racoco

サルトルの自・問・自・答。エマール・サルトルは、フランスの哲学者、小説家、劇作家。右目に強度の斜視があり、1973年にはそれまで読み書きに使っていた左目を失明した。自分の意志でノーベル賞を拒否した最初の人物である。実存主義は無神論的実存主義を唱える。
    • 日日note刻刻

      • 2本

      なんでもかんでも右往左往の八面八臂

固定された記事

MRIaa2019608

00:00 | 00:30

バッバ組曲

棲みつくネコ、「ミーシャ」へ^^

居間に同居(棲みつくネコ、ミーシャ)の追悼これは自身のドキュメントだが、以前読んだことのある、「タマ」(画家横尾忠則)の記述を借りて、その記事を掲載した。 それは、…

6時間前

「ネコ」の魂はいずこへ

居間に同居(棲みつくネコ、ミーシャ)の弔い文 これは自身のドキュメントだが、以前読んだことのある、「タマ」(画家横尾忠則)の記述を借りて、代替とする。 2014年に亡く…

はっきり、してほしい

「世界のパンデミック」潮目が変わった この時期事態に及んで個人がSNSで転嫁否定論をぶち上げても何の解決もしないが、たった一言だけ許してもらおう。 すでにイギリス、…

クリスチャン・スモールズ「一兆分の一戦い」

喉元過ぎれば欧米資本主義経済の破綻、はしない クリスチャン・スモールズの「一兆分の一の戦い」 最低賃金を上げろ! アマゾンの元従業員ら、ベゾスCEOの自宅前で抗議 A…

ビジョンハッカーが世界を変える

「ミレニアム」ジェネレーションY・Z世代が社会すべてを破算にする いつまでたっても「ラチ」の門戸が開けられない政治経済の老獪人事に、立ち上がったのが、そのジェネレ…