kzn

前の東京オリンピックの年生まれ、東海道新幹線と同い年。もうだいぶ大きくなってしまった二…

kzn

前の東京オリンピックの年生まれ、東海道新幹線と同い年。もうだいぶ大きくなってしまった二人の子供のお父さんをやっています。今のお仕事はarduinoとかraspberry piを売っている電子部品通販サイトの中の人です。

マガジン

  • コラムのような何か - 勢いで書いてしまった日頃思うこと

    時々なんですけどねぇ、急に思い立ってダダダーと何かを書いてしまうことがあるんですよね。「その何か」は時々によって違うのですが、まあ書いてしまうんですよ。特に決まったカテゴリがあるわけでもなく、いろいろな話題を取り上げていますが、できればより多くの人の目に留まるように、そういった記事を集めてマガジンにしてみます。

  • デバイスとアプリの歴史

    レトロブームがPCだけに留まらず、レコード盤やカセットテープまで及ぶに連れ、こういった懐かしい道具(デバイス)についてをマガジンにまとめます。

  • マガジン オブ マガジン

    私の書いた記事をマガジンにまとめるにあたって、マガジンの説明や目次になるような記事を、マガジンとしてまとめます。

  • MSX - 懐かしのゲームとお手軽プログラミング

    究極の 8ビットPC として登場した MSX ですが、時代が進むにつれ MSX2、MSX2+ と規格が進歩して、それぞれの規格に対応した PC が日本だけではなく、世界中で売られました。多くのメーカーから登場した、それぞれの MSX機や、MSX を使いこなすためのソフトウェアやハードウェアの情報、そしてホットな MSX0 の話題なんかを取り上げていくつもりです。

  • C言語教室

    ひょんな事から始まった我が家のC言語教室。文法あれこれよりも、まずコードを書いてみて動かしみることで、ハマりやすいC言語の癖を学びます。久しぶりに書いてみたC言語を通じて自分自身の学び直しにもなっています。

最近の記事

  • 固定された記事

プロフィールのようなもの

だいたいは本名で出てるつもりです。あまり本名を晒すといろいろと弊害も出るので、わかる人にはわかるような感じでやってますが、アカウント名でバレバレです。なお、私の本名はネット上に同姓同名さんがいるので、他の情報も参照して本人確認をしてくださいね。 なお、noteの記事は不定期に更新しています。一度、読んだ記事でも、もう一度開くと新しい発見があるかもしれません。 twitter @kazushinakamura noteの記事を書いたお知らせくらいしか使っていませんが、レス

    • チューリングテストと人工無脳

      先日、新しいAIエンジンの発表があったこともあり、さらにAIブームに拍車がかかっているようです。調べ物をしたり慣れない分野の文章を書くのに、無くてはならないものになりつつありますが、AIの歴史は意外と古く、80年代の8ビットPC時代に流行っていた「人工無能」というものを思い出しました。 歴史的に見ると、機械が知能を持っているかを判定するために考案された「チューリング・テスト」というものがあり、これに合格すれば人間でなくとも知能を持っていると判断してよいのではないかというテス

      • デバイスとアプリの歴史

        さて、レトロブームがPCだけに留まらず、レコード盤やカセットテープまで及ぶに連れ、こういった懐かしい道具(デバイス)についても、あれこれ書いてきたのですが、今までに用意したマガジンにはうまく収まりません。そこで新たにマガジンを作ることにしたのですが、マガジンの数には限りがあるので、ここにレトロなアプリケーションの話なんかも混ぜてもらうことにします。最近は今は見かけないコネクタであるとかケーブルまで話が及ぶことも出てきているので、そういった仲間たちも書いたらこちらに含めます。

        • 三菱電気のMSX ML-8000/F110/F120/120D

          三菱電機が発売したパソコンについては、MULTI16やMULTI8について書いてきましたが、なかなか素敵なスペックであるものの、一般向けの商品としての展開としては苦しいものがありました。パソコンは家電と違ってソフトの役割が大きいので、他社と同じようなものを用意しても一定のシェアを取るとはいかず、より売れている商品に人気が集中する傾向が強いです。 MULTI16 - 遂に三菱電機もパソコンを出した MULTI8 - 何が取り柄なのかがわからなかった 同じように苦しんでいる

