西田親生@D&L

新聞社を経てD&L社創設▷総合コンサルタント・エッセイスト・食文化研究家/IT…

西田親生@D&L

新聞社を経てD&L社創設▷総合コンサルタント・エッセイスト・食文化研究家/IT総論各論(企業IT戦略)、AI活用術、ホテル文化&食文化、新商品開発、各種マネジメント、人間学、PCプロ養成、私塾Well Done主催(人材育成)▷ https://www.dandl.co.jp/

マガジン

  • 静岡まるごとグルメ

    静岡の親しい友からの贈り物。毎年、誕生日やお中元、お歳暮で贈られてくるので、珍しいものを厳選してご紹介するマガジンにしました。

  • ザ・夜食

    人気冷凍食品、セブンイレブンやスーパーの弁当やオニギリ、レトルトなどをご紹介するマガジン。 #コラム #エッセイ #西田親生のグルメ論 #夜食 #冷凍食品

  • セブンイレブン旨々情報

    近場のセブンイレブンを中心に、新たな商品、食材などをランダムに紹介するマガジンです。組み合わせによっては、簡単に食事をグレードアップするヒントになればと思います。

  • 西田親生のWell Done

    気楽なZOOMセミナーとして「Well Done」を新設し、2023年4月からスタート(随時入会可)することになりました。  当社クライアントさんや、その他紹介者ありきで自由に参加できるZOOMセミナー。研修内容は、参加者のニーズに合わせてカリキュラムを組みます。  特に、今更他人に聞けないような事、苦手克服で悩んでいる事、最先端ICTノウハウ、AI活用法、人間学など、筆者が持ち合わせているノウハウを、惜しみなく提供するという規格外の研修システムとなります。 ▼ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995) https://www.dandl.co.jp/ #コラム #エッセイ #ZOOMセミナー #西田親生のICTセミナー #英会話 #人材育成 #社員研修 #中間管理職研修 #ICT #IT #AI #画像生成AI #テキスト生成AI

  • 西田親生のICT総論各論

    西田親生流ICT総論各論のマガジンとして掲載して参ります。ネット事業を1995年から展開している中で、蓄積されたノウハウを惜しみなくここに書き綴ることができればと考えます。 ▼ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995) https://www.dandl.co.jp/  #コラム #エッセイ #ZOOMセミナー #西田親生のICTセミナー #英会話 #人材育成 #社員研修 #中間管理職研修 #西田親生のホテル文化と食文化 #テキスト生成AI #画像生成AI #マーケティング #新商品開発 #プロ並みパソコン活用法 #企画力アップ #意識改革 #幹部社員ブラッシュアップ

最近の記事

  • 固定された記事

New mediaやMultimediaの歴史を紐解けば、IT・VW・VR・AR・AIの近未来がよく見える。

 昔々の話だが、1980年代にNew mediaという言葉が世界を席巻した時代があった。直訳すれば最新媒体である。それからMultimediaにインタラクティブが備わり、約半世紀の時を経て、現在のIT・VW(Metaverse)・VR・AR・AIなどに繋がってくるのである。  これらの様々な進化は、マイコンからパソコンの進化と連動して、人間の力、すなわち人力とは比較にならぬほどの高速にて四則演算を行ったり、データベースによる統計解析、文書作成など企業戦略に次から次へと導入さ

    • ザ・夜食 ピザトースト+生ハム

       分厚い食パンの上に、ケチャップを塗り、ピーマンやチーズをトッピング。こんがりと焼いて、タバスコを振りかけ、更に、生ハムをトッピングしてみた。  因みに、食材は、セブンイレブンの金の食パン、野菜、チーズに、生ハムは静岡の友人から贈られてきた静岡名物のハム・ソーセージ工場のもの。  ピザトーストは外側カリッと内側もっちり。癖のあるピーマンとマイルドなとろけるチーズで、ピザ感覚は十分出ている。生ハムも乙なもので、ぺろっと完食してしまった。  ピーマンとタバスコは、目を瞑ると

      • DALL-Eに生成させた恐竜+α

         今夜は、DALL-Eで久しぶりに遊んでみることに。本格的なT-REXを描けるかと試すと、なかなかの画像生成をしてくれた。  恐竜時代の代表的なT-REXだが、映画ジュラシック・パークやジュラシック・ワールドではお馴染みの恐竜である。  1991年から3D CG制作事業をスタートした頃に比べると、例えばトップ画像をCG専用マシンで作る場合、モデリング、テクスチャーマッピング、そしてレンダリングをさせるとなれば、多分1週間以上かかったように思える。  それも、テクスチャー

        • 生死の境界線上を走る、危険運転者。

           軽いツーリングで、オフィスから目的地まで約70kmほど走った場合、その往復で眼前を通る車が蛇行していたり、すれ違う車が中央線を越えてきたり、走行車線から起き越し車線に突然割って入ったりと、挙動不審の車をよく見かける。  眼前を走る車の蛇行は、助手席のものを気にしたり、スマホを見ているのか、カーナビのテレビを見ているのか確かではないが、ヘッドレストから左に頭部が寄っている。全く前を見ていない。  中央線を越えてくる車に多いのは、高級車を運転する者から高齢者が運転する車が多

