【2022年度版】プロフェッショナルの大原則「人を動かす一人歩きする」資料Before→After 入門編①図解の基本形
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【2022年度版】プロフェッショナルの大原則「人を動かす一人歩きする」資料Before→After 入門編①図解の基本形

※本記事は2019年2月に投稿した記事を2022年版としてブラッシュアップしたものです。3年以上経ちますが、いまだに多くの方に読んでいただいているコンテンツですので、再度ブラッシュアップしてお届けいたします。

_____________________________

こんにちは、Rubatoの松上です。私は「戦略的プレゼン資料作成講座」で、「人を動かす、一人歩きする資料を早く作る」ことを教えています。一般的なプレゼン資料は説明ありきの資料ですが、私が教えているのは、口頭での伝達に頼るのではなく、企画や提案を資料に落として、その資料で伝えるための資料作成です。

 講座では様々な資料作成のスキルをお伝えしてきましたが、「自分が作った資料をどう直したら良いのか分からない」「テクニックは学んだけどどう使えば分からない」という声をよく耳にしました。

 そこで、毎月Rubatoが開催している「戦略的プレゼン資料作成 2日間集中講座」では、第1日目と2回目の講座間に受講者の皆さんにスライドを作成・提出してもらって、2回目の講義までに全受講者のスライドを添削してお戻しています。

 スライドのBefore(添削前)→After(添削後)をみることで、「何がいけないのか」というNGポイント、「どうすればよくなるのか」という改善テクニックの両方を知り、資料作成スキル向上のスピードが上がります。

 「自分が作った資料をどう直したら良いのか分からない」とお悩みの方に少しでもお役に立てればと思い、今まで私が実際に添削したスライドのBefore→Afterをnoteで連載することにしました。

 資料作成スキルをより強化したいという方はAfterのスライドと解説を見る前に、Beforeのスライドだけをみて、自分だったらどのように改善するかを考えてみてください。まずは自分で考えてみることで資料を見る視点が養われ、回数を重ねるごとに資料作成の大原則が身についていきます。

 解説には、私が執筆した新刊『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』の対応する大原則の番号を記載しています。
ぜひ書籍で詳細な解説とPowerPointの操作方法を確認してみてください。


*  *  *

第1回は「一人で行くバー」をお薦めするスライドを添削してみます。

画像1

画像2

×NGポイント

タイトルと内容のつながりがわかりづらく何が言いたいのか分からない

・スライドタイトルとメッセージが合っていない
・メッセージとそれを説明する要素の構造が分かりづらい
・文字が多く、重要なポイントが分かりづらく、読みたくない


画像3


画像4

画像5

◎改善ポイント

メッセージを表示する場所を変え、小見出し、図解、文字強調で見やすく

1. 伝えたいメッセージをT2(タイトルの下)に入れましょう
 「スライドで言いたいこと」を直接相手に伝えたいときに効果的です。
  ▶[大原則028] スライドメッセージは50文字以内で「主張する」

2. 箇条書きを小見出しつきの図解で整理しましょう
 この例では「ストレスフリーで飲める」ことを伝えたいので、
 ストレスフリーで飲める(結果)の理由3つを小見出しにします。
  ▶[大原則080] 箇条書きの弱点を「小見出し」で克服する

3. 「背景型」で図解することで因果関係を示します
 この例では、1つの事象の背景として複数の事柄があるけれども、
 各要素間に時間の流れや因果関係がない場合には、背景型で示すと
 分かりやすくなります。
  ▶[大原則084] 基本図解② 全体を示す「背景型」

4. 文字を強調しましょう
 文字が多いので、読みやすくなるように、文章中の大事な部分の
 文字色をベースカラーに変更し、太字にして、文中の重要なポイントを
 明確にします。
  ▶[大原則100] 図解の文字は「2ステップ」で強調する

5. クリップアートを入れましょう
 図解にクリップアートを入れると、図解の内容が視覚的に表現され、
 その図が何を示しているのか、一目で読み取ることができます。
  ▶[大原則105] 図解の内容を「クリップアート」で視覚化する

いかがでしたでしょうか。ちょっとしたポイントをおさえるだけでスライドは劇的に見やすくなります。ぜひ自分が過去に作った資料を見て、今回解説したポイントをおさえられているか確認してみてください。

沢山の方に、このnoteと私の著書で、「人を動かす、1人歩きする資料を早く作る」ためのプロフェッショナルの資料作成の大原則を習得していただき、皆さんの人生やキャリアに何かしらの変化を生み出し、成長のきっかけとなることを願っています。


