教育学

親バカ上等

よその子ばかりを褒める親って信用できない。

しかも、そばに自分の子どもがいたらなおさら…

さて、子どもが生まれてくる経緯はみなさんご存知だと思いますが、
将来、親と呼ばれる人、もしくは、すでに親と呼ばれている人が、
最終的な判断のもと、
子どもという1人の人生を生み出すということです。

もちろん、予期せぬ妊娠だってあります。
それが犯罪行為の結果の場合だってあるので、
すべての人が望んで子ど

もっとみる

子は親を映す鏡とはよく言ったもので。

【子は親を映す鏡】とはよく言ったものだなぁと、最近、とかく思う。

これは、子どもを見れば親の姿がだいたい想像がつくとか、
親のしつけや教育が子どもに反映されている様子を表す言葉なんだけれど、
別の解釈もあるよなぁと思うようになってきた。

うちの子どもを見て、親のしつけの様子が分かるかと言えば、
きっと分からないんじゃないかなぁと思う。

なぜなら、三者三様だから。

とはいえ、三者三様だからこ

もっとみる

ほ〜ら、子育てなんてうまくいきゃしない

幼稚園に行くと、次男坊が泣いていました。
おそらく、よくある子ども同士の諍いでしょう。
特に、幼稚園の先生から説明もなかったので、
車に乗ってもしばらく泣いていましたが、
最近は、小学校への練習としてお昼寝していないので、
車の中でスヤスヤお眠りになりました。
眠たくてイライラしていたのかもしれません。

落ち着いたら、何があったのか聞こうと思ったりもしましたが、
せっかく泣き止んで落ち着いたのに

もっとみる

インスタグラマーあみちゃんとのインスタライブ【思考力】に向けて

私が行ってた高校(進学校)は、
家がお金持ちで、仲良し家族で、
都会的で、キャリアウーマンタイプで、
美人で細くて頭もいい子が
カーストの上の方にいた。 

ぱっと見派手にしていた私ではあったが、
これらの何一つとして当てはまらず、やさぐれていた。
そういう子の集団には馴染めるわけがない。
別にマウンティングするようなお育ちの悪い人たちでもないのだよ。でも、こちらが引け目を感じてしまって私は無理だ

もっとみる
やったー
37

富士山だけが山じゃない

数学の証明などでよく例えに出るのが、
【解という頂きは決まっているけれど、解き方は自由だ】
というもので、
子どもの成長もそれに似ていると思う。

もっとみる

自分の子育てがうまくいっているのか、ちゃんと評価できていますか?

【子育てがうまくいかない】と悩んでいる人は多いんですが、
【子育て】や【教育】の評価の仕方について、
正しい知識を持っている人って案外少ないように思います。

実は、これは教育現場の教員でも、
【教育の評価】というのを正しく知っていないので、
一般の人が知っているわけがないと僕は思っています。

ちなみに、我が家の【子育てなんてしちゃいけない】という子育て方針の、
子育ての結果は、予想以上の成果を

もっとみる

昭和時代の管理教育を令和時代のスポーツに当てはめて効果はあらわれるのか?

昭和時代の管理教育を令和時代のスポーツに当てはめて効果はあらわれるのか?

という題名で少しばかりお話をします。リンです。

さて、スポーツに限らずですが最近色々話題である子供の「育てかた、しつけ方」。その中でもスポーツというものは人間性が見えやすいものであるし、チームスポーツ(たとえ個人スポーツでも基本仲間がいるので)であるがゆえとても問題視されやすい。これは支える人が多いため、目につきやすかっ

もっとみる
愛してまーす!!!
5

伝えられるべき「正しさ」とは何か

教育学を学んでいて思うことがある。
人に教える内容の「正しさ」の立脚点はどこにあるのかという、
根源的な問題である。
正しいものとして教えられることは、
どのようにして決まるのかということであり、
つまるところ「伝えられるべき正しさとは何か」という問いになる。

教師が教えている知識は「正しい」のだろうか。
それは、社会に秩序を持たせるために、多数の人々の合意を得て、外部で形成された知識であると考

もっとみる
数ある記事の中から読んでくださりありがとうございます😄
11

真理と天才性は細部に宿る

真理は細部に宿る

「真理は細部に宿る」
ゼミの先生の格言のひとつ。
物事の本質というのは、事象の微細な部分に存在するという意味である。

どうやってその「細部」を見つけるのか。

先生はいつも、大きな社会の流れを捉えることの重要性と、
事象の細部に本質的なテーマを見出す可能性について説いている。
なぜなら、細部の意味は、全体の中に位置付けることによって、
初めて浮かび上がってくるものだからだ。

もっとみる
スキありがとうございます😊
8

教育と社会 〜社会の分断に対し、均等な教育の機会を〜

1. 勉強の楽しみ

私は生まれてこの方親には「勉強しなさい」とは一度も言われたことがない。本当に一度もである。これはちょっとした自慢である。
にもかかわらず、私は勉強が好きだ。勉強はとても役に立つ。
私が勉強嫌いにならなかったのは親のおかげであり、非常に感謝している。

勉強とは「誰かから言われてやるものではなく、自分で必要だと思ってやるもの」だと思っている。
必要だと思わないのであれば、その勉

もっとみる
おかげさまで今日もグッスリ眠れそうです(^^)
22