武内和人|戦争、政治、人間を考える

大学では政治学を教えています。専門は外交や防衛で、特に戦争の研究に取り組んできました。経済や情報の方面にも関心があります。文献・論文を紹介する記事などを投稿します。プロフィールもご確認ください。
固定された記事

翻訳資料『中隊将校のための100のヒント』第一次世界大戦で活躍した豪軍の名将モナッシが示す軍隊教育の基本原則

ジョン・モナッシュ(John Monash)は、オーストラリアで国民的英雄として名高い軍人です。1914年に第一次世界大戦に参戦したイギリスは、本国で部隊を動員するだけでなく…

500

「軍事力が重要な理由は、権力の最後の手段が戦争だからである」

20世紀のイギリスの外交官であり、また歴史学者でもあったエドワード・ハレット・カー(1892~1982)は国際政治学の古典的著作『危機の二十年(The Twenty Years' Crisis: …

翻訳資料 「戦術とは何か」米海兵隊『戦術』第1章より

軍事学とは簡単に言えば軍隊の制度と運用を社会科学の立場で研究する学問ですが、特に軍隊の運用に関する研究は戦略と戦術に区分することが一般的です。18世紀末に戦略と戦…

100

非正規軍の作戦が成功する条件とは、クラウゼヴィッツの分析を紹介する

戦争の主体は国家の指揮下にある正規軍に限定されていません。国家の指揮下にはない武装勢力であっても、戦いを遂行する能力を有していれば、戦争の主体として考えられます…

論文紹介 なぜ機械化された正規軍で反乱軍を鎮圧することが難しいのか?

19世紀までの正規軍は、しばしば反乱が起きた地域の治安を維持する任務に駆り出され、一定の成果を上げてきました。ところが、20世紀の歴史を調べると、反乱が起きた地域で…

100

兵力や武器ではなく、運用が勝敗を決める最も重要な要因である:『軍事力』の紹介

政治学の研究では、それぞれの政治的勢力が持つ軍事力を比較評価しなければならない場合があります。特に国際政治に関する研究では軍事力を理解することが非常に重要な意味…