SPACE SHIP PEQUOD CREW

想像してみよう。遠くの世界のことを。🌌NASA勤務の小野雅裕さん読者コミュニティPEQ…

SPACE SHIP PEQUOD CREW

想像してみよう。遠くの世界のことを。🌌NASA勤務の小野雅裕さん読者コミュニティPEQUODの有志で立ち上げた宇宙メルマガTHE VOYAGEの編集部が運営するnote📒配信された記事のバックナンバーと、2024年からはnoteでタイムリーに記事を公開中!フォローお願いします☆

マガジン

  • THE VOYAGE 2024・掲載記事

    宇宙メルマガTHE VOYAGE 2024掲載記事

  • 宇宙とは何か

    宇宙論の研究者、松原隆彦教授がユーモアあふれる語り口でお送りする講義シリーズ。科学者もなかなか答えられない「そもそも宇宙とは何なのか」をいろいろな切り口から検討していきます。 ※先生の著書『宇宙とは何か』(SB新書)を元にしています。 松原隆彦 1966年、長野県生まれ。高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所(KEK素核研)教授。博士(理学)。京都大学理学部卒業。広島大学大学院博士課程修了。東京大学、ジョンズホプキンス大学、名古屋大学などを経て現職。専門は宇宙論。日本天文学会第17回林忠四郎賞受賞。著書多数。

  • エイハブの六分儀

    コスモプラネタリウム渋谷の現役解説員 西香織さんがお届けする星空案内のコーナー☆宇宙メルマガTHE VOYAGE創刊当初からメルマガでのみお届けしてきた人気のコーナーでしたが、これからはnoteでもお楽しみ頂けることとなりました!! ぜひ、夜空を見上げて宇宙に想いを馳せる時間のおともにしてみてください☆

  • ギャラリー・ピークオッド 〜切り絵〜

    ミツマチヨシコさんによる切り絵のコーナー。宇宙船PEQUOD号の船内を彩る作品を、宇宙メルマガTHE VOYAGEにて毎号公開頂いています。 細かな切り絵作品の中に、壮大な宇宙を想像することができるミツマチさんの感性に触れてみてください。 ミツマチヨシコ 2002年から活動中の切り絵作家。水彩、漫画、動画なども作る。 作風はノスタルジック。ファンタジーとバンプオブチキンをこよなく愛している。 内なる宇宙をこの世界に持ち出し、未知なる外宇宙に思いをはせる日々。

  • THE VOYAGE 2023・掲載記事

    • 63本

    宇宙メルマガTHE VOYAGE 2023掲載記事

最近の記事

宇宙とは何か vol.06「膨張とホライズン」松原隆彦

高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所(KEK素核研)で宇宙論の研究にあたる松原隆彦教授による、「宇宙とは何か」の講義をお届けします。今回は第6回。学校では「光速より速いものはない」と習いましたが、なんと光よりも速いものがあるそうです。その正体とは? ※この原稿は、2024年1月7日発売の『宇宙とは何か』(松原隆彦/SB新書)を元に抜粋しています。 そこから先は見えない「ホライズン」さて、宇宙は無限なのか。どんな形をしているのか。 今回はこの問題について考えてみ

    • 宇宙とは何か vol.05「相対性理論」松原隆彦

      高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所(KEK素核研)で宇宙論の研究にあたる松原隆彦教授による、「宇宙とは何か」の講義をお届けします。今回は第5回。前回までは天動説から地動説へと通説が移り変わる宇宙観の歴史を見てきました。今回、いよいよアインシュタインが登場します。かの有名な「相対性理論」の話です。 ※この原稿は、2024年1月7日発売の『宇宙とは何か』(松原隆彦/SB新書)を元に抜粋しています。続きをすぐに読みたい方は、ぜひ書籍をご購入ください。 また、宇宙にまつ

      • 宇宙とは何か vol.04「夜空が暗い理由」松原隆彦

        高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所(KEK素核研)で宇宙論の研究にあたる松原隆彦教授による、「宇宙とは何か」の講義をお届けします。今回は第4回。前回までは天動説から地動説へと通説が移り変わる宇宙観の歴史を見てきました。さて、古の人たちは、そして今も私たちは、何度も夜空を見上げるなかでそうした見識を得てきました。今回は、そんな「夜空」の話をしていきましょう。 ※この原稿は、2024年1月7日発売の『宇宙とは何か』(松原隆彦/SB新書)を元に抜粋しています。続きをす