        • 固定された記事

        New mediaやMultimediaの歴史を紐解けば、IT・VW・VR・AR・AIの近未来がよく見える。

        マガジン

        • セブンイレブン旨々情報
          82本
        • 静岡まるごとグルメ
          27本
        • ザ・夜食
          289本
        • DALL-E生成鉛筆画
          17本
        • 西田親生のAI実験室
          519本
        • 西田親生のWell Done
          588本

        メンバー特典記事

          デジタル化・AI化・ロボット化の未来

          <職を失う私たち>  極端な話だが、AIの倫理性が確立され、従前の人間の手によるものが、合理化やデジタル化という名目だけで推し進められ、世の中の環境が急変すると、現在のプロフェッショナルの匠や職業に就く人間は廃絶されて行く。  例えば、国政や地方行政の首長も議員もAIにより不要、建設業関係の設計者も建築現場の人力も不要、生産農家の田畑の人力も不要、教育界の学校の教師や予備校の教師も不要、医療関係では医者も看護師も薬剤師も不要となる。全て、不要となるのである。  では、生

          ¥1,000

          デジタル化・AI化・ロボット化の未来

        記事

          某協会の上層部による私物化の結末・・・

           先日から、某協会公式サイトが急に変わったことに驚き、当時の関係者数人に連絡を取ったのだった。  公式サイトによれば、事務局も移転しており、前上層部は退任。全て新しい人たちの名前で埋まっていた。極一部であるが、旧上層部からは二、三人は残っているものの、当時の実力派の人物名が全く記載されていない。  随分前の話だが、某協会については、筆者が強烈に「私物化」についての指摘を行い、是正勧告したことがあった。しかし、当時の上層部のトップ2は聞く耳を持つことなく、それから15年、旧

          某協会の上層部による私物化の結末・・・

          線状降水帯により、立ち退かぬ雨と効果音。

           いつまでも降り止まぬ雨。だらだらぐずぐず。  庭木は生い茂り、雑草が瞬く間に背が伸びて、藪化するばかり。そろそろ、手の施しようがなくなってしまう。  雨樋をオーバーフローするほど、雨水が滴り落ちる。屋根の角度は45度なので、雨水が余計に瓦を伝って雨樋へ。だらだらぐずぐず。  時折、軒先付近から、じゃばじゃばじょぼじょぼ。雨水の音色が変わり、水量も多くなってくる。じゃばじゃばじょぼじょぼ。  電信柱付近のケーブルに一羽の野鳩が休んでいる。雨に打たれて、いつもより小さく

          線状降水帯により、立ち退かぬ雨と効果音。

          20代後半の受講生は生まれていない!?

           昨夜、今週からスタートする「Well Done Egg」の準備段階にて、一人の受講生とWEBカムやその他登録関連の打ち合わせをしていた時のこと。 筆 者:私がネット事業を本格化したのが1995年8月22日(熊本県第一号ポータルサイト開設)なんだけど、あなたはその時何歳? 受講生:1995年ですか?あははは、まだ、生まれてません。  ん?そんなに時間が経ったのかと、呆然とした。ネット事業の準備を1994年秋からスタートし、ネット事業を本格化したのが、つい昨日のように鮮明

          20代後半の受講生は生まれていない!?

          商売人の本性・・・金の切れ目は縁の切れ目

           新聞社を経て起業して随分経つが、周囲を見回すと、ほとんどのクライアントは入れ替わり立ち替わりで、10年以上続くようなお付き合いができる企業は稀有なる存在である。  しかし、弊社の場合は、10年選手、20年選手、30年選手と、何十年もの長きにわたりお付き合い頂いている企業ばかりである。  あくまでも私見であるが、経験上はっきり言えることは、どんなに企業間契約を結んだとしても、大抵の企業は契約が終了すると、それまで近しい関係であったのが、急に翌日から縁遠くなってしまう。

          商売人の本性・・・金の切れ目は縁の切れ目

          煽り運転をして、何のご利益があるのか!?

           毎日のように報じられる、悪質な煽り運転。以前、夜中に後ろから白いワゴン車(ナンバーはメモしている)が突っ込んできて、衝突寸前まで急接近してきたことがあったが、その意味不明な蛮行に対して、苦笑いも出ない。  人として、どの面して、そのような蛮行に走るのか、どう考えても理解できないでいる。そんなに速度違反までして走りたいのならば、ライセンスを取得してレース上で暴れればいいものを、市道、県道、国道などお構いなしに煽り運転を繰り返す人物がいるのが、逆立ちしても理解に苦しむ。  

          煽り運転をして、何のご利益があるのか!?

