プレゼン資料

+3

MCU映画プレゼン①すごろく一覧作りました。

マーベル映画を今から観たい…観ようかな…と思っている方向けのプレゼンです。 超絶面白いけど、ややこしくて多くて長い。ので(主は)安易に他人におすすめできないマーベル映画。 レールを引いてトロッコを用意して新規さんは乗るだけで良い…みたいな状況を作りたくて…マーベル映画を順番に観るぞ!という方への応援的な意味もこめて すごろく風の一覧を作りました\(^o^)/ フェーズ3までまず作りました。(フェーズ4は今現在進行中なので) マーベル映画はとにかく多いのですが、順番に観ると面

スキ
2
+7

【専門スキル不要】 大企業の総合職サラリーマン会社員が圧倒的に強みとなるおすすめの副業と始め方

はじめに 現代は副業ブームであり、さまざまな副業が紹介されるようになりました。 なので 「副業に挑戦してみよう!」 「現在挑戦しています!」 という方も多いのではないでしょうか。 しかし、いざ自分でもその副業をやろうにも、次のような課題に絶望している人はいませんか? 課題1. スキルがなくてもできるが単純労働なので残業した方が稼げる 課題2. スキルが無いためできない/学ぶ時間がかかる こんな課題があり、なかなか副業をする気も起きない、あるいは続けられないのではな

スキ
4
有料
980
+4

LT(Lightning Talks)の資料を爆速で作った話

昨日、業務委託先の社内イベントの一つであるLT大会に参加しました。 準備期間は一週間程度あったものの、私は己の怠惰さゆえに、前日の夜から