おさんぽ

元薬局勤務。身の回りのしょうもない相談事を どうぞ薬局で。Mary女性支援コンサルト代…

おさんぽ

元薬局勤務。身の回りのしょうもない相談事を どうぞ薬局で。Mary女性支援コンサルト代表。薬局向け、学校園、地域コミュニティでのセルフケア勉強会などお考えでしたらコメントください。

最近の記事

  • 固定された記事

仕事なのか?遊びなのか?

立春を過ぎましたが、まだ風は冷たいですね。 こんにちは、おさんぽです。 このところ、自身の転職について投稿してきましたが 私に仕事を語る資格はないと自分でも思います。 これまで 新卒後の3年間を除き、30年の間に、足かけ20年ほどの、 パート勤務しか経験していませんし、 当然ながら その道の専門家でもありません。いいかげんなモノです。 しかも、薬局という限られた分野の、ささやかな経験に過ぎません。 なのに、 なんとまた、またも仕事について書かせていただきます。 なんか知らん

    • 何が言いたいのかわからん

      今夜の月は、妙に明るい。 朝風が心地よく吹いていたし、昼間の空は青く、雲はうろこ状で、 そろそろ秋が近いか?とも感じたが、 日が暮れると また蒸し暑さが戻ってきた。 くし形切りのレモンみたいな月は、 少し赤みがかっていて、 湿気の多い空気を吸って、ちょっとだけ膨らんだようにも見える。 涙で潤んだ瞳・・みたいでもある。 私事ですが、本日退職を申し出ました。 遠方の施設で暮らす、認知症の母が、何やら病の疑いで 検査入院することになって、もう、やむを得ない、と決心しました。 父

      • 都知事選、残念。残念だわ。失望です。闇深すぎ、ということは解ったね。 日本の未来、先行きが見えにくくなった。一部の権益、その裏側があらゆることを牛耳っている、雑草の草むらのこんがらがった民主主義とは、なんぞや。

        • 昨日の空。雷雨の東京、酷暑の関西でした。今日、都民は投票へ! 暑い!散歩中、母に電話 母のキッズケータイ電源切れのため、つながらず。職員さんに探してもらうも 充電コード、部屋にないですよーと言われ、万事休す・・新幹線で3時間かけて、ケータイ充電しに行かないといけないかあ・・

        • 固定された記事

        仕事なのか?遊びなのか?

        • 何が言いたいのかわからん

        • 都知事選、残念。残念だわ。失望です。闇深すぎ、ということは解ったね。 日本の未来、先行きが見えにくくなった。一部の権益、その裏側があらゆることを牛耳っている、雑草の草むらのこんがらがった民主主義とは、なんぞや。

        • 昨日の空。雷雨の東京、酷暑の関西でした。今日、都民は投票へ! 暑い!散歩中、母に電話 母のキッズケータイ電源切れのため、つながらず。職員さんに探してもらうも 充電コード、部屋にないですよーと言われ、万事休す・・新幹線で3時間かけて、ケータイ充電しに行かないといけないかあ・・

          解らない、が解らないのかもしれない

          なんか視界もぼやけて、頭もぼーっとする梅雨の朝です。 というか、常にぼーっとしている、 ぼーっとするのが得意な、おさんぽ婆です。 「こんなことも わからんか!」「これも、できないか・・」と 亡父に言われ続けてきた私、は 「解る」ってことは、一体なんなのか、どういう体の状態なのか、 について、ずっと興味がありました。 「解る」ことなく学校での「課題をこなす」のは、苦痛だし、 どう考えても時間の無駄、だろう、という話を書きました。 これは私の後悔であり、お詫びであり、自己満足

          解らない、が解らないのかもしれない

          あのころ を思い出したり妄想したり

          紫陽花の季節ですね。 毎年、だいたい梅雨の季節に 誰のお世話にもならず、公園や庭の一画で 花がくを美しく色づかせます。 発色条件が変わることで、色合いは少しずつ変化しますし、 このごろでは、新しい種類の紫陽花も見られるようになりました。 雨の日の、薄暗い道端に  毎年、当たり前のように 彩を供してくれるけれど、 これは、植物にとっては、いわば仕事の類の営み。 こんなに近くで、いつも見ているのに  相互にコミュニケーションできないから・・いや 或いは、花々の方はこちらを受け止め

          あのころ を思い出したり妄想したり

          あなたが欲しいプレゼントを

          これは2020年の冬に投稿した記事の再稿です。 あのころ、を思い出してみました。 「願うこと」#いま私にできること 薬局勤めのばあさんの近況短観、プレゼントについての回顧と願望です🤣 「近況」 寒くなった。季節はいつも通り流れているようで、そうでもないような気もする。いつもの年がどうだったのか なんだか思い出せない。 早いもので、12月が見えてきた。じきに一年も終わる。いつも通りのお正月で幕を開け「見えないもの」に変化を余儀なくされ、春も夏も飛んで行き、秋になっても

