感想:『社内プレゼンの資料作成術』前田鎌利

仕事でグラフ作成時に、関係者から教わった一冊。資料作りの工夫って、やっぱり大事だなあと改めて認識させられた。

概要

社内プレゼンを通すためのテクニック本です。資料を作る際の考え方や工夫の仕方が語られています。一貫して意識されているのは、シンプル&ロジカルであること。決済者に納得してもらえるように、無駄を削ぎ落としています。

感想

決済を得ることに特化した資料作りのテクニック本。著者はソフト

もっとみる

【資料作成を頼まれた時に意識したい2つの事】ここに+αするのであれば、❶期限はいつまでなのか。❷何のためにやるのか?これを必ず聞かなければならない。納期が30分後と1週間後だと作る時の濃さが変わってくるし、❷のように何のためにやるのかわかればその人に向けたメッセージを打てる。

今日も共に頑張りましょう‼️
3

自社でのカスタマーサクセス構築を振り返る

ツールベンダーではないサービスでの挑戦

2017年9月に株式会社ニットでカスタマーサクセスの立ち上げなんていう一大ミッションを背負って正社員になってから約2年半が経ちました。
それまでの状況は完全に属人化したマンパワーでの個社対応がベース。
そもそもで当時は参考にするための事例や資料がほとんどない!
っていうのは前のnoteでもぶつくさと文句を垂れ流しました。

頑張ります!と言ったものの、参考

もっとみる
感謝感激!!
17

デザイナーがやりがちな資料作りのアンチパターン

皆さんは提案書や社内向けの資料を作ったことはありますか?僕は提案書や計画書などの社内資料、またクライアントの依頼でプレゼンテーション用資料のリファイン作業など、本業はデザイナーと言いつつ結構な数の資料を作ってきました。資料の美しさも大切なのですが、この様な資料作りではデザイナーの理屈とはちょっと違った注意点も必要です。今日はデザイナーが資料作りの時にやりがちなアンチパターンをまとめてみようと思いま

もっとみる
ありがとうございます!よければSNSでもシェアをお願いします!
8

ニンジャ絵まとめ(2019 10~12月)+資料集め講座

ウキヨエタグをつけずにツイッターにあげた自作のニンジャスレイヤーの二次創作絵をまとめました。2019年10~12月までのものです。ネタバレ注意です。こっちに上げたくない絵もツイッターにはあったりするんじゃないでしょうか。

今回はそんなに枚数がないので、代わりに巻末付録としてニンジャスレイヤーウキヨエをかくうえでの資料集め方法を伝授します。これでウキヨエマンの増大を狙っていくわけです。そんなに斬新

もっとみる
🍣🍣🍣ユアウェルカム
24

不毛会議 #93

「配られた資料を見てください、右の部分の数字が……あれ?間違えてるな……いや、間違えてないです…ね……いや間違えて……いや、おおてます!」

会議冒頭からの隙のない不毛発言。

資料が配られることは会議ではあまりない。
そもそも会議は突然やるものだ。
つまりアズナブルの気分で始まるもの。
だから議題なんか誰も知らないケースが多い。
つまり資料が用意される筈がないのだ。
しかし、この日は配られた。

もっとみる

アイデアの出し方はわかった。アイデアを作るための資料が足りない。

目標共有会議資料

毎週・毎月確認して、目標を共有して行動を明確化するのに使用していた会議資料です。

もっとみる
You made my day!!嬉しいです♪
2

集客推移データ

見通しと目標は異なります。目標を設定するためには、まず見通しをたてないといけないです。その見通しを作成するために、過去の分析をします。そんなことをした資料です。

もっとみる
よっしゃー!がんばる!ありがとう!