史料

観るまでシネマ撰 遠くでずっとそばにいる
再生

観るまでシネマ撰 遠くでずっとそばにいる

 監督は恩田陸原作の”夜のピクニック”で名を馳せた長澤雅彦。  主演はNHKドラマ”トクサツガガガ”での好演が記憶に新しい倉科カナ。  そして音楽は長澤監督の師匠筋あたる岩井俊二が務める。  2013年当時、僕は当地にはいなかったので、残念ながらリアルタイムで本作は観ていない。  が、ふとしたコトから、友人の美大生さんから、本作のコトを訊き及び、レンタル落ちのDVDをAmazonで購入して鑑賞したり、原作の小説を読んだりしているうちに”何て素敵な映画なんだ!”と強く思うようになった。  ちょっと前まで主宰していた某映画自主上映イベントでやろうとしたが、実は現時点で本作の上映許諾権はどこも持っていないのであった。  (少なくとも非営利映画上映イベント向けには…。)  _| ̄|○  実に勿体ない…。  (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾  何しろ、本作には撮影当時の”この街の今”が散りばめられているのだから。  今はもうない駅前のミスド、出来たばかりのスタバ、新装改築のために取り壊された県民会館、駅前再開発の一環でやっぱり取り壊された蔦でびっしり覆われたデザイン事務所の入ってた雑居ビル…などなど。  まだ、もう少し行動力があった頃、これらのロケに使われたお店などに話を伺いに行ったが、誰もが”良い思い出”だったとおっさられていたのが印象的でした。www  キャストさんもスタッフさんもとても好感が持てたとかとか。  www  上映イベントやるなら喜んで協力すると迄おっされてしまいました。(ス○バさんでさえ。)  すみません。m(_ _;)m  やりません。と云うかやれません…。  イベント用レンタルが出来ないから。  ( ̄▽ ̄;)  しかも、当地でロケをしました…と云いながら、何が素晴らしいかって、ありがちな地域おこし映画とは違って”某東北三大祭り”の時期を外して撮影していて、映画にはせいぜい”背景に観光用ポスターが写っているくらい”と云う…。  まさに”シンゴジ”の総理執務室並みのさり気ない”ご当地”感。(笑)  県外の人たちが観たら、これが全篇、当地でロケされているなど、全く気がつきもしないだろう。 (多分…。)  いや、この映画を観て、これが当地で撮影されたと知ったら、この街ってハイソでオサレな都会なんだぁと勘違いを生むような気さえする。(笑)  現実は昼日中にクマが出る街でっせ。www  (予告篇にも出てくるヒロインが佇むカーブを描いた道路。あそこは実際にクマがうろついてるのが目撃された国道ですから。  ((((;゚Д゚))))))))  そも丹念にロケハンした故の”現地の地理は全く無視した見事な場面繋ぎ”!!  (賞賛してます。)  ”いや、そこを真っ直ぐ行って、何故そこに出る?”  みたいな???(笑)  でも、映画と云うモノはそれで良いのですよ。  スー( ̄-y ̄) パー( ̄▽ ̄)y-。o○  余談  ちなみに冒頭、ヒロインが目覚める病院として使われているのが、僕の母校を改組して、撮影当時に開学した”某公立美術大学”です。  (開学時に国会で某大臣が認可しないのどうとちょっと話題になりました。) なお、物語の設定上は病院なのだけど、こんなコンクリート剥き出しの病室なんてある訳がねぇ!  ( ̄Д ̄)ノ  と思わせるロケ地選定だけど、逆にその異質感も本作の肝だったりしますです。  ちなみに原作小説も”当地”が舞台で、こちらも具体的な地名がてんこ盛りです。  www  正確には脚本を手掛けた作家の狗飼恭子がその脚本を基にしたノヴェライズ化したのではなかろうか?  映画公開の前年に出版されているし…。  σ( ̄、 ̄=)ンート・・・  余談の余談  本編クライマックスでヒロインがキャンプする河川の岸が、ちょっと前に陸上用イージスなんちゃらを設置するの何の揉めた演習地の目と鼻の先にある河川敷。  まさにそのミサイル設置場所候補地もロケ地になっていて、設定上はかつての遊園地跡地で、今は林立する風力発電機がランドマークになっています。  (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾  なお、笑えることに、対岸に我が家のあたりが写ってます。 (風力発電機は今も元気に回ってます。うるさいけど。www) あと予告篇にも登場する野っ原は某赤十字病院とJR車両基地の間に広がっている休耕地です。(笑)  秋田新幹線とか今は運用されていない鉄道車両がなにげに停まってるので、テツな方にもおすすめな穴場です。  余談の余談の余談  何でこの映画を取り上げたかと云うと、こう云う数年前とかの近過去の映像資料って、まだまだ少ないのでした。  なので、当時のあれやこれやを調べるのには好都合なんですな。  例えば、現在、新築された建物の前には何があったか?とかとか。  ___φ(。_。*)カキカキ  100年前の史料はあっても、ほんの30年くらい前の史料はまだ誕生していない…それが歴史の常。(笑)

9.11だから? …NHKが微妙に取り上げている  (加筆済み)
+4

9.11だから? …NHKが微妙に取り上げている  (加筆済み)

先週かな? 9月11日が近かったからかもしれませんが、 9.11を含め BSでNHKが陰謀論に何故はまるのか?…という番組を放送していました。 総論としては 約250年前から始まってるから今になって騒ぐのは遅いという話と、 キリスト教成立以来終末論があり、ヨーロッパに革命があり、 アメリカはその親和性が高いというような話、 誰でも引っ掛かる恐れがあるという話・・・辺りだったのかな? 見えなくていいものまで見える、繋ぎたくなる、そういう心理効果、 不明なことに何か原因、理由

