因果応報。

因果応報。
この事は
「自分が行った行動、行為に関して、巡り巡って、自分のところに戻って来る」
という事です。
欧米人はこの事を「ブーメラン」と解釈していますが、微妙に意味、解釈が違います。
まあ、これ以上は説明出来ないので、書かないでおきます。

空と海。

因果応報?

因果応報→ 人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。

男性を相手にするお仕事をする女性って自分と関係性のある男性の見る目がないよねって話になった。

アドバイザーの関わりがある人たち。
妊娠したことが分かった時点で、居なくなってしまった。
お子さんはお一人で産まれましたが、「この子の精子」って相手のことを言っている…

DVをされ、摂食障害になった。
元旦那

もっとみる

寄り添いと理解の態度(推敲あり)

ちょっと文章がフワッとしてたので、朝に上げた「理解しないまま理解する」を推敲しました。

寄り添うことと相手の感情に呑まれることは違うのだな。
知らない、意味が分からないままでも、相手を全て理解しないままでも理解することが出来るのだなと思った。

他者の感情の渦に巻き込まれて「可愛そうに」と思うのと、何を言っているんだこいつと距離を感じて「馬鹿じゃないのか」と思うのは多分同じ、等価値なんだ。等価値

もっとみる

なかなか秀逸な数少ない書道漫画と自ら

高校の書道部を描いた『とめはねっ! 鈴里高校書道部』
「書の甲子園」を目指す部員たちの高校生活の話。少年サンデーで連載され、NHKの連続ドラマにもなった。

高校生の書道パフォーマンス甲子園という、大書パフォーマンスを競う大会が毎年行われている。音楽を流しながら数メートルもある大きな紙に部員数人で作品を書き上げる。

この大書パフォーマンス。NHKの番組である高校の書道部がこれを披露したことがはじ

もっとみる
どうもありがとうございます。良い事ありますように。
9

思い善であれ!!

今回のテーマは因果です。

今日は稲盛和夫著『成功の要諦』を読んでいました。その中で因果についておもしろい記述があったので、紹介します。

因果とは、原因と結果という言葉で言い換えることができます。そこで、稲盛さんは、宇宙も因果法則が当てはまることを指摘し、そこから、人間の生活も因果法則によってなりたつと述べます。

また、「因」と「果」をつなぐ「縁」も重要であると述べています。原因があれば勝手に

もっとみる

地に足つけろ

さて、久しぶりに仕事でミスりました。そしてそれは楽しみにしてた友人とのランチをしている時に発覚するという。久しぶりに会って、話をして、伝えたいけどうまく伝えてなかったことを伝えることができてスッキリして、おいしいランチを噛みしめたところに発覚したミス。

 そのあと会いたいと思っていた人に会って話できるチャンスだったのにバイバイせねばならず。いや、チラッとは会えたけど。もっとちゃんと会って話したか

もっとみる

ロンドンで困った日本人学生を助けたら、私には何が返ってくるのか

若者、意を決して声をかける。お金を貸してくれませんか?

ヒースローの朝、荷物超過のフィーが払えずで飛行機に乗れない、という若者に出会った。というか多分、誰かに助けてもらおうと待ち伏せしてたのかな(笑)

空港ですれ違うときに、曇った顔してて。じーっと見てるなぁと思ったら、やはり声をかけてきた。

ちなみに我々は、二人。二人とも決して「見るからにいい人」ではない(笑)どちらかというと客引きですらち

もっとみる
やったー!嬉しいです。
12

アナと雪の女王2を見て感じたこと

今日は娘とアナと雪の女王を見てきました。

今回私は初めてアナ雪を見るので

パート1からの流れがよく分かりませんw

なので今回のパート2だけから何を学んだのか?

これだけを書かせてもらいます。


今回のアナと雪の女王のストーリーの流れは

アナとエルサの祖父の人として浅ましい行いが

原因でアナとエルサの国に危機が訪れると言うもの

アナとエルサの祖父が国王として活躍していた時

火の精

もっとみる