牛乳か相談だ

303

朝、仕事やり切った!って思う瞬間

ここ2日間は麦畑で収穫後に落ちている麦稈をロールにして運ぶのがメインの仕事。

こうしてロールになった麦稈は牧場に運ばれて牛のベッドになります。

夕方、一通り運び終えてから搾乳を終えたスタッフと話していると、
「乳房炎の牛がどこかにいるみたいなんですよねー。フィルターが汚れてたんです」
という。 どの牛か見つける事ができなかったので翌朝の搾乳で全頭のチェックをすることに。って、翌朝の搾乳は僕の担

もっとみる
ありがとう!おいしい牛乳搾る励みになります!

牛舎ネコの存在理由

多くの牧場には猫がいる。

ここにもご覧のようにいつも何処かでネコのくつろぐ姿が見える

いいなあ、こののんびり感。

一応、ネコにもお仕事あるんです時々、食いちぎられたネズミを見かける時があります。

きっと誰かがハンターになってくれたんでしょう。

あとは牛に殴られてささくれ立った従業員の気持ちを癒すとか(笑)。

常にマイペースな猫たちですが、牛と共に牧場内の大切な仲間です。

出荷後のタン

もっとみる
北国からの感謝を!

水を好きなだけ飲める環境を!!

タイトルは春先の写真ですが、こんな感じの場所で好きなだけ水が飲めたらいいだろうねえ。

夏は水確保も重要な仕事夏場はとにかく大量に牛は水を飲みます。

貯水タンクに近い牛はいいのですが、牛舎でもタンクから離れた牛にはタイミングにもよるけど、水が出ていない時も多い(ーー;)。

牛は水が好きなだけ飲める状態にあるのが非常に大切。 

なんとかしてやりたいのだけど、なかなか解決策が見出せないでいます。

もっとみる
牛とともに感謝!

牛にも”熱中症”が多発する暑さです

昨日の暑さはとんでもない暑さで、9時ぐらいにはすでに30℃超えの感覚

写真からはわかりませんが、どの牛を見ても、息が荒くなって息苦しそうなのが見ていてもわかります(泣)。

特にひどい牛は牛舎から外へ本当にヤバそうな牛は、牛舎から外の倉庫に出して日陰でのんびりしてもらった。他の牛は、バスタオルを大量に持ってきて水浴びの代わりに体にかぶせてやった。 でも、それもあっという間に体温で暖かくなってしま

もっとみる
なまら、おおきに!

暑い日には牛も塩分多めで。

最高気温が33℃の鹿追町。牛舎の中も換気扇(=トンネル換気)がフル稼働。

牛もヒトも沢山汗をかく牛も汗腺があって汗をかくらしいのですが、見ていてもよくわかりません(^_^;)。

ただ間違いないことは必死で体温下げるために汗かいて水分とっていること。

夏は塩分多めに給餌します毎日、餌と共に塩も給餌しています。

「夏場のこの季節は牛にも多めの塩を与えると乳房炎予防になるよ」

昔、牧場のばあち

もっとみる
なまら、おおきに!

すわ、血乳か??

「すわ、○○か?」というのは、古語での驚いた時の表現なんですね(^_^;)。

搾乳後のフィルターをチェックしてみると・・・先日、久しぶりの搾乳を終え、機械の洗浄準備をあれこれと進め、バルクタンクへ送乳するところで異物を取り除くためのフィルターをチェックしてみると、血の塊みたいなものがいくつも付いている(・・;)。

血乳は抗生物質混入と同じぐらい怖い時々、乳の中に血液が混じった状態の血乳を出して

もっとみる
北国からの感謝を!

バンクリーナー、大修理となりました

先日回らなくなったバンクリーナー。

メーカーさんに見てもらったら、チェーンとの噛み合わせの歯車が擦り減っているので交換しようという話に。

最初は歯車だけの予定だったが。。メーカーさんがやってきて歯車を新しく交換して少し回して確認したところ問題なかったので、これにて終了。

と思って夕方回してみるとまた空回りしてしまいストップ。

何度か修復を試みてもダメでメーカーさんに再度来てもらった。

もっとみる
ありがとう!おいしい牛乳搾る励みになります!

いきなり41.5℃ とは。。。。。

搾乳の最後でスタッフのBさんが、

「この牛、多分乳房炎だよ」

といわれて、明日の診療かなあと話してたらそのあと、

餌に全く口をつけなくなった。

もう帰るところだったけど気になったので体温を測った。

使っているのは昔ながらの水銀計。

よーく見てみると目盛りが振り切ってる(・_・;。

牛の平熱は38.5℃前後体温計は41.5℃を指していた。 これだけの高熱は見たことないレベル。

よく立

もっとみる
ありがとう!おいしい牛乳搾る励みになります!

いまある環境でできることをやる

近頃、アニマルウェルフェアが何かと話題で出てきて昔ながらの酪農家もそうした流れの中で何をすべきか考える場面は多い。

結局、本質をどこに置くかボランティアなどではなく、商売としての酪農で
ある以上、本質的な価値を生み出していることが大前提。

「良質な生乳を健康な牛から生産する」

酪農家の本質がここから外れなければ、できることをきちんとやって環境を整えていれば結果が出ていると思う。

牛が嫌がる

もっとみる
北国からの感謝を!

緩むと壊れるバンクリーナー

先週くらいから緩みが気にはなっていたバンクリーナー。

でも、チェーンを詰めようと頑張ってもなかなかできなくてタイミングを図っていたら今朝、途中で止まった(泣)。

写真のようにまだ半分も終わってない。

ヒューズならすぐ直せるけど違う。

日曜日で人も少ないし、その上、乳検で、集荷日も重なった。

なので、いま構っている暇はない!

ということで搾乳が終わってから修復開始。

原因究明と修理の手

もっとみる
牛とともに感謝!