スキ
2
史料4(抜粋)

史料4(抜粋)

MOTETS A VOIX SEULE, ACCOMPAGNÉE DE LA BASSE CONTINUE., Paris, 1689, NIVERS, Guillaume-Gabriel (1632-1714) 通奏低音を伴う独唱のためのモテット、パリ、1689年、ギョーム・ガブリエル・ニヴェール (1632-1714) より EXTRAIT DU PRIVILEGE DU ROY. 国王の特権の抄本。 https://gallica.bnf.fr/ark:/1

史料3(抜粋)

史料3(抜粋)

MOTETS A VOIX SEULE, ACCOMPAGNÉE DE LA BASSE CONTINUE., Paris, 1689, NIVERS, Guillaume-Gabriel (1632-1714) 通奏低音を伴う独唱のためのモテット、パリ、1689年、ギョーム・ガブリエル・ニヴェール (1632-1714) より抜粋 OBSERVATIONS 考察 https://gallica.bnf.fr/ark:/12148/btv1b9062570z/f7

収集史料①:堀内敬三・富井恒雄書簡

収集史料①:堀内敬三・富井恒雄書簡

 こんばんは。大学関係を中心に歴史史料を趣味で集めている東北大生のなんじゃもんじゃです。  この記事を執筆し始めた一昨日、仙台は朝から雨でした。東北大学はおかげさまでキャンパス内の施設は大分使えるようになってきて、私も毎日川内キャンパスの附属図書館で勉強や読書をしているんですが、この日は暴風警報が出るほど風も強くて傘を差していても濡れそうなので(パソコン類も持ち運ぶし・・・・・・)、久しぶりに大学に行かず家で授業を受けました。2~5コマが連続の曜日だったので、結構疲れました

スキ
5
電子の網に流れる漢籍数千年のデータベース

電子の網に流れる漢籍数千年のデータベース

数年来、調べてまとめたいと思っているテーマがあるのだが怠惰に任せて放置すること幾春秋。 ときどき思い出したかのように少し調べ直したりしています。 実際に史料を調べてみると、実は出典が曖昧だったり、表現や前後の文脈とあわせるとニュアンスが違ってくるものがあったりする。 やっぱり史料そのものに当たるのは大切であるな(←歴史学の基本というか大前提だよ)。 ↑↑↑ 『中国哲学書電子化計画』 私が重宝しているサイトです。 台湾のサイトなので当然ながら台湾中国語。 か

スキ
3
【史料訳】書簡:ナッサウ伯マウリッツよりナッサウ伯ウィレム=ローデウェイク宛 ニーウポールトの戦い第一報 1600年7月2日

【史料訳】書簡:ナッサウ伯マウリッツよりナッサウ伯ウィレム=ローデウェイク宛 ニーウポールトの戦い第一報 1600年7月2日

著作権についてこの場合の「史料」は17世紀当時の書籍や手紙の現物ではなく、おもに19世紀に編集・活字化・翻訳されたものを指します。 したがって、既に原著、編集・翻訳書とも著作権の切れているものです。概ね原著者死去から95年以内の、著作権保護下にある可能性のあるものは掲載していません。 Google Booksや各国公文書館等でパブリック・ドメインとして公開されているものから、機械訳をベースに、文書整形・訳語統一・専門用語への置き換え等を行いました。

有料
200
note版『金獅子亭』限定記事について

note版『金獅子亭』限定記事について

note版『金獅子亭』についてプロフィール記事を参照ください。 note版独自記事についてnote版『金獅子亭』は、主に『金獅子亭』の既存の記事をそのまま転載しますが、note版専用限定コンテンツとして以下の2つを考えています。 1. 写真入れ替え版旅行記(一部有料記事) 2. 史料訳(基本的に有料記事) 『金獅子亭』では、旅行時等に自分で撮影した写真を載せてきませんでした(管理が面倒で…)。noteの「画像」記事でシェアが容易になりました。 note版『金獅子亭』の

スキ
1
『天正遣欧使節肖像画』より記載文章

『天正遣欧使節肖像画』より記載文章

注1: 太字は筆者にとって意味が分からないので別途取り上げる単語です。事典や辞書、知人の助言や語感や法則性から考え得る答えを記します。 大見出し: Newe Zeyttung / auß der Insel Japonien. 小見出し: Retract und Contrafähung der vier Jüngling vnd Königklichen Gesandten auß Japon / wie sie zu Mayland den 25. Juli

参謀として敵にしたくない著者、である。沖田総司の実像の、史料的再構築に挑んだ『沖田総司の謎』。既存の虚像崩壊をも恐れぬ緻密な論理展開、文章が数式に見えてもくる。“Χ=χР6×Р-2χ4/(χР6)2…ガチ数式!?”遂に数学書!?いやコレ、沖田家戒名の文字重複率――を導くのだとか。

参謀として敵にしたくない著者、である。沖田総司の実像の、史料的再構築に挑んだ『沖田総司の謎』。既存の虚像崩壊をも恐れぬ緻密な論理展開、文章が数式に見えてもくる。“Χ=χР6×Р-2χ4/(χР6)2…ガチ数式!?”遂に数学書!?いやコレ、沖田家戒名の文字重複率――を導くのだとか。

スキ
16