          人間は地球上最も残忍な捕食者

           本日発生した米国前大統領の暗殺未遂事件。過去において、地球上の暗殺は数知れず、政治的には都合の悪い人物の抹殺が繰り返されている。  JFKの暗殺(1963年11月22日米国ダラス市内)も衝撃的な暗殺事件であったが、ロシアやその他独裁国家では、日常茶飯事として、暗殺や粛清が繰り広げられている。  一般人の殺人犯は即逮捕され、刑罰により処分されるが、不思議なことに、独裁国家における暗殺や粛清は、独裁者にとっては合法的であるがの如く、多くの人の命が消されていく。  毒殺であ

          人間は地球上最も残忍な捕食者

          逆恨みする輩とは距離を置く、これ大事。

           逆恨みは、こちらが相手に対して好意による言葉であったり、配慮であったとしても、それを悪意と曲解して恨まれることである。  また、本来ならばこちらが被害者であり相手を恨むべき立場にあるべきが、相手の筋違いな思い込みにより、逆に恨みを受けるという憎悪の形態の一つでもある。  更に、相手が想像以上に底意地悪く、日頃の恨みを晴らすために、無関係な事案を持ち出し、虚言により濡れぎるを着せる蛮行に及ぶこともある。倫理性が欠如した輩は、違法行為に手を染めることもあり、厳重注意となる。

          逆恨みする輩とは距離を置く、これ大事。

          今週からWell Done Eggがスタート

           今週からWell Done Eggがスタートする。これは、従来からのWell Done Cross-mediaやWell Done Basicと同様にZOOMセミナーとして運営する。  Eggのテーマは、20代の若者対象として、名前の通り、Eggが大きく育つための礎作りのセミナーとなる。既に、Facebook非公開グループを設置、毎回録画されるセミナー動画をアップしたり、その他、教材をアップして、予習復習がいつでもできる環境となる。  初回は、受講生のZOOM面談からス

          今週からWell Done Eggがスタート

          ザ・夜食 カレーライス(セブンイレブンの野菜+岩手県産豚の塩麹漬け)

           本日の夜食は、大胆な組み合わせとした。普通に作るカレーライスだが、野菜は全て近場のセブンイレブンで手に入れたジャガイモ+ニンジン+玉ねぎである。  しかしながら、オフィスの冷蔵庫には牛肉も豚肉も鶏肉も切れていたので、岩手県産豚肉の塩麹漬けを使えないかと考え、塩麹の旨みがカレーとマッチすることを祈りつつ、試しに作ってみた。  これが思いの外、初めて体験する塩麹の旨みが染み込んだカレールウとなり、意外や意外、すこぶる塩麹の旨みと甘みがカレールウと調和して、違和感なく食すこと

          ザ・夜食 カレーライス(セブンイレブンの野菜+岩手県産豚の塩麹漬け)

          冷静と皮肉の狭間で・・・理不尽に対処するエッセイ術

           自戒を込めての話だが、日頃から、エッセイやコラムの執筆活動のテーブルとしてnoteを利用している筆者であるが、理不尽極まりないことが眼前で起こると、つい、辛辣なコラムを書きたくなる。  しかし、そこで感情に流されぬように、冷静沈着にて事案を検証し、その核心に触れるコラムを書くようにしている。勿論、ターゲットとなる事案や人物については、特定されぬようにしている。当然のことである。  ところが、他者のnoteを拝読している中で、恨み辛み妬みなどが充満し、今にも爆発しそうな書

          冷静と皮肉の狭間で・・・理不尽に対処するエッセイ術

          ChatGPTと見解の相違あり

           現在、生成AIの中ではChatGPTを多用している。筆者の活用法の一つとしては、自分で執筆するエッセイやコラムについての「感想」を、ChatGPTへ依頼する訳だ。  しかし、「感想」を述べてもらうように依頼しても、妙に「評価」として読者が受け取る印象などを語り、修正を加えればもっと良くなるようなことを言ってくる。  勿論、それも「感想」に違いないが、筆者が辛辣に社会風刺的なコラムを書き綴ろうが、その表現や内容に対して「一部の読者には厳しすぎるように思われる」といった「評

          ChatGPTと見解の相違あり

          ピュアな「学び心」を持たなきゃ、立派な人間になれはしない。

           本日深夜に、二十代の男性と1時間ほど話したろうか。「西田親生の人間学」に興味があり、是非、学びたいと言う。実に、有難いことである。  開口一番、筆者が語った言葉は、「学歴は関係ない!」である。どんなに高学歴であろうとも、だからと言って、人格が伴い、所作が素晴らしい人を多く見掛けたことがない。  教科書通りの勉強ができることが有能なのかと言えば、否である。その人の人格、考え方、気配り、思考深度、人生観、所作など、教科書に記載されていない分野が圧倒的に多いのが、この世の中で

          ピュアな「学び心」を持たなきゃ、立派な人間になれはしない。