新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

目的別!資料作成で使えるお勧めフリー画像サイト10選

資料作成講座の講師をしております中川です。
前回の記事「外資系コンサルの画像編集ノウハウを徹底解説 ~パワポでここまでできる!~」では、コンサルティングファームが使用する画像の加工方法を解説させていただきましたが、そもそも皆さんは画像素材をどこで探していますか?

お菓子メーカーを例に考えてみると、商品自体の写真や本社ビルの写真、社長の顔写真であれば、会社の中を探せば見つけることができると思います。しかし、幼稚園の遠足の写真、誕生日プレゼントの写真など、イメージやシチュエーションを伝える写真は、会社内にぴったりの素材があるということはまれなのではないでしょうか。
今回は、そんな素材探しに役立つ写真サイトと探し方のコツをご紹介します。


I. 押さえておきたい国内外の画像サイト

それではまずは、写真素材サイトを紹介していきましょう。今回は国内外の素材サイトから本当に使ってもらいたいサイトを厳選してみました。

1. 写真AC
今回紹介するサイトの中では唯一、会員登録が必要ですが、国内最大規模のサイトです。画像数は約220万点と非常に多いため、まずはここから探し始めるという人も多いのではないでしょうか。
無料会員では、検索は1日5回、ダウンロードは1日10点という制限がかかっていますが、それでもブックマークの1番上に入れておいてほしいサイトです。


2. PAKUTASO
「すしぱく」さんが運営管理している国内個人サイトですが、先日サイトオープン10周年を迎えた老舗サイトで、個人がやっているとはとても思えません。すべての写真素材は登録カメラマンが撮影・所有しているオリジナルの写真である点が特徴です。
画像数は4万点弱(2021年7月現在)と企業系サイトに比べて少ないですが、写真ACで検索上限にかかってしまったときには、ぜひこちらも利用してみましょう。


3. GIRLY DROP
女性2人組が運営しているガーリーな写真に特化した国内個人サイトです。
名前の通り、女性が好きそうなカワイイやオシャレが詰まった加工済み素材写真を集めています。ジャンルも「ファッション」「美容」「カフェ」など、女性好みになっているため、そういった素材を探している時には、最初に覗きに来るようにしましょう。


4. .foto project
プロカメラマン撮影の写真、女性モデルの人物写真、料理や食材等のフード写真など、テーマ性のある写真素材を提供している国内サイトです。カテゴリーがしっかり分かれていて、素材を探しやすい点が非常にうれしいです。
また、テーマの中では料理や食材の写真が豊富な点が特徴で、そういった素材を探すことが多い人は、ぜひブックマークしておきましょう。


5. FIND/47
公益社団法人日本観光振興協会が事務局を務める観光予測プラットフォーム推進協議会が運営している国内サイトです。日本各地の自然、歴史的な建造物、地域のお祭や行事などの写真を集めているサイトで、都道府県別の検索ができる点が特徴です。見ているだけでも旅行気分が味わえるので、たまの息抜きに見てみるのもおすすめです。
なお写真利用時には、クリエイティブ・コモンズ【表示4.0国際】ライセンスの表記が必要です。


6. pixabay
画像数は約230万点という非常に多くの画像を検索可能な海外サイトです。海外サイトであるにも関わらず、日本語検索できるため、日本サイトとは雰囲気の異なる画像を探したいときにおすすめです。
写真の他にイラストや3D画像も検索にヒットするため、「よく見ると本物じゃなくて3Dだった!」ということがたまに起きてしまいます。注意をして利用しましょう。

https://pixabay.com/ja/


7. Unsplash
pixabayと同様にオールジャンルの画像素材が揃う海外サイトです。個人的には若干こちらの方がおしゃれな素材が見つかるような気がしており、海外サイトで検索する場合はこのサイトを利用することが多いです。
ちなみになぜかスマホアプリをリリースしており、そちらから検索することも可能です。


8. Foodiesfeed
名前の通り、食材や料理の画像を専門に扱う海外サイトです。.foto projectの海外版という感じですが、外国の料理を探すならこちらで探した方が早く見つかります。
食材の写真の撮り方を見ても、日本のサイトとは雰囲気が全然違っており、見比べてみても面白いと思います。


