【観劇】松尾スズキさん脚本・演出の舞台「フリムンシスターズ」を見ました。

 松尾スズキさん脚本、演出、そして長澤まさみさん、秋山菜津子さん、さらに阿部サダヲさん出演の舞台「フリムンシスターズ」を観てきました。

 「フリムン」というのは沖縄方言で「気がふれる」「狂った」という意味でこの言葉を入れたお芝居のタイトルって観たことがない!と沖縄出身の私は今回の舞台をとても楽しみにしていました。

 物語は長澤まさみさん演じる沖縄出身でユタ(シャーマン、霊媒師)の血筋を引き特別

もっとみる

舞台「フリムンシスターズ」を配信で見た感想

今回は「フリムンシスターズ」の感想です。

先に「もっとも大いなる愛へ」を見ているので、どちらを書こうか迷ったのですが、根本宗子さんの方はもう少しまとまったらにしようかなと。フリムンシスターズは最初チケットを取っていたのですが、諸般の事情で劇場に行ける日程がだめになったので、ちょうどWOWOWオンデマンドでの放送があり、見逃し配信もできるということだったので、休日を利用して配信を見ることにしました

もっとみる
読んで頂き、ありがとうございます!
1

2020/11/13『フリムンシスターズ』観劇

初めて公演配信のチケットを買いました。

上京するまでは近くで公演をやっているようなところがなかったので、専ら映像での観劇だった私。しかし、劇場での観劇体験を味わってからはこれに勝るものはないなと感じるようになってしまったので、劇場観劇主義です。したがって、このコロナ禍の公演映像配信が盛んになってきた昨今も配信というものを敬遠していた節がありました。

Twitterを何の気なしに眺めていたら、こ

もっとみる
励みになります…!
4

オンラインで演劇を観た③(10.24 シソンヌ「neuf」/11.12 大人計画「フリムンシスターズ」)

10.24 シソンヌ「neuf」(アーカイブ11.15まで)

本多劇場での単独ライブ。全公演を生配信するというよしもとの配信システム構築のスピードには驚くばかり。現地チケットは10000円だが配信は1000円という設定もありがたい。おかげで気軽にシソンヌ単独を初めて観れた。

オークラ(3人目のバナナマン、4人目の東京03と称される劇作家)が監修に入ってる時点で薄々気づいてはいたがやはりその構成

もっとみる
ススススキー
7

最終回を見て思うこと

気持ちが落ち着いてきていたのに、「カネ恋」の最終回を見終えて半端ない喪失感だ。遺作と言われるこの作品は回を追うごとにやつれて行くような姿や無理して笑ってる顔も見受けられたけど、噂されている酷な演出だったかもしれない現場で春馬くんは与えられた仕事を真摯に受け止め猿渡慶太に命を吹き込んでいた。

最終話はもういない。猿渡慶太を見つけることが出来なかった。誰かが始まる前に投稿していたけど「春馬はキッチリ

もっとみる
ありがとうございます😊

今さらですが『あまちゃん』(大人計画編)

今さらながら朝ドラ『あまちゃん』(2013年)について語るシリーズ。今回は劇団「大人計画」。

『あまちゃん』の脚本家・宮藤官九郎さんが所属する劇団「大人計画」。1988年に松尾スズキさんが旗揚げし、2000年代には人気劇団になっていましたし、阿部サダヲさんなどは早くから映像世界でも売れっ子でしたが、「大人計画」全体としてブレイクしたのは『あまちゃん』。

「大人計画」は俳優のマネージメント業務に

もっとみる
スキをありがとうございます
3

大人計画 「フリムンシスターズ」鑑賞

10月最終日の昨日、渋谷のBunkmuraシアターコクーンにて、松尾スズキ演出「フリムンシスターズ」を観てきました。

コクーンでは初めての一階バルコニー席1番前。「地獄のオルフェウス」を観たあたりの席を見やりながら、もうこんな良席当たらないのではと思ったほどです。長澤まさみさん、阿部サダヲさんといった演者の皆さんの細かい表情までよく見えました。この距離感は豊洲の回る劇場で観た「髑髏城の七人 花」

もっとみる
あなたが大好きです!佐伯広斗より
9

【劇評185】長澤まさみ、秋山菜津子、阿部サダヲが、反ミュージカルの迷宮に遊ぶ。

 松尾スズキの舞台に登場する人物は、強烈は強迫観念に取り憑かれている。
 『フリムンシスターズ』(作・演出松尾スズキ 音楽渡邊崇)は、ひりつくような痛みが散りばめられている。
 コンビニの二階にあるボロアパートで、王城ちひろ(長澤まさみ)は、ふとんにくるまっている。コンビニの店長(オクイシュージ)は、十五分の休憩時間にちひろとセックスしようとするが、EDのためにうまくいかない。
 島から東京に来て

もっとみる
「好き」って言い言葉ですね!

【11月号 松尾スズキ&河井克夫 連載】第7回「きめつの」『チーム紅卍の電気じかけの井戸ばた会議』

松尾スズキと河井克夫によるチーム紅卍がアニメになって帰ってきた! 松尾ウサギと河井リスがあれやこれやとおしゃべりするよ。2人の目標は、このしょうもないやりとりが、映画館のスクリーンで映画が始まる前に流れるという、まだきっと誰も考えたことのない境地です!

構成・題字・出演/松尾スズキ アニメーション・出演/河井克夫

▼チーム紅卍「電気じかけの井戸ばた会議」プロモーション映像

『連載第一回はコチ

もっとみる
スキありがとうございます!
11