          あなたが欲しいプレゼントを

          くちなし

          くちなしの花。梅雨に入るころに咲き始める。 以前、アメブロをやっていた時にも、この花について書きました。 ご参照・・と言いたいところですが、 渾身の記事を残しておいたつもりが、見当たらないの・・😢 どうしたっていう記憶もないという、情けなさ。 なので、改めて記述します。 くちなし、について 以下、Wikipedia様に教えて頂きました内容です。 花の白さと香りが特徴だ。 これ以上の白さはないだろう、と思えるような、混雑の無い、白の中の白。 妖艶で、オリエンタルな強い香り

          ウェルカムな おばあちゃんが善き

          母の暮らす有料老人ホームを何度も訪ね、職員さんと話し、 利用者さんの様子を見て、感じたこと。 「老人施設を恐るるべからず、まずは半年利用してみるべし。」 施設にも色々あるだろうし、利用者の性格とか事情も様々だろうが、 おばあちゃんの場合は、可能であれば まず、半年暮らしてみるといい、と思う。 おじいちゃんの場合(おばあちゃんにも該当者あり) 人に依ります!入居が、もはや、やむを得なくて、他の選択肢がない としても、支援職の話を聞かない人は一定数いますから。 施設にもより

          ウェルカムな おばあちゃんが善き

          正解がなくても考え続けることは、何も生まないのか?

          答えのない問いを立て、解を考え続けることは、時間ばかりかかって 生産性に欠ける、と思われがち。 以前も記事にしました。 誰にとっても、また「社会」にとっても、 考えることに時間をかけるということ、 時間はかかるもんだ、という共通認識は 大事であるべきなのに、 このところ、以前よりも加速がついて 消滅しかかっている、不要とされている、気がする。 暇な婆さんが考えそうなこと・・・ですねえ。 まあ、そうです、すみません、しつこくて・・ それぞれが、それぞれの頭で考えるのを、タイ

          正解がなくても考え続けることは、何も生まないのか?

          そろそろ梅雨です。寄付するなら名前オープンにするよ、ほんじゃ止めておくわ、で何が悪いのかわからん。政治に金がかかる、議員が何かのために誰かにナンボか払う。それは国政にとって、ものすげー大事だけど言ってはいけなくて、貰った側が税金払わないようにしなければなりません、というイミフよ。

          そろそろ梅雨です。寄付するなら名前オープンにするよ、ほんじゃ止めておくわ、で何が悪いのかわからん。政治に金がかかる、議員が何かのために誰かにナンボか払う。それは国政にとって、ものすげー大事だけど言ってはいけなくて、貰った側が税金払わないようにしなければなりません、というイミフよ。

          生まれてから死ぬまで生きる

          昨日は雨だった。今朝は晴れ、明るい朝です。 今日は、亡父の誕生日です。 えっ・・ア、そうか・・ 誕生日でした・・なのでしょうか?わからん。 亡くなったのだから、 そこからは 新たに 始まるよ、と考えるのか・・ そうしよう!そのほうがいいと思う😊 生まれてから、亡くなるまでを生きる。 私の認識では、生きてるってことは、その途中ですよね。 時間はない、とか、ある、とか 宇宙は、01でシミュレートされている仮説やら、 その恐ろしく無限に近い可能性、つまりは偶然を記述する、 理論

          生まれてから死ぬまで生きる

          父への詫び状

          青々とした新芽が 日差しに輝く五月。 爽風に押され、きょろきょろしながら  おさんぽ婆さんは、今日も 逍遥to仮想会話 そろそろまた一つ年をとるなあ、、あーあ。 【モンシロチョウ】めでたいのかい?それは。       【私】そうね、赤いちゃんちゃんこ 着るわけだから。          よく生きたね、の意味で。 【モンシロチョウ】長生きね。よかったじゃない?          でも、そんなに長く ワタシは飛びつづけられない。       【私】何も成さなかったし、成す予定も

          父への詫び状

          お城の石垣の小花

          お城の石垣の小花

          患者さんや被介護者に「寄り添う」って具体的になんだ?

          支援職の心構えとして、「相手に寄り添う」ことが大事、とされる。 寄り添う、という曖昧な、漠然としたコトバを、 双方の視点から考えてみたい。 といっても、大したことない話にしかならん、と思いますわ、スミマセン。 寄り添う、とは何かが何かに近づいて、傍にいる、というさま。 私が当事者ならば、或いは私が指示するならば、 クライアントに、寄り添ってくださいなどと、 よくわからない指示は出さないし、出されたくない。 実際、相手によって、必要な、そして望まれる対応 は様々だし、 そも

          患者さんや被介護者に「寄り添う」って具体的になんだ?

          ハリエンジュ~母が突然の高熱 慌てないこと!

          ハリエンジュ~母が突然の高熱 慌てないこと!