動脈硬化

「サッカー」は本当に長生きできるのか?

中高年のサッカー運動は、糖尿病や骨粗しょう症を予防して健康増進効果があることがわかっています。

 それなら「サッカー」をしてると健康で長生きできるのかというそれは逆です。

 サッカーなどを含めて、急加速や方向転換などの多いスポーツ全般に言えるのは「活性酸素」の急増により体の組織を損傷・劣化させ老化と短命傾向。

 適度な運動は健康効果があり、糖尿病や認知症予防、うつ対策にも有効ですが、運動過多

もっとみる
嬉しいです。
2

"マッスル北村"伝説!  「筋トレ」にハマり"39歳で没"

ダイエット手法のメインとしてではなく、サブとしての適度な「筋トレと糖質制限」併用なら、健康効果は抜群ですね。

 でも、幾多の有名・無名のダイエッターが
「筋トレと糖質制限」にハマってしまい"短命一直線"で訃報があいつぎました。

 「筋トレ」にハマってしまうと、強度の高い運動を長時間行ってしまい、「活性酸素」の急増が体組織を攻撃してガンや動脈硬化が頻発。

 また、マッチョになってしまうと、日常

もっとみる
嬉しいです。
3

「エイリアン脂肪」で "突然死10万人" の衝撃!

「突然死」
 なんと年間で「約10万人」もが、動脈硬化(心筋梗塞、心不全、脳梗塞、脳出血など)等でポックリ死(汗)

 突然死の場面として多いのが
「入浴時、睡眠中、排便中」

 その突然死の主原因といわれているのが「エイリアン脂肪」といわれる「局所性脂肪」です。

 食べたあと、余った中性脂肪などは
「皮下脂肪⇒ 内臓脂肪⇒ 局所性脂肪」
 の順番で体内に蓄えられます。
 脂肪の備蓄場所の少ない

もっとみる
嬉しいです。
1

遺伝子検査で自分の遺伝子を分析して人生の可能性を広げてみよう!

どうもKANTAです。

今回は遺伝子検査で自分の遺伝子を分析して
人生の可能性を広げるお話をしたいと思います。

あなたは自分の遺伝子を考えたことがありますか?

少なくとも一度は考えたことがあると思います。

多分、ネガティブのほうに考えてる人が多いと思います。

シンプルに言うと「劣等感」ですね。

顔がブザイクだから・・・

才能がないから・・・

胸が小さいから・・・

頭が悪いから・・

もっとみる

【チョコ】カカオポリフェノール効果

・血管内皮機能改善による血圧低下
・糖や脂質の代謝改善

→糖尿病や動脈硬化の発症が遅延
さらに心疾患や脳卒中の発症遅延へと期待できる

高カカオで低GIの商品を選ぶと良いでしょう

(・∀・)イイネ!!
2

加齢と太ももちゃん カラダの使い方のDNA

昨年、84歳になる母が脚の付け根の血管が詰まって手術をした。

いわゆる『動脈硬化』というものなのだそうだ。
自分と親が年をとると、生命保険に加入するときなどに多用されてる病名のちゃんとした意味が実体験を伴ってわかるようになってくるなぁとしみじみ。

母が受けたのは『カテーテル治療』といって、細い管を反対側の足の付け根の動脈から入れていき、患部あたりで管の先に付いた風船のようなものを膨らまして詰ま

もっとみる
merry xmas 🎅🎄
3

「体温上昇」で"万病"予防 (ガン、動脈硬化、認知症)

私の健康長寿ダイエットの胆は
①腸内フローラの改善(整腸・快便)による高免疫力の獲得
②血液サラサラ(アルカリ性)によるガン、動脈硬化、認知症の予防
③体温上昇と、血行促進による体の若返り

 低体温は、肥満、不眠、便秘、むくみ、生理痛などの原因。調査では、アトピー患者は低体温気味です。

 免疫力が正常に保たれる体温は「36.5℃」。現代人は、これより低体温ですね。
 現代人は、低体温の人(体温

もっとみる
やった~
10

腰や足が痛くなる「間欠跛行」は"死への入り口"

「間欠跛行」とは、長く歩くと腰痛や脚のしびれ・痛みなどの症状が強くなって歩けなくなり、少し休むと回復して、再び歩けるようになるものです。
 主に60代以上の高齢になると発症しやすくなります。

 間欠跛行の原因となるのは二つの病気
①末梢動脈疾患(手足、特に下肢の動脈硬化)
②脊柱管狭窄

 中でも、「末梢動脈疾患」は命にかかわる重病です。

 末梢動脈疾患(PAD)とは足の血管に動脈硬化が起こり

もっとみる

MRI検査を受けました

仰向けで横に寝ることができる。

そんな当たり前に思えることが今までできず苦労しました。

今日は15分間横に寝ることに耐えられました。やりきった感を感じます。

8月に #動脈硬化 がみつかり #冠動脈バイパス手術 をしました。

その手術の退院後、足が思うように動かなくなってしまい9月中旬に痛みがひどくなったので10月2日に国際親善の整形外科を受診しました。

そこでMRI検査を受けることに

もっとみる

⑥2019.10.31 母、動脈硬化だってよ

母が胸が痛い時があると言い、受診した地元の病院の循環器内科でまずCTを取った。

動脈硬化が進んでおり、心臓近くの冠動脈が一部細くなっている箇所があるので、状態を見るためにカテーテル検査が必要とのこと。
この時診察してくれたのは副院長先生。

そして、10月中旬に検査入院をしてきた。
2泊3日の検査入院でカテーテル検査をした結果、やはり血管が細くなっている部分からいずれ詰まることが考えられるのでス

もっとみる