観劇白書2019

副題:ついに踏み越えた領域の先に待っていたものは…

 2019年は306回の小劇場観劇を行いました。とうとう年間300回の大台を超えてしまいました。その観劇のデータを今年も観劇白書と題してまとめて晒したいと思います。
 ちなみに2018年の観劇白書はこちら
     2017年の観劇白書はこちら

【データの定義について】

○公演数と作品数の数え方
・基本的に1枚のチケットで複数の団体の作品が

もっとみる

ただいま!公演2日目

うわの空・藤志郎一座2020年最初の本公演「ただいま!」公演2日目です。
3ステージ終了して、残りはあと7ステージです。
ああ、終わりたくない。あと7回で終わっちゃうよー。
毎回大事に演じます。

南琴里の成長が嬉しい

「ただいま!」は、2016年に新宿サザンシアターと大阪ABCホールでもやったのですが、ヒロインのキヨという島娘の役は南琴里が演じております。
同じ役で、わたしくの役との絡みが多い

もっとみる
大変に嬉しいです ありがとうございます
21

黒岩家のしあわせ家族計画4

←3

秀俊 この状況じゃ無理だ。
満子 一度お義母さんを連れ出した方がよさそうね。
秀俊 母さんはもうダメだ。いつどういうきっかけで我が家の秘密をバラすか分かったもんじゃない。
満子 できるだけ早くやりましょう。(つらそうに)お義母さんをどうやって始末するか考えるのは、楽しかった。
秀俊 何としても実行しないと。おれたちのために。

先ほどから椅子に座って、どこか泰然と構えていたふじ。

ふじ 

もっとみる

「ただいま!」開幕いたしました

うわの空・藤志郎一座2020年最初の本公演「ただいま!」なんとか幕が開きました。

役者に専念出来る、板の上で生きる楽しい1週間の始まりです。
嬉しいですのう。

・・・といいつつ、あたくしの出演シーンの写真がありませんでした。
明日は撮ってほしい。

1月26日まで高島平のバルスタジオでやっております。
ご興味あるかたぜひ観てください。

それにしても毎度の事ながら初日のバタバタは尋常じゃありま

もっとみる
明日もがんばれます ありがとうございます
28

あっという間のエブリデイ

こんにちは!舞台の宣伝文を作ったよ!
ゆかりごはんです!
本番はたったの1日だけ!

すくないしもうすぐ!!!!
2月1日(土)のみです!!
すごい!
1日だけで本番終わっちゃうの初めてです。
新鮮な気持ちのまま本番が終えられそうでいいなぁとおもいます。☺️

わたしの所属団体であるマチルダアパルトマンは2週間とか1ヶ月とか当たり前のようにやるので、「新鮮にやって!!みんなエスパーになってるよ

もっとみる

劇場入りと書いて「こやいり」

うわの空・藤志郎一座2020年最初の本公演「ただいま!」劇場入りしました。「劇場入り」と書いて「こやいり」と読みます。
言葉では「今日こやいりだぜー!」と言ってますが、頭の中の文字では「劇場入りだぜー!」と書いてます。そもそも「だぜー!」とは言いませんが。
よく「小屋入り」という表記を見ますが、歌舞伎の芝居小屋に入る歌舞伎役者じゃあるまいし、我々が使ってる劇場を「芝居小屋」とは言いにくいです。

もっとみる
嬉しいー!!ありがとうございます。
26

『たちまちの流(ながれ)』衣装大解剖!!

こんにちは!

昨日、無事『たちまちの流(ながれ)』の幕が上がりました~!!

もうほんと、たくさんの方に作品を見ていただけるということで、ドキドキ・ワクワクが止まりません。

さてさて、今回は以前の記事

に引き続き、『たちまちの流(ながれ)』の衣装について。

役者さん一人一人の衣装を徹底大解剖しちゃいます!!!

衣装担当のたかつさんの、イチオシポイントも紹介しちゃいますよ~♡

(以下、役

もっとみる

黒岩家のしあわせ家族計画3

←2

そのすぐあと、ドア3からふじが入ってくる。秀俊がそのあとに続く。ふじはそこがランウェイであるかのように、プロポーションを見せつけながらゆったりと舞台を練り歩く(ふじは小太りである)。鎖骨にひびが入っているのだが、とてもそんな風には見えない。秀俊は風采の上がらない、どこか飄々とした感じの中年。うんざりした様子でふじを見守る。ふじは中央で立ち止まってスピーチ。

ふじ (感無量で)昔からきれい

もっとみる

SO LONG GOODBYE 7.視界

2020年1月15日 京都府立文化芸術会館にて

これはもちろん自画自賛ですが、画期的なことです。私は今回まだ一回も遅刻をしていない! すごいです。

あす、UrBANGUILDでの公演。アバンギルドって、アバンって略すひととアバギって略すひとがいるな。どっちも音の感じが気色悪い。
美術の確認と、衣装候補を持ち寄って選定する。

そこから美術を仮に設置して稽古。
果物をパッケージングしては吊ってゆ

もっとみる

SO LONG GOODBYE 6.フルーツ

2020年1月14日 京都府立文化芸術会館にて

仕事で3日ほど休みをもらった。休んでいる間に、舞台にフルーツを吊るすことが決まっていた。LINEで実験の様子が送られてくる。
真空パックんという真空パックマシーンを使ってパケージングして吊るすとのこと。なにそれめっちゃおもしろい。

10時半、時間通り府立文芸に着くも、部屋があいてない。
どうやら河井朗かんちがい、今日は13時からじゃないと使用でき

もっとみる