草わけて知らず踏まれし彼岸花

鶏頭の細茎束ね軒の下

大小の糸瓜揺れにし午後は雨

根岸から田端にペダル漕ぐ子規忌

加那屋こあ
2020.9.19

読んでくれてありがとうございます👍
1

今日は正岡子規の命日。
明治35(1902)年9月19日、34歳で亡くなりました。
亡くなる10日前に葡萄を食したという子規。

私も今日、頂き物の葡萄を食べました。

子規を想う|Emiko @Emiko3588 #note # https://note.com/emiemibrightness/n/n1abc62cf4a7b

この広いnote界の中から私を見つけてくれてありがとう★
7

都築郷夫 ちよつとはみだ詩・❲十二❳ 附・詩人の為のワードローブ集

ところどころ月漏る杉の小道かな 正岡子規
秋草を仕立てつ墓を守(も)る身かな 夏目漱石

※師(子規)弟(漱石)の秋の句を「もる - かな」で並べてみた。(都築)



合同なつたそしたら自公石破で來い
(©都築郷夫)川柳 senryu

【駄目人間と..】

母であるスージーは
出て行つてしまつた
野良猫時代から全然変はらず
それが彼女のスタンスであるとばかり
いつかうになつかないで
子供一

もっとみる
あなた正しい!
1

Cahier 2020.09.10

菊の花、と言ってもうひとつ思い出すのは、凡河内躬恒が詠んだ歌。

 心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花

この歌について、正岡子規が『歌よみに与ふる書』の中で「いくらなんでも白菊と初霜を見分けられないのはおかしい」と痛切に批判していて面白い。いまでこそ菊と初霜の組み合わせはピンと来ないものの、松尾芭蕉にも「初霜や菊冷え初むる腰の綿」という句があり、秋の終わり、だんだん寒くな

もっとみる
うれしいです!感謝!٩( 'ω' )و
7

【ラジオ】Long-long-long-Call #2

こんばんは。

radiotalkでの番組配信、第2回です。

日曜日は動物関係以外の話題をしゃべっていきます。(今回は動物園についてもほんの少しだけ触れていますが……。)

読んだ本の話を中心に、あれや、これや、と。

お時間があれば、ぜひ。

もっとみる
霊長類は……お好きですか?
6

『坂の上の雲』

言わずと知れた司馬遼太郎原作をNHKがドラマ化。

しかも放送されてから随分と経過する。

それを敢えてまた観る。

それだけ素晴らしいドラマである。

そして僕は松山に行った。

秋山好古・真之兄弟と正岡子規。

3人を取り巻くように出てくる夏目漱石を始めとした面々。

この時代の人々はなんと大きな人が多かったのだろう。

そして、希望に満ちていた。

そんな時代だったのだろう。

日清戦争に勝

もっとみる
「スキ」を有り難うございます。これからも頑張ります!
24

文学のまち 松山

今日はほんの2時間ですが松山を観光しました。

実は10年前に家族で四国旅行をしていました。
そう!ちょうどNHKで「坂の上の雲」が放送されていたとき。皆さん覚えていますか??
当時小学生だった私には俳句についての関心がなかったのかもしれません。全く憶えていませんでした。

10年経った今、ほんの少しですが俳句の美しさが理解出来るようになった気がします、ホントにほんの少しで

もっとみる

天王寺大仏について

谷中大仏、元禄大仏ともいう。今は亡き谷中の五重塔で有名な天王寺。その天王寺を今、支えているのはこの大仏である。天王寺は日蓮の弟子日源により文永11年1274年に長耀山感応寺として開山。江戸幕府が開かれて後は、永勝院、春日局らの帰依をうけて、将軍家の祈願所の役割を果たし伽藍を整備した。
 そうしたなかで大仏は元禄3年1690年の鋳造(手の形は合掌印である)。享保7年1722年鋳造の吉祥寺大仏より約3

もっとみる
ありがとうございます
2

暮瀬堂日記〜鶏頭

公園の片隅に鶏頭が咲いていた。今年初めて遭遇したが、見るたびに子規居士一句が頭をよぎる。

  鶏頭の十四五本もありぬべし

 何でもないような句であるが、歳を重ねるごとに惹かれてゆくので不思議なもので、

  鶏頭の十二三本しかあらず

 などと戯れに一句を興じてみたくなる。

 別の背高の品種の前では、子供がじっと見つめたあと、鶏冠の部分と己の頭を測っている素振りをしていた。

  鶏頭と背く

もっとみる
スキ、頂き、ありがとうございます( ꈍᴗꈍ)
7

【フォト便り2】ヒトもウリも大差ない、ということらしい

暦ではすでに秋.残暑お見舞い申し上げます.
今日は八月十七日、七十二候では「蒙霧升降(フカキ キリ マイ オリル)」.それにしても暑いですな.

 下の写真は、庭の糸瓜(ヘチマ)と南瓜(カボチャ).この暑さのおかげで大豊作.糸瓜の方は、さっそく家人から「化粧水」だの「たわし」だの作れと云われる.さてさて.....

 ガキの頃からこの季節よく食べたのが、直径10センチ、長さ20センチくらいの寸胴の

もっとみる