9. Gratisography
アーティスト兼写真家のRyan McGuireが作った海外サイトで、芸術的でちょっと面白い画像をダウンロードすることができます。個人的には最も好きなサイトではあるのですが、ビジネスにおいてはやや使いにくいかな、という点と思っております。
もし変わった写真素材やインパクトのある写真素材を探しているときは、ぜひ一度覗いてみてください。


10. O-DAN
最後にご紹介するのは素材サイトではなく、素材サイトをまとめて検索ができるサイトです。
40以上の有名サイトを横断的に検索することができる点が特徴で、その中には今回紹介した「pixabay」や「Unsplash」も入っています。とりあえず量を検索したいときには、ぜひ利用してみましょう。


さて、ここまで9+1つの写真サイトを紹介してきました。
とはいえ、どのサイトから調べたら良いかわからない人のために、今回ご紹介したサイトを、画像イメージが頭にあるか、画像の種類は国内系or海外系か、テーマが特殊か、という3点でフローチャートにしてみました。

スライド1

なお画像の種類に関しては、補足をしておきます。
先ほどの画像サイト紹介で、国内系か海外系かをあえて記載しましたが、実は国内系サイトと海外系サイトではダウンロードできる写真の雰囲気が全くことなります。

スライド2

上記は、ビジネスマンとケーキに関して、国内系サイトと海外系サイトで検索をかけたものです。例えばビジネスマンは、国内系サイトではスーツを着ている写真が多いですが、海外系ではノーネクタイのラフな格好なものが多いです。
またケーキに関しても、国内系サイトではシンプルなショートケーキが多いですが、海外系サイトでは派手な見た目のカラフルなケーキが多く検索できます。
国内系サイトと海外系サイトの画像イメージの違いを理解して、検索サイトの選び間違いを防ぎましょう!


II. 写真探しのコツ

それでは、最後に効率的に写真素材を探すための3つのステップを紹介いたします。

スライド3


1. 想像する
画像を探すときに、いきなりGoogle検索をかけ始めるという方は多いのではないでしょうか。しかし効率的には探すためには、まずはどのような画像が必要かイメージを膨らませるようにしましょう。
特に画像を複数枚利用する予定の場合は、それぞれの画像の雰囲気が揃うようにあらかじめすべての画像のイメージを想像するようにしましょう。

2. 選択する
画像のイメージを決めたら、次にすることは検索する画像素材サイトを選択することです。こちらは先ほどのフローチャートを参考に、自分の使うサイトをブックマークしておくと良いでしょう。

3. 検索する
利用するサイトが決まったら、最後に欲しい画像が検索します。画像の検索はあまり具体的に検索しないことがコツです。たとえばビジネスマンの画像を検索したい場合でも、あえて「男」と検索することで、ビジネスマンの素材も含めて他の選択肢を同時に検索することができます。
検索でうまく出てこない場合は、抽象的な単語を利用するなど、適宜調整して検索してみると良いでしょう。


さて、今回は素材探しに役立つ写真サイトと探し方のコツを紹介しました。
資料において、写真素材は相手のイメージを助ける重要な要素です。選び方を間違わないように注意し、うまく活用してみてくださいね。
ちなみに、さきほどの3ステップのスライドは、あえてかっこいい雰囲気を出すために、選んだ画像と小見出しの色の雰囲気を合わせています。
こんなことをするのも画像選びの楽しさなので、皆さんもぜひやってみてください!


* * *

【Rubatoの資料作成講座】

※ストリートアカデミー(ストアカ)のアカウントをお持ちの方はこちらからもお申し込みいただけます。
講座一覧はrubatoアカデミアから

【Rubatoの書籍】

【公開中note一覧】
◆「人を動かす一人歩きする」資料Before→After
第1回 入門編①図解の基本形「一人で行くバー」をお薦めするスライド
第2回 入門編②2つの比較「ストアカ」をお薦めするスライド
第3回 入門編③図解の基本形「コーチングアプリ」をお薦めするスライド
第4回 基礎編①線グラフの基本 企業の変革を促すスライド
第5回 基礎編②スライド構成と図解 新規事業を提案するスライド
第6回 Before→After OBOG版(前編)~霞が関文学編~
第7回 Before→After OBOG版(後編)~霞が関文学編~
番外編 『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』
     Amazon週間売上ランキングのスライド

