大人計画

コロナウイルスに感染した宮藤官九郎さんのホロスコープ

※有料設定にしていますがほぼ最後まで無料で読めます。文末の「術者の感想」部分のみ、良ければ投げ銭お願いいたします。

クドカンさんまでコロナウイルスに感染したというニュースが出ましたね。志村けんさんの訃報があったばかりなので心配になり、ホロスコープを見てみました。

前半は出生図を中心に鑑定し、後半はコロナウイルスに感染したことが発覚した3月31日のホロスコープを見ています。

出生図

ポイント

もっとみる
ありがとうございます!コメントもいかがですか?
4

舞台『キレイ − 神様と待ち合わせした女 − 』観劇レポ

2019年12月にBunkamuraシアターコクーンで行われた『キレイ』の観劇レポをブログにアップしました。

よろしければご覧ください。

もっとみる
ありがたや
1

38/365 【生恥こそ、生きてる実感の醍醐味だ】 大人計画 「キレイ - 神様と待ち合わせした女 -」

2020年、感情noteを始めます。心が震えたお芝居や映画や本、訪れた場所といったコト録も続けますが、それらは言わばハレの日。その合間にある「普通」の毎日を、も少し書いてみたいのです。でも、何でも良いってなると、ちょっぴりハードルが高いんです。

その点、感情は毎日動くもの。喜怒哀楽のようにパッキリしたものもあるけれど、その隙間にある色とりどりのあわいも見つめてみる。良くも悪くも、なんかもやっとし

もっとみる
嬉しいです〜!
13

【活動報告=ミュージカル「キレイ~神様と待ち合わせした女~」劇評が「演劇感想文リンク」の週間アクセスランキングで他4人と合同で首位奪還、12月中旬以降5週連続首位続行中(2020)】

noteやわたくしが運営するエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」に掲載したミュージカル「キレイ~神様と待ち合わせした女~」(松尾スズキ演出)の劇評が、演劇やダンスなど舞台の感想、劇評、レビューを収集して分類掲載している劇評サイト「演劇感想文リンク」の公演別週間アクセスの1月12日から18日までのランキングで他の4人の方と合同で首位を獲得しました。ミュージカル「キレイ~神様と待ち合わ

もっとみる
うれしいです
4

4月は舞台月間

最近、心が疲弊してる私に朗報。とっても楽しみな舞台のお知らせ。私のカラカラの心を潤してくれる、素敵なニュース。

これは倍率が高いな。でも観に行くって決めたから、チケット取る。
4月が楽しみ。早く彼らの熱を感じたい。

もっとみる
2020年はスキを深めたいです☆彡
3

大人計画『キレイ―神様と待ち合わせした女―』を観てきました。

<あらすじ>三つの国に分かれ、民族戦争が100年続く“もうひとつの日本”。争いのさなか、民族解放軍を名乗る集団に誘拐監禁されていた少女が10年ぶりにソトの世界に脱出した。過去をすべて忘れた少女は自ら“ケガレ”と名乗り、大豆でできたダイズ兵の死体回収業者のカネコ組の仲間となる。ダイズ兵を食用加工するダイダイ食品の社長令嬢カスミとも奇妙な友情で結ばれるケガレ。死体を拾い小銭を稼ぐ彼女を見守るのは、成人

もっとみる

キレイ 生田絵梨花の凄み、日本ミュージカルの高み

I've cited the English newspaper article about this play below. Sorry for many recent posts without English.

大人計画『キレイ』
もう、ブラボー。舞台芸術の楽しさをとことん堪能させてくれる。ツボを突くギャグも印象に残る楽曲も、こなれにこなれた実力者たちの熱演も。そして、生田絵梨花さんの、ベ

もっとみる

『キレイー神様と待ち合わせした女ー』

制作 大人計画 

 作・演出 松尾スズキ 

 音楽 伊藤ヨタロウ

 出演 生田絵梨花 / 神木隆之介 / 小池徹平 / 鈴木杏 / 皆川猿時 / 村杉蝉之介 / 荒川良々 / 伊勢志摩 / 猫背椿 / 宮崎吐夢 / 近藤公園 / 乾直樹 / 香月彩里 / 伊藤ヨタロウ / 片岡正二郎 / 家納ジュンコ / 岩井秀人 / 橋本じゅん / 阿部サダヲ / 麻生久美子 / 他

 12月21日ソワ

もっとみる

『キレイー神様と待ち合わせした女ー』圧倒的なエネルギーにひれ伏す

2000年の初演以来、大きな反響を呼び続ける「キレイ」。4回目の公演になるが自分は初めて観た。

2000年といえば、三谷幸喜の「オケピ!」も初演を迎えた年。こちらは観ているのに、なぜ俺は「キレイ」は観なかったのだろう。たぶんそのときも、そしてその後も、自分は大人計画や松尾スズキ、宮藤官九郎の舞台にどうも苦手意識を持っていたのだと思う。宮藤官九郎が脚本を書いた舞台は劇団☆新感線などで観ているが、宮

もっとみる

すべての穢れをその華奢な背中に背負って、純粋という名の魂に向かっていく哀しくも美しい冒険譚…。★劇評★【ミュージカル=キレイ~神様と待ち合わせした女~(2019)】

結局、自分が何者かを探し続けるのが人生というものかもしれない。それはどんな時代もどんな国でも、どんな突飛な設定でも…。特に幼いころにさらわれて10年間も監禁されていた少女にしたらなおさらだ。昔のことはほとんど忘れてしまっているのだから。そして未来であるはずの世間(ソト)というものもまるで知らないのだから。松尾スズキが主宰する劇団大人計画のシアターコクーン公演のために2000年に書き下ろしたミュージ

もっとみる
わたしもあなたのことがスキです
2