新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

パワポ図解のおしゃれな着崩し方~図解のズラしによるオシャレな表現方法~

1. はじめに

ルバートで資料作成講座の講師をしている渡邉です。今回のnoteでは、大人のおしゃれな図解の着崩し方について記していこうと思います。
スーツやジャケットを使った服装の着崩しと同様に、図解の着崩しに関しても、まず基本を理解すること、基本を大事にすることが大事です。詳しくは同じくルバートで講師をしている丸尾さんの記事『わかりやすく、見やすい図解表現 3つのポイント~かたまり、そろえる、メリハリ』をご覧いただければと思います。


2.図解表現の基本

(1)位置揃え
今回わたくしの方からは、昔の先輩から「揃ってねーと、素人くせーんだよ」と言われたことで鮮明に記憶している「図解の上下位置や距離間を揃える」ことを挙げておきたいと思います。みなさん、「図解の位置は揃える」ことは必ず覚えておきましょう。

スライド1


(2)図解の強調方法
おしゃれな図解の着崩しに移る前に、もう一点述べておきたいのが「図解の強調方法」です。図解の強調方法には、「文字」「図解」「範囲」の3つがあります。「文字強調」は強調したい文字を、太字やアクセントカラーで強調をします。「図解強調」は図解の小見出しをアクセントカラーで塗りつぶし強調をします。最後に「範囲強調」は対象となる範囲の背面に、背景色の図解を配置することで強調をします。それぞれの強調方法をひとつひとつ使うだけでも強調はできますが、実務ではこの3つを組み合わせることが多いです。

スライド2


3.おしゃれな図解の着崩し方

拙稿『パルテノン神殿~外資系コンサルが使うメタファー表現~』でも紹介させていただきましたが、われらがAndrew Abela大先生の書籍「Encyclopedia of Slide Layouts」を眺めていて、これはおしゃれだな~と思ったのが下記の図解です。右側のマトリクスの図解を見て「オシャレだなー」と思いませんか(笑)?上記では「図解は揃えることが基本のキ」と述べましたが、あえて「図解をズラして強調をしています」、言わば「ズラす強調」です。

スライド3

あくまでも、管見によればという注釈は尽きますが、図解をズラした強調方法は2つあると思います。まず、「図解の一部を抜き出すズラし」、続いて「図解を回転させるズラし」です。「図解の一部を抜き出すズラし」は上記のように、図解の一部を抜き出して、あえて揃えない箇所へと配置し強調をする方法です。次に、「図解を回転させるズラし」は対象となる図解を少し回転させることで強調をする方法です。下図でいうと、PDCAのフローで、Pの計画は順調ですが、Dの実行で異なる方法に向かい、Cのチェックで方向性を元に戻し、Aの実行で計画段階の方向に戻るといったような感じです。

スライド4

よくある図解例としては、下図のような天秤のメタファーです。左の図解は収支バランスが均等な状態を表していますが、右の図のように、図解を回転させることで、収入<支出でバランスを崩している様子を表現できるようになりました。

スライド5

いかがでしょうか?基本を守りつつ、少しアクセントをつけることでオシャレな図解となると思いませんか(笑)?理論を知ったら、実際作りたくなりませんか?ぜひとも、『操作の技術(図解編)』、『操作の技術(応用編)』へのご受講をお待ちしております。


* * *

【Rubatoの資料作成講座】

※ストリートアカデミー(ストアカ)のアカウントをお持ちの方はこちらからもお申し込みいただけます。
講座一覧はrubatoアカデミアから

【Rubatoの書籍】

【公開中note一覧】
◆「人を動かす一人歩きする」資料Before→After
第1回 入門編①図解の基本形「一人で行くバー」をお薦めするスライド
第2回 入門編②2つの比較「ストアカ」をお薦めするスライド
第3回 入門編③図解の基本形「コーチングアプリ」をお薦めするスライド
第4回 基礎編①線グラフの基本 企業の変革を促すスライド
第5回 基礎編②スライド構成と図解 新規事業を提案するスライド
第6回 Before→After OBOG版(前編)~霞が関文学編~
第7回 Before→After OBOG版(後編)~霞が関文学編~
番外編 『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』
     Amazon週間売上ランキングのスライド

◆Rubato講師×note
1.ロジカルな図解のつくりかた(前編)
2.ロジカルな図解のつくりかた(後編)
3.アウトプット→インプットの話
4.Rubato流「オトナのパワポ正月遊び」
5.ターゲットを絞り、刺さる資料をつくるコツ
6.「かっこいい」デザインと「余白」の話
7.添削からわかる、伝わるパワポ資料3つの特徴~添削 of the Year
8.図解でわかる!新型コロナウイルス予防のコツ
9.外資系コンサルはなぜ資料作成にこだわる?
10.知る人ぞ知るPowerPoint効率化スキル
11.テレワークでのコミュニケーションスキルとは
12.【保存版】グラフを自在に操りたい人必見の書籍9選
13.周りに差がつく!情報収集のコツと独断で選ぶ国内外のウェブ9選
14.ビジネス記事のロジカル図解化3ステップ~設計→MECE→表現~
15.オンライン研修から学ぶ、オンライン打合せの生産性を高める3つの小さな工夫 
16.ゼロからロジカルシンキングを学んだ講師のおすすめ書籍5選!
17.オンライン会議をスムーズにする3種類の1枚資料
18.4つのグラフで予算と実績のギャップを可視化する~ファイナンス(FP&A)実務から~
19.パワポはチャラ書き(下書き)が重要って知っていますか~そのプロセスとコツ~
20.資料の配色でもう迷わない~ブランドイメージを伝える配色のノウハウ
21.論理で「見えていない世界」に気付く ~MECEな切り口(軸)の考え方
22.プロフェッショナル流、マネージャーのための資料作成マネジメント術
23.資料作成講師がMacのパワポを触ってみた~MacとWindowsのパワーポイントの違い~
24.パルテノン神殿解体~外資系コンサルがよく使うメタファー表現~
25.資料が劇的にわかりやすくなる!おすすめピクトグラムサイト7選
26.嫌われないロジカルシンキング~ロジシン馬鹿と言われないために
27.リアル派?リモート派?ワークスタイルを使い分けるには~ミーティングの観点で考える
28.スライド作成のためのパワポ操作の効率化の5つの方針
29.外資系コンサルファームのプレゼン資料(2020年最新版)~各社の特徴を洗い出す
30.5つのビジネス図解を使えばわかる! 話題の『Go Toキャンペーン』を図解してみた
31.図解の第一歩「万能の列挙型」を使いこなす~効果的に見せるポイント
32.資料化(アウトプット)で思考が深まり、仕事の質が上がる理由
33.資料作成の参考になるIR資料を探してみた~事例と探し方
34.外資系コンサルが使うかっこいい表現の紐解き方 ~パーツとレイヤーで分解する
35.オンライン会議が増える今こそ考えるべきフォントの話
36.わかりやすく、見やすい図解表現 3つのポイント~かたまり、そろえる、メリハリ
37.リモートワークで伝わる話し方①~抽象⇔具体の合わせ技
38.think-cellのわかりやすいグラフにPowerPointでどこまで近づけるか
39.コンサル流図解のための3つのメタファー表現(隠喩)~形、位置、大きさ
40.外資系コンサルの画像編集ノウハウを徹底解説 ~パワポでここまでできる!~
41.伝わる!マトリクス図解の三つのポイント~表頭、画像、ピクトグラム42.リモートワークで伝わる話し方②~関係性でストーリーを作る
43.パワーポイント資料作成の学び方~レベルアップの4つのポイント (自主学習編)
44.パワーポイント資料作成の学び方~レベルアップの4つのポイント(講座活用編)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
記事を気に入っていただけて嬉しいです!
元外資系コンサルタントをはじめとする講師陣が、論点思考、ロジシン、図解、グラフ等、「人を動かす一人歩きする資料」を作成する講座を提供 https://academia.rubato.co/ 法人研修→https://www.rubato.co/corporate-training