◆Rubato講師×note
1.ロジカルな図解のつくりかた(前編)
2.ロジカルな図解のつくりかた(後編)
3.アウトプット→インプットの話
4.Rubato流「オトナのパワポ正月遊び」
5.ターゲットを絞り、刺さる資料をつくるコツ
6.「かっこいい」デザインと「余白」の話
7.添削からわかる、伝わるパワポ資料3つの特徴~添削 of the Year
8.図解でわかる!新型コロナウイルス予防のコツ
9.外資系コンサルはなぜ資料作成にこだわる?
10.知る人ぞ知るPowerPoint効率化スキル
11.テレワークでのコミュニケーションスキルとは
12.【保存版】グラフを自在に操りたい人必見の書籍9選
13.周りに差がつく!情報収集のコツと独断で選ぶ国内外のウェブ9選
14.ビジネス記事のロジカル図解化3ステップ~設計→MECE→表現~
15.オンライン研修から学ぶ、オンライン打合せの生産性を高める3つの小さな工夫 
16.ゼロからロジカルシンキングを学んだ講師のおすすめ書籍5選!
17.オンライン会議をスムーズにする3種類の1枚資料
18.4つのグラフで予算と実績のギャップを可視化する~ファイナンス(FP&A)実務から~
19.パワポはチャラ書き(下書き)が重要って知っていますか~そのプロセスとコツ~
20.資料の配色でもう迷わない~ブランドイメージを伝える配色のノウハウ
21.論理で「見えていない世界」に気付く ~MECEな切り口(軸)の考え方
22.プロフェッショナル流、マネージャーのための資料作成マネジメント術
23.資料作成講師がMacのパワポを触ってみた~MacとWindowsのパワーポイントの違い~
24.パルテノン神殿解体~外資系コンサルがよく使うメタファー表現~
25.資料が劇的にわかりやすくなる!おすすめピクトグラムサイト7選
26.嫌われないロジカルシンキング~ロジシン馬鹿と言われないために
27.リアル派?リモート派?ワークスタイルを使い分けるには~ミーティングの観点で考える
28.スライド作成のためのパワポ操作の効率化の5つの方針
29.外資系コンサルファームのプレゼン資料(2020年最新版)~各社の特徴を洗い出す
30.5つのビジネス図解を使えばわかる! 話題の『Go Toキャンペーン』を図解してみた
31.図解の第一歩「万能の列挙型」を使いこなす~効果的に見せるポイント
32.資料化(アウトプット)で思考が深まり、仕事の質が上がる理由
33.資料作成の参考になるIR資料を探してみた~事例と探し方
34.外資系コンサルが使うかっこいい表現の紐解き方 ~パーツとレイヤーで分解する
35.オンライン会議が増える今こそ考えるべきフォントの話
36.わかりやすく、見やすい図解表現 3つのポイント~かたまり、そろえる、メリハリ
37.リモートワークで伝わる話し方①~抽象⇔具体の合わせ技
38.think-cellのわかりやすいグラフにPowerPointでどこまで近づけるか
39.コンサル流図解のための3つのメタファー表現(隠喩)~形、位置、大きさ
40.外資系コンサルの画像編集ノウハウを徹底解説 ~パワポでここまでできる!~
41.伝わる!マトリクス図解の三つのポイント~表頭、画像、ピクトグラム42.リモートワークで伝わる話し方②~関係性でストーリーを作る
43.パワーポイント資料作成の学び方~レベルアップの4つのポイント (自主学習編)
44.パワーポイント資料作成の学び方~レベルアップの4つのポイント(講座活用編)
45.パワポ図解のおしゃれな着崩し方 ~図解のズラしによるオシャレな表現方法~

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
記事を気に入っていただけて嬉しいです!
元外資系コンサルタントをはじめとする講師陣が、論点思考、ロジシン、図解、グラフ等、「人を動かす一人歩きする資料」を作成する講座を提供 https://academia.rubato.co/ 法人研修→https://www.rubato.co/corporate-training