泊まれる演劇|MIDNIGHT MOTELの開催が決定しました。

こんばんは。
HOTEL SHE, KYOTOの花岡です。

前回のnoteでのリリースから幾分時間が経ってしまいましたが、遂に先日泊まれるHOTEL SHE, KYOTO主催の宿泊型イマーシブシアター「泊まれる演劇」の開催日程が発表になりました!

作品タイトルは『MIDNIGHT MOTEL』。

開催期間だけはそこはHOTEL SHE, KYOTOではなく、“とある架空のモーテル”に生まれ変

もっとみる

まもなく完成稿!!!トライライターズ・リーディング公演「恋と話した」

トライライターズ・リーディング公演「恋と話した」

《恋文》をテーマに綴る短編作品オムニバス!
作家3人の台本執筆もいよいよ大詰め! 
最終段階です!
完成稿の締め切りまで、あと2日!

いやー。最後の最後ではあるのですが、

直しに直しています!

ディテールへのこだわり!

執念ですね! 時間の許す限り、読み返して、繰り返し言葉を検討して……直す!

*(いまは実は、印刷中で……この文章は、そ

もっとみる

泊まれる演劇|MIDNIGHT MOTELの開催が決定しました。

こんばんは。
HOTEL SHE, KYOTOの花岡です。

前回のnoteでのリリースから幾分時間が経ってしまいましたが、遂に先日泊まれるHOTEL SHE, KYOTO主催の宿泊型イマーシブシアター「泊まれる演劇」の開催日程が発表になりました!

作品タイトルは『MIDNIGHT MOTEL』。

開催期間だけはそこはHOTEL SHE, KYOTOではなく、“とある架空のモーテル”に生まれ変

もっとみる

役者を目指すならすべき事

こんにちは
せっちゃんです!

役者を本気で目指すあなたは
普段からどんな行動をしていますか?

✔︎人間観察
✔︎姿勢
✔︎声の出し方

確かにどれも大切ですね

でもこれは基礎ではなく
ちょっと応用編になるので
基礎を身につけるためには
その前にやってほしい事があります!

それは

⒈腹式呼吸の獲得
⒉体力作り
⒊柔軟性をもつ

この3つのことです!

多くの人は
当たり前でしょう!

と思

もっとみる
ありがとうございます

パズル

epopsan

00:00 | 00:30

パズル という歌です。
演劇用に作った歌です。
主人公の女の子が劇中に歌います。
感動のシーンでしたよ。

**歌詞**

パズル

僕の歌
君のところに届くよ
僕の歌
君のところに届くよ

僕の歌 君のところに届けば
少しずつ 作る 見える
思い出した 僕の大切なこと
ひとつずつ 作る 見える
パズルだよ 僕はその中のひとつ
君もその中に見える
僕の歌 君のところに届けば
ふたつなら見える 小さ

もっとみる
ありがとうございます!

劇場入りと書いて「こやいり」

うわの空・藤志郎一座2020年最初の本公演「ただいま!」劇場入りしました。「劇場入り」と書いて「こやいり」と読みます。
言葉では「今日こやいりだぜー!」と言ってますが、頭の中の文字では「劇場入りだぜー!」と書いてます。そもそも「だぜー!」とは言いませんが。
よく「小屋入り」という表記を見ますが、歌舞伎の芝居小屋に入る歌舞伎役者じゃあるまいし、我々が使ってる劇場を「芝居小屋」とは言いにくいです。

もっとみる
明日もがんばれます ありがとうございます
24

※毎週金曜0:00更新予定

お世話になっております。
札幌で演劇活動をしています、秘密結社デスボルトハリケーン(劇団)です!

いつか旗揚げ公演を打つべく、作戦会議を行ってきたこのラジオですが・・・。
11月16日、17日に、旗揚げ公演「どうせ誰もみていないのに」を打ちました!!
しかし、ラジオは変わらず続けていきます。
いうなれば【第2クール】です!
引き続き、次回公演に向けての作戦会議という

もっとみる
めちゃんこ嬉しいです!
1

青年団若手自主企画vol.81 宮﨑企画『つかの間の道』@アトリエ春風舎

青年団演出部にまたアンファンテリブル(恐るべき子供たち)が現れた。宮崎玲奈は明治大学を卒業したばかりの23歳。まだ若いが人物を描写していくその演出のタッチは極めて繊細で、巧みさに驚かされた。
 宮崎企画「つかの間の道」は同棲中の若いカップル間に時折流れる微妙な隙間風を細密画のように描写した場面がなかなか秀逸。実は二人には両者と友人だった失踪した男がいて、その男がいなくなってから付き合いはじめるのだ

もっとみる

会社員をしながら演劇をしています①

大学の4年間を演劇サークルで過ごした。このサークルは学生生活の大きな部分を占める。楽しい時間だった。大学院にいた2年間は学園祭の番外企画公演だけ参加してはしゃぎ、「これで演劇はおしまい!」と言って上京してきた。SIer会社に就職し、いわゆる上流SEをやっている。

会社の同期に自己紹介をするのに演劇は役に立った。人は多い会社だが、「私もやっていました」という同期はいなかったし、今は観る専門だよ、と

もっとみる

「アルトゥロ・ウィの興隆」を観た。

KAAT神奈川劇場で草彅剛主演の演劇「アルトゥロ・ウィの興隆」を観た。
 ベルトルト・ブレヒトの劇作を白井晃が音楽劇として再構成したものである。舞台の中央にばかでかいバンドワゴンがあって、生演奏を背景に草彅剛がジェームス・ブラウンの楽曲を唄い踊る。ライブか! と思ったくらい音楽性が高かった。
 ギャングのショーといった体裁で、合間合間にセリフが飛び交う。草彅剛演じるアルトゥロ・ウィは悪いやつなのだ

もっとみる
三回回ってワン!
31