが健康的なのは間違いない。太陽を燦々に浴びた

            スキ
            3

            大丈夫。仕組みを知れば怖くない。

            不安の種は”知らない”に起因する昨日は1月スタートのスマホ講座1回目。 いつも参加される皆さんに共通しているのは ”分からない”ことへの不安。 この不安感を拭って、自分に合った選択肢を選べるようになってもらうのがこれから3ヶ月間で目指すこと。 説明には ”置き換えの法則” を使う。僕は講座の中で仕組みを説明する時に、とにかく受け手の人が理解できるものに置き換えて話をします。 この縄跳びを使って何をするか? 話の流れとしては、 1人がラジオ役。もう1人が電波塔役になる

            スキ
            6

            可能性に目を向けてみよう

            IT機器・サービスには昨年も様々なサービスや新製品が登場してきました。 我が家も長年使ってきたWimaxルーターとお別れして、ドコモのホームルーターに切り替えました。 ドコモホームルータに切り替えた理由ずっと、Wimaxの夜間速度制限に悩まされ続けていて、どうにかしたいと思っていた時に、登場してきたこのサービス。ネット上の評判を聞いてみても、あまり悪い話は聞こえてこないし、通信系のサービスは接続状況が極端に悪い場合は初期契約解除制度がある。  ダメ元で試してみた結果が、大

            スキ
            5

            搾乳、今日は嫌なの。

            分娩から3週間ぐらいたった若牛。 まだ、搾乳に慣れていないのか、時々足を蹴り上げてミルカーを落とす。 産後の肥立ちが少し悪く発熱等もあって抗生物質投与してもらい、バケットで別搾りとなった。 暴れる牛をどう搾るか?普段はおとなしく搾らせてくれる牛が、今朝に限ってはミルカーを1本でもつけるとすぐに足で蹴り上げてくる。 【今日は、いやなんです・・・・】 って牛にもそういう気持ちがあるかも知れないけど、1日でも搾らなかったら乳房炎になったり、別の病気になっちゃうので、搾らない

            スキ
            3

            搾乳は、牛との呼吸合わせというけれど・・・

            最近の牧場での多くの搾乳機器は自動離脱装置がついているので、ほぼ搾り終わった時点で自動的に牛からミルカーが外れる。そのため、安心して次の搾乳準備にかかれるのだけど、僕たちの牧場では自動着脱が着いていないので、搾り手が1頭ずつの様子を常にチェックしつつ、次の牛で搾乳準備を進めていく。 忙しい=乳量が少ない1頭にミルカーをかけている時間が長いと準備に余裕ができるし、過搾乳(=もう乳が出ないのに、かかっている状態)を防ぐこともできる。 が、ここ最近は、早めに乾乳にしたり、分娩が近

            スキ
            4

            パソコンやスマホは悩まずに買う

            今日、某DE○○からパソコン販売のDMが届いた。 何か目に留まるような製品はあるかな? と思いながら目を通していった。 一番最初にオススメされている機種のスペックがこんな感じ これを見た時に、僕には一瞬で「買うべきじゃない」ものだという判断ができるのだけど、それは”最低限必要なスペック”が頭にあるから。 ただ、パソコンでエクセルかなにかを入力するだけとか、ウェブ閲覧を中心につかうだけであれば、こうした機種でもあまり問題にはならない。 ただ、メモリが4GBでWindows1

            スキ
            5

            良質な生乳は、”小さな積み重ね”が全て

            今年もいよいよあと2日。 牧場で年の瀬だなぁと思うのは、小さな鏡餅が飾られるぐらいかな。  今朝も日の出前に一通りの仕事を終え、一旦、家に戻ってきた所です。 小さな改善を毎日積み重ねる毎朝の餌やりの手順について今朝、少しスタッフ間で打合せしたんだけど、ちょっとしたムダを減らすために明日から少し工夫してみることにした。 牛が食べる以上の餌を入れても仕方ないから、適量の餌をやりつつ、無駄にしないように。 良質乳を生産するという至上命題中央酪農会議という団体があってそこには、酪

            スキ
            4

            ITで少しずつ幸せな時間は増えていく

            来年に向けて5Gも本格的に展開が始まり、十勝の農村地区にもいよいよ光回線が敷設され共用が始まる。少しずつ田舎にも”つながりっぱなし”の世界が現実味を帯びるようになってきた。携帯だけじゃまだまだ脆弱なんだよね。 あの頃は幸せな時代だった・・・学生の頃、ずっと読んでいたマンガが最近、愛蔵版として発売された。 どうしても気になったので1冊買ったらもう止められない(笑)。 この頃って、スマホもLINEも携帯電話すらほとんど持っていない時代。 来るかどうか分からない相手をいつまでも

            スキ
            6