        • 固定された記事

        プロフィールのようなもの

        マガジン

        • コラムのような何か - 勢いで書いてしまった日頃思うこと
          55本
        • デバイスとアプリの歴史
          32本
        • マガジン オブ マガジン
          17本
        • MSX - 懐かしのゲームとお手軽プログラミング
          25本
        • C言語教室
          68本
        • 神社仏閣巡り
          46本

        記事

          気がつけばなんと10,000以上の「スキ」を頂いていました!

          気がつけばなんと10,000以上の「スキ」を頂いていました!

          続C言語教室 - 第1回 ファイル出力

          C言語教室は、いったん終わりとしましたが、まだ取り上げていなかった課題がたくさん残っています。私のフォロワーさんの間でも、何故かC言語の話題が復活し始めていますし、そろそろ再開かなと思い始めました。 残念ながら我が家の教室の方は、子供たちの環境が大きく変わってしまったためにお休みのままですが、noteの方はボチボチと続けていこうと思います。もっとも今年も後期は大学の講義があるのでまたお休みがあるかもしれません。同じようで違う内容を並行して進めるのはなかなか難しいのであしから

          続C言語教室 - 第1回 ファイル出力

          神社仏閣巡り44 - 小寶稲荷(港区)

          近所にはお寺は数多くあるのですが、どうもお寺は入りづらいなぁと思っていて、そうすると神社はかなり紹介済になってしまいました。そうすると新しい神社仏閣を探すために、出かけた先で近所に神社はないかなぁとGoogleマップを検索するようになってしまいました。 わざわざ写真を撮るために出かけるようなことはしていないので、そうすると、いつもどの辺りをウロウロしているのかがバレバレです。割と遠くまでは出かけていないですね。 さて、今回は虎ノ門ヒルズ辺りをウロウロして見つけたお稲荷さん

          神社仏閣巡り44 - 小寶稲荷(港区)

          286のプロテクトモード - 仮想アドレス

          80286で登場したプロテクトモードですが、今までのCPUと比べると、メインフレームにしか無かったような仮想アドレスであるとか、メモリ保護といった高度な機能が実装され、本格的なOSが要求する機能が揃うことになりました。一般的なアプリケーションからすれば、これらの機能はあくまで裏方であって、プログラムを作るうえでも普通は知る必要はありません。 今回はその中で仮想アドレスの仕組みが286で、どのように働くかを説明してみます。80286の先祖でもある8086と80286がリセット

          286のプロテクトモード - 仮想アドレス

          PC-8201 - NECが試みたハンドヘルドPC

          ハンドヘルドコンピュータと呼ばれるモバイルデバイスが登場した話は以下の記事に書きました。。 HC-20 - ハンドヘルドPC登場 これに刺激を受けたのか、他のメーカーも携帯できるPCという姿を模索し始めます。小さな液晶画面と電池で動きフルキーボードを搭載しているというのは共通でしたが、電卓から進化したポケットコンピュータとの境界は徐々に曖昧なものになっていきました。 ハンドヘルドコンピュータ EPSONは、先のHC-20を1982年に発売した後に1984年にはHC-4

          PC-8201 - NECが試みたハンドヘルドPC

          大学時代の遊び - 謎解きオリエンテーリングの話

          今はどうなのか知らないのですが、昔はオリエンテーリングというスポーツがそれなりに流行っていました。オリエンテーリング部とかもあったような気がします。スポーツとしては山野にポイントと呼ばれる旗が設置してあって、これを探し出していかに早く回れるかという競技です。 オリエンテーリング どこからネタを仕入れてきたのかは、もう覚えていないのですが、大学時代にこれを自動車を使って街中をめぐるゲームに仕立て直して遊んでいました。最初の頃はマスターになるメンバーが街中を走り回り、旗にあた

          大学時代の遊び - 謎解きオリエンテーリングの話

          Galactic Empire - 地味だけど奥深い世界 : レトロPCゲーム

          APPLE][で遊んでいた時代、世間ではスペースインベーダーやギャラクシャンを始めとしたアーケードゲームが大流行していました。もちろん、これらの(ような)ゲームもPC向けに移植されて遊ぶことも出来たのですが、ゲーセンのプレイとパソコンでのプレイは微妙な違いもあり、家で練習したからゲーセンでもハイスコアが出せるのかと言うと、そんなこともなく、お金を入れなくてもいくらでも遊べるパソコンでは、もう少し違うゲームを楽しむことのほうが多かったです。 当時、パソコン向けのゲームではブロ

          Galactic Empire - 地味だけど奥深い世界 : レトロPCゲーム

          C++ 再入門 その2 streamって何?

          さて、うっかり始めてしまったC++再入門ですが、大抵のプログラミング言語で最初に試す”Hello World!”から新しいことがたくさん出てきてしまいました。 C++ 再入門 その1 最初の一歩から大混乱 この短いコードだけで stream入出力 iostreamクラス ヘッダファイルのファイル名 名前空間 演算子 演算子の再定義 を理解しなければなりません。いきなりすべてを理解しなくても、とりあえず「ここはこう書いておく」で済ませても大丈夫ですが、ここにC

          C++ 再入門 その2 streamって何?

          壁の写真たち [会議用背景(っぽい画像) - Part22]

          気がつけばストックが増えている壁の写真たち。街を歩けば目が行くのが壁ばかりでは、ちょっと怪しい人になってしまいます。ということで、最初はすぎてしまった季節の名残から。 というところで、いつものような地味な壁たちです。 壁は汚れにくくなるように表面に光沢があるときもあるのですが、写真を撮るには反射があって困ります。 そして一番多いのはタイル壁ですね。材質はいろいろありますが。 これは塗り壁の一種なのかな。 これらの壁の写真たちはご自由にお使い頂いて構いません。「みんな

          壁の写真たち [会議用背景(っぽい画像) - Part22]

          EUC - UNIXと共に普及した文字コード

          日本語の文字コードとしてポピュラーだったシフトJISの話あたりは以下に書いたのですが、それ以外にもUNIXな世界で標準であったEUCという文字コードがありました。 シフトJISって何が凄いの? EUCという名前から想像できるかはわかりませんが、UNIXにおける拡張文字コードという意味で、1984年頃、当時、商用UNIXをライセンスしていたAT&Tが日本でのビジネスにあたり、日本語の文字コードを決める必要があって制定された文字コードです(日本が最初だったんですね、欧州諸国は

          EUC - UNIXと共に普及した文字コード

          BASIC60歳おめでとう

          今でこそBASIC言語を使える人もすっかり少なくなってしまいましたが、パソコンが登場した頃は「BASICが出来る」=「パソコンが出来る」という時代で、パソコンを使いたい人は必ずBASICを覚えるものでした。 BASICは基本的にインタプリタであり、言語仕様もコンパクトで処理系もシンプルで少ないメモリでも動作するのが最大の魅力でした。そんなBASICではありますが、パソコン以前の自分でボードを組み立てていた時代には、BASICを動かすことがゴールみたいなところがあり、実数の処

          BASIC60歳おめでとう

          オープンリールテープ- レガシーオーディオ

          1964年生まれの私が小さかった頃、音楽を聞くのはレコードであって、録音できるデバイスとしてはオープンリールしかありませんでした。オープンリールというのは磁気テープが巻かれているリールと呼ばれる円盤を使うもので、テープが巻かれているリールから、テープの端を自分の手で磁気ヘッドのあるピンチローラーを通して、反対側にある空のリールに巻き付けて録音再生するデバイスです。 オープンリール 一般的なオーディオ向け磁気テープは、幅が1/4インチ(約6ミリ)で、片方向で録音再生する場合

          オープンリールテープ- レガシーオーディオ