        • エイハブの六分儀

          【今月の星空案内】 新年のご挨拶をするには遅すぎるタイミングとなりましたが、今年は2月10日(土)が新月で旧暦の1月1日にあたる旧正月ですので、まだ大丈夫…とうに明けてまして、おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします!皆さまが健やかで平和に過ごせますようにお祈りいたします。 大寒を過ぎて日も長くなってきたこの頃、宵時に南の空高く昇るのが冬の星座たちです。西よりに木星も輝いているので、かなりにぎやかですね。 夜の8時前後、体を南に向けて空を仰いでみると、正面

        宇宙とは何か vol.06「膨張とホライズン」松原隆彦

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • THE VOYAGE 2024・掲載記事
          SPACE SHIP PEQUOD CREW
        • 宇宙とは何か
          SPACE SHIP PEQUOD CREW
        • エイハブの六分儀
          SPACE SHIP PEQUOD CREW
        • ギャラリー・ピークオッド 〜切り絵〜
          SPACE SHIP PEQUOD CREW
        • THE VOYAGE 2023・掲載記事
          SPACE SHIP PEQUOD CREW 他
        • スターバックの本棚
          SPACE SHIP PEQUOD CREW

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          宇宙とは何か vol.03「地動説の証拠」松原隆彦

          高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所(KEK素核研)で宇宙論の研究にあたる松原隆彦教授による、「宇宙とは何か」の講義をお届けします。今回で第3回。天動説から地動説へと宇宙観が移り変わっていく歴史を見た第2回に引き続いての内容です。地動説が次第に支持されていく流れを見ていきます。 ※この原稿は、2024年1月7日発売の『宇宙とは何か』(松原隆彦/SB新書)を元に抜粋しています。続きをすぐに読みたい方は、ぜひ書籍をご購入ください。 また、宇宙にまつわる疑問について、松

          宇宙とは何か vol.03「地動説の証拠」松原隆彦

          宇宙とは何か vol.02「天動説と地動説」松原隆彦

          高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所(KEK素核研)で宇宙論の研究にあたる松原隆彦教授による、「宇宙とは何か」の講義をお届けします。今回は記念すべき第2回。宇宙の正しい姿を知りたいという人間の知的好奇心により、天動説から地動説へと移り変わる過程を見ていきます。 ※この原稿は、2024年1月7日発売の『宇宙とは何か』(松原隆彦/SB新書)を元に抜粋しています。続きをすぐに読みたい方は、ぜひ書籍をご購入ください。 また、宇宙にまつわる疑問について、松原先生が読者の皆さ

          宇宙とは何か vol.02「天動説と地動説」松原隆彦

          ピークオッド通信

          大阪経済大学 中小企業・経営研究所 第2回 宇宙経済ユニット講演会「月面開発へ中小企業が参加するための戦略」Zoom講演会開催 アルテミス計画による有人探査の再開や、月の氷資源開発への期待から、現在、世界の国々や民間企業が、次々と月探査・開発に参入してきています。宇宙探査に関連する情勢はここ数年の間にも急激な変化を続けており、中小企業が参加する絶好の機会が訪れています。この月探査・開発ブームの波はなぜ始まっていつまで続くのか、波に中小企業が乗る方法はあるのか、乗ってどんなメ

          ピークオッド通信

          小型月着陸実証機「SLIM」-ミツマチヨシコ

          あけましておめでとうございます。(そういうには少し時間が空いておりますが…) 元日は皆さんどう過ごされたでしょうか。私は羽田空港で例年のように初日の出を見ておりました。毎日太陽は当たり前に上ってくるのに、初日の出は普段より神聖な気持ちになるのが不思議です。 この記事を書いている1月19日現在、SLIMが月面着陸を間近に控えています。このミッションでは小型軽量機での月面着陸を成功させられるか注目が集まっています。 これが成功すると、重力を持つ天体にピンポイントで着陸できるよ

          小型月着陸実証機「SLIM」-ミツマチヨシコ

          宇宙とは何か vol.01「地球平面説」松原隆彦

          高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所(KEK素核研)で宇宙論の研究にあたる松原隆彦教授による、「宇宙とは何か」の講義をお届けします。今回は記念すべき第1回。かつて信じられていた地球平面説についてです。 ※この原稿は、2024年1月7日発売の『宇宙とは何か』(松原隆彦/SB新書)を元に抜粋しています。続きをすぐに読みたい方は、ぜひ書籍をご購入ください。 また、宇宙にまつわる疑問について、松原先生が読者の皆さんからの質問にお答えいただく質問会も開催いたします! 下記の

          宇宙とは何か vol.01「地球平面説」松原隆彦

          編集部からのご挨拶-編集長 梅崎薫

          重大発表!!新たな航海への船出 2023年も残すところあとわずか…12月号からは、メルマガでのみこれまでお届けしてきた編集部からのご挨拶と、『ピークオッド通信』もnoteに掲載する形になりました。 5周年を迎えた宇宙メルマガTHE VOYAGEは、これまでも新しい企画を立ち上げるなど、少しずつ変化してきました。 突然のお知らせとはなりますが、新春1月からはこれまでのメルマガ配信からnoteへと全面移行し、5年半続けてきたメルマガの配信を終了させていただきます。 とはいえ

          編集部からのご挨拶-編集長 梅崎薫

          宇宙とは何か vol.00「はじめに」松原隆彦

          高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所(KEK素核研)で宇宙論の研究にあたる松原隆彦教授による、「宇宙とは何か」の講義をお届けする連載が新春1月から新たなマガジンでスタートします。 この連載は、2024年1月7日発売の『宇宙とは何か』(松原隆彦/SB新書)を元に抜粋する予定です。今回は発売に先駆けて、vol.00と題し、書籍から「はじめに」を公開します。 続きをすぐに読みたい方は、ぜひ書籍をご購入ください。また、宇宙にまつわる疑問について、松原先生が読者の皆さんか

          宇宙とは何か vol.00「はじめに」松原隆彦

          ピークオッド通信

          松原隆彦『宇宙とは何か』(SB新書)2023年1月7日発売! つくばにある高エネルギー加速器研究機構で宇宙論を研究する松原隆彦教授(観測的宇宙論の研究により世界的な銀河サーベイ観測などに貢献)が執筆した一般書。 先生いわく「ド直球タイトル書籍」。あらゆる宇宙の謎に先立つ、「宇宙とは何か」というそもそもの疑問から出発し、宇宙像の歴史、宇宙生成、量子論、マルチバースなどを講義形式で分かりやすく解説しています。 宇宙論の基礎知識・最新情報だけでなく、その語りぶりから物理学者ら

          ピークオッド通信

          【スターバックの本棚】「クリスマス マーケット ちいさなクロのおはなし」降矢なな 文・絵 福音館書店    隆祥館書店 二村知子

          スロヴァキア在住の絵本作家、降矢ななさんが描かれた  「クリスマス マーケット ちいさなクロのおはなし」 表紙からとてもかわいい クリスマスマーケットでのおはなしです。 12月、街にクリスマスマーケットがたちました。朝、焼き栗売りのおばさんが店を開けていると、ツリーのほうからなきごえがします。そこにいたのは子犬でした。 かわいい、まっくろな子犬 なんともかわいい描き方です。 クロと名づけられた子犬は、マーケットでみんなの人気者になります。 でも、みんな、おうちに連

          【スターバックの本棚】「クリスマス マーケット ちいさなクロのおはなし」降矢なな 文・絵 福音館書店    隆祥館書店 二村知子

          12月:星とハーブのステンドグラス‐ミツマチヨシコ

          今月は、プラネタリウム100周年記念の制作物がネタ切れのため、別の新作を。 昔の人は、作物は育たないのに雑草が育つのを不思議に思い、星の力が植物を育てているのだ、と考えたといいます。 そこでハーブが惑星や星々の力で育ちやすい時期や育ちにくい時期があると考え、占星術と合わせて効能を使っていたという話を聞いて、我々が信じている科学とは別の、その時代にあっての合理的な考えだったんだなと非常に面白く思って以来、占星術と薬効を掛け合わせてアロマを使う、という分野に興味を持っています。

          12月:星とハーブのステンドグラス‐ミツマチヨシコ

          エイハブの六分儀-2023.12月号 西 香織

          【今月の星空案内】 何といっても、木星の存在感が際立っていますね。しばらくは、夜の絶対王者の地位を譲る気配はありません。木星は、明け方の東に昇る明けの明星である金星に次いで二番目に明るい星です。真夜中の明星とか夜半の明星と呼ばれます。惑星ですから、輝くエリアを変えていってこの時期、木星はおひつじ座のエリアにお邪魔していますので、自分の星座だという方はチャンスです。おひつじ座は淡い星ばかりで、普段は見つけにくい星座ですから。古代ギリシャのテッサリアという国の、フリクスス、とい

          エイハブの六分儀-2023.12月号 西 香織

          待つ

          5年前にこんなツイートをした。 このどれが一番最初に実現したか。もちろん、皆さんはご存知だろう。 実に38年。待った。途方もなく、待った。次の図を見てほしい。 高校生だったYoshikiとToshiがXを結成した1982年に、僕は生まれた。1985年にバース、掛布、岡田の超強力クリーンアップを擁して日本一に輝いた時、僕は3歳になったばかりだった。残念ながら全く記憶にない。 だが、物心が付いたら僕はすでに阪神ファンだった。君が代よりも先に六甲おろしを覚えた。大阪人だった