あいうえお作文(た行)

48日目:たちつてと

た:立ち止まって考える時間も必要だと思う

ち:近道というものがない『人生』では進むのみが手ではない

つ:辛かったら立ち止まって、一度頭をスッキリさせるのも良いこと

て:でも、そこから動き出すための理由があることを忘れてはいけない

と:途中で投げ出せない、貫きたい覚悟を諦めるな

※譲れない思いとか願い、約束や覚悟などいろいろありますよね。 誰だって、ずっと続けていく

もっとみる

『涙雪』

クリスマスが近づいてくると

(といってもまだ1ヶ月弱あるが…)

ある友人のことを思い出す。

付き合い始めたばかりの女の子と

とてもいい雰囲気で

その年のクリスマス当日に、当時流行っていた

Folli Follieのネックレスをプレゼントするんだと

とても嬉しそうに僕に話してくれた。

そんな幸せそうな友人を見ていて

僕もほっこりした気分になったのを覚えている。

しかし、、、

もっとみる
よろしければシェアもお願いいたしますm(__)m
8

相手の「良いところ」は沢山思いつかなくても大丈夫!

こんにちは! こしあんです。

あなたも好きな芸能人やアイドル、恋人などの「どこが好きなの?」と聞かれれば、たくさん好きなところを思いつくかもしれません。
しかし、その理由を考えたとき、私たちは間違った判断を下すことがあります。
その事が”思い出しやすい”のか、”そうでない”のかで好きな人や物に対しての印象が変わってしまうことがあるんです。

今回は、私たちが判断するときに影響を受けている「利用可

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです!
7

子どもとの距離

いつか時間ができたら整理しようと思っていた、子どもたちの写真。

一番下の子が小学校高学年の頃には

日々の生活に追われて

学校で購入した修学旅行の写真も

一度見て、そのまま封筒に入れてしまっていた。

子どもたちのいろんな表情を見て

感慨深い思いでアルバムに収めた。

ああ…

生活に追われ、雑な育て方をしてきたな…と振り返り

申し訳ないな…と思ったことも、たくさんある。

そのぶん、子

もっとみる
スキありがとうございます☆
13
嬉し~です☺️♥
27

秋の生暖かい風

今日は木枯らし1号が吹くはずだった。

セーターにハーフコートを着込み、

首にはマフラーも巻いて外に出た。

ところが風はあるけれど生暖かい。

南から風が吹いているのだ。

病院までは歩いて15分かかる。

寒くはないが暑いとは思わなかった。

痺れた右足を懸命に前に運ぶ。

上り坂の公園道を上り終え、

自動車道に出ると病院が見えてくる。

受付で予約の旨を伝えて待合室に。

固いソファに腰

もっとみる
生きていることに感謝しています
6

いつもあなたを思い出している

会いたい人を思い出した時
わたしの心は救われる
会えなくて寂しくても
あなたの存在でわたしの心は救われる

好きな音楽を聴いて
好きな本を読んで
好きな場所に行って
好きなことをする

辛くなったら
伸び伸びとした
しなやかな体で
常識という枠から飛び出し
好きなように動けばいい
ちがう景色が私を迎えてくれるから

あなたが笑うとわたしが嬉しい
あなたが怒るとわたしが楽しい
あなたが泣くとわたしが

もっとみる
ありがとう♡とても嬉しいです♪
1

原点へ!

いざ、GENTENへ

自分には才能がない、とか
頑張らないと追いつけない、とか

日々いろんな不安に襲われてしまう時あると思うのです。

でも、同時に思うのです。

何かを掴みにいかなくても
安心感や幸福感は意識の向け方次第でいつでも感じられるのです。

***

感受性を開く。

小さい時
いろんなことに興味をもち
没頭できた自分がいたわけです。

僕らの誰もが持っていた「感受性」が
今、世界

もっとみる
ありがとうございます!! 愛情込めた投げキッスを届けます♪
2

みんながそっちを選ぶだけ。簡単なことよ。

子供の頃の
純真無垢な気持ち
思いだそ

大人は賢いから
いろんな出来事に
理由をつけられる

人それぞれの解釈
方向性の違い
様々なことで
その内容は
違ってくる

でも本当に思ってる事
その願いは
たったひとつの事

自分のため
幸せのため
平和のため
地球のため
結果
みんなのため

余計な事
考えるから
ややこしくなる

必要ないプライド
とかね

ほんとはみんな
心で思っている事は
ひと

もっとみる
喜びぃ~(o´∀`)♪
2

学習→そのまま記憶 は無駄でしかない

学力が芳しくない人に限ってよく出る言葉がある

「これを全部覚えればいいんでしょ?」

まさにその言葉通りに、プリントを写真記憶しようと躍起になりながらも、結局は抜け落ちて、親に叱られてしまうような点数になるのが常である。
そもそも、覚えるということに対して何を根幹にして実現するものなのかをわかっていない人が多いように感じる。今回は、僕が参考にした記事と僕の考えを紹介したいと思う。

おすすめの記

もっとみる