【お知らせ】Kindleストア「夏のKindleフェア」にて、コルク作品を販売中です。(8.20まで)

8/20(木)まで開催のKIndleストア「夏のKindleフェア」にて、コルク作品を50%以上割引で販売しています。

対象作品を以下にまとめました。ぜひこの機会にお楽しみください。

■マンガ

安野モヨコ作品

対象作品:
『オチビサン 』(1〜9巻)
『新装版ジェリーインザメリィゴーラウンド』(1〜3巻)
『ツンドラブルーアイス』
『バッファロー5人娘』(通常版/オールカラー版)

うめ作

もっとみる

正しいワインの始め方6

キャリア20年のソムリエが友達に話していた、自然にワインに親しめる5つの話 その5

雑学編 「コルクのお話」 5つの話の最終回

最近ではペットボトルのワインも出始めていて、ワインのスクリューキャップは普通になってきました。オーストラリアやニュージーランドでは当たり前でほぼ全てがスクリューキャップになっています。

コルクはあの形で木の実のようにぶら下がっていいるわけではありません。木の皮なんで

もっとみる
ありがとうございます! 嬉しいです!!
5

すきのおすそわけ

誰でも彼でも知っている訳では決してなく、そのまま殆どの著名な方々を私は知らないのだと思います。
が、大前提なのですが、
それでも尚、耳に(目に)飛び込んで来てしまうほどに関心が高まる方々っていますよね。

そのお一人なのですが、人間の考えや感情を誰よりも深掘りし、それをニュートラルな視点というべきか、"ちゃんとした"結論を出していて、私の先をゆく忖度なしに尊敬する方です。

私が、「あれ?人間って

もっとみる
わたしも大好きーー😘 やったね❣️今日一日最高の日だよ
3

○今日は 佐渡島庸平 先生のお誕生日です おめでとうございます 今年は新たな挑戦!成果あり!

※この記事は2019年02月26日に書かれたものです。

佐渡島庸平○WE ARE LONELY, BUT NOT ALONEの残念無念
■02年(海午)の条件あり天冲殺年に講談社に入社し、
週刊モーニング編集部に所属。
「バガボンド」「ドラゴン桜」「働きマン」「宇宙兄弟」
「モダンタイムス」「16歳の教科書」などの編集を担当。
12年(海辰)の人生の折返し地点の主導DNA支合月(09月/畑酉)の

もっとみる
○とてもありがとうございます♪この機会に自己修正しませんか?
3

収集癖。

写真は、ワインのコルクを集めたもの。私は、おそらく、ここ10年くらい、飲んだワインのコルクを集めている。

時々、レストランなどで、ワインのコルクを、お店のデコレーションに使ったり、箸置きに使ったりしているのを見ることがある。でも、私には、これらのコルクを使うための特段の目的がある訳ではない。単に、集めて保管して、数が増えていくのを眺めて、ニヤニヤしながら、楽しい気分に浸るのだ。

私は、ひとりの

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます!
93

天然のコルク

古くて、劣化したコルクはバラバラに

長い時を超えてようやくお酒として振る舞われます。
砕け方が儚くも、美しいと思ってしまいました。

RealeCantina×Pepe Rosso ソムリエ藤本智ワインセレクション
http://www.reale.shop/cheering/peperosso/

Ristorante regionale italiano a IKENOUE a Tokyo

もっとみる

失敗すら楽しいおあそび

100円均一にあるコルク粘土を買った。

元々はオーブン陶芸をやるための試作をするのに必要な粘土を買うつもりだった。

デザインや形などを考えるために何度でもやり直せる粘土があればいいと思ったので、よくある子供用の粘土を買いに行ったのだが、「コルク粘土」のパッケージに目を取られ、思わず2パック買ってしまった。

紙粘土と同様に、乾燥して固まるとコルクになるらしい。なので、薄く伸ばして固めればコルク

もっとみる
*Thank you for reading*
30

2ショット

コルクの佐渡島さん、カットに来てくれました。

佐渡島さんね、すごい人なんですよ。
ホントに。

コルクラボに入って、すでに色んな縁に感謝します。

以前お世話になってたサロンで店長してる時に、佐渡島さんの出てた「プロフェッショナル仕事の流儀」を新人教育の時にそのまま流してたからな(笑)

どんな職種でも、プロフェッショナルな
人はやっぱスゴイね。

スゴすぎるね。

負けない様に頑張ろ。

【検証】初めてのソムリエナイフ

こんにちは!ワインLOVERのかおりんです。
たくさんある記事からこちらをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、初めてソムリエナイフの購入を検討した際のポイントとして読んでいただきたい「【検証】初めてのソムリエナイフ」についてお話しします。

そもそもソムリエナイフとは?

ワインの開封時、コルクを抜栓(バッセン)する際に使用する器具のことで、ワインオープナーと呼ばれることもあります。

もっとみる
スキありがとうございます♡ありがとうボトル集めてください♡
4

なぜ自分は切り替えが早いのか、なんとなくわかった日。

うまく行かない日もある。

そりゃそうだ。日々仕事や人間関係やらで、うまく行くことの方が少ないくらいだ。その中でも日々生きてるんだから、みんなエラい。自分エラい。

気持ちを度々切り替えながら、人は生きているのだ。

昨日のnoteにも書いたけど、コミュニケーションなんて伝わって50%なんだから、すれ違いが起きるのは当然。そうすると、相手を怒らせたり、逆に自分がイライラしてしまうことももちろんある

もっとみる
その1クリックが嬉しい!
17