*  *  *

【Rubatoの資料作成講座】

※講座一覧はrubatoアカデミアから


【Rubatoの書籍】



【公開中note一覧】
◆Rubato講師×note
1.ロジカルな図解のつくりかた(前編)
2.ロジカルな図解のつくりかた(後編)
3.アウトプット→インプットの話
4.Rubato流「オトナのパワポ正月遊び」
5.ターゲットを絞り、刺さる資料をつくるコツ
6.「かっこいい」デザインと「余白」の話
7.添削からわかる、伝わるパワポ資料3つの特徴~添削 of the Year
8.図解でわかる!新型コロナウイルス予防のコツ
9.外資系コンサルはなぜ資料作成にこだわる?
10.知る人ぞ知るPowerPoint効率化スキル
11.テレワークでのコミュニケーションスキルとは
12.【保存版】グラフを自在に操りたい人必見の書籍9選
13.周りに差がつく!情報収集のコツと独断で選ぶ国内外のウェブ9選
14.ビジネス記事のロジカル図解化3ステップ~設計→MECE→表現~
15.オンライン研修から学ぶ、オンライン打合せの生産性を高める3つの小さな工夫 
16.ゼロからロジカルシンキングを学んだ講師のおすすめ書籍5選!
17.オンライン会議をスムーズにする3種類の1枚資料
18.4つのグラフで予算と実績のギャップを可視化する~ファイナンス(FP&A)実務から~
19.パワポはチャラ書き(下書き)が重要って知っていますか~そのプロセスとコツ~
20.資料の配色でもう迷わない~ブランドイメージを伝える配色のノウハウ
21.論理で「見えていない世界」に気付く ~MECEな切り口(軸)の考え方
22.プロフェッショナル流、マネージャーのための資料作成マネジメント術
23.資料作成講師がMacのパワポを触ってみた~MacとWindowsのパワーポイントの違い~
24.パルテノン神殿解体~外資系コンサルがよく使うメタファー表現~
25.資料が劇的にわかりやすくなる!おすすめピクトグラムサイト7選
26.嫌われないロジカルシンキング~ロジシン馬鹿と言われないために
27.リアル派?リモート派?ワークスタイルを使い分けるには~ミーティングの観点で考える
28.スライド作成のためのパワポ操作の効率化の5つの方針
29.外資系コンサルファームのプレゼン資料(2020年最新版)~各社の特徴を洗い出す
30.5つのビジネス図解を使えばわかる! 話題の『Go Toキャンペーン』を図解してみた
31.図解の第一歩「万能の列挙型」を使いこなす~効果的に見せるポイント
32.資料化(アウトプット)で思考が深まり、仕事の質が上がる理由
33.資料作成の参考になるIR資料を探してみた~事例と探し方
34.外資系コンサルが使うかっこいい表現の紐解き方 ~パーツとレイヤーで分解する
35.オンライン会議が増える今こそ考えるべきフォントの話
36.わかりやすく、見やすい図解表現 3つのポイント~かたまり、そろえる、メリハリ
37.リモートワークで伝わる話し方①~抽象⇔具体の合わせ技
38.think-cellのわかりやすいグラフにPowerPointでどこまで近づけるか
39.コンサル流図解のための3つのメタファー表現(隠喩)~形、位置、大きさ
40.外資系コンサルの画像編集ノウハウを徹底解説 ~パワポでここまでできる!~
41.伝わる!マトリクス図解の三つのポイント~表頭、画像、ピクトグラム42.リモートワークで伝わる話し方②~関係性でストーリーを作る
43.パワーポイント資料作成の学び方~レベルアップの4つのポイント (自主学習編)
44.パワーポイント資料作成の学び方~レベルアップの4つのポイント(講座活用編)
45.パワポ図解のおしゃれな着崩し方 ~図解のズラしによるオシャレな表現方法~
46.目的別!資料作成で使えるお勧めフリー画像サイト10選
47. 重ねる図解で、高まる理解~パワポで使える重ねる技術~
48. コンサル流!インプット→プロセス→アウトプットを意識したPCのフォルダ管理術
48. 外資系コンサルの16:9プレゼン資料集 ~リモートワーク時代の横長スライドライティング術~
49. ウィンドウをキーボードで操る5つのワザ ~効率的な作業環境を素早く作る~
50. 新刊「PowerPoint 暗黙のルール」こぼれ話~小見出し編~ 
51. 仕事ができる人の議事メモの書き方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
記事を気に入っていただけて嬉しいです!
元外資系コンサルタントによる「戦略的プレゼン資料作成講座」by Rubato(ルバート)アカデミア
元外資系コンサルタントをはじめとする講師陣が、論点思考、ロジシン、図解、グラフ等、「人を動かす一人歩きする資料」を作成する講座を提供 https://academia.rubato.co/ 法人研修→https://www.rubato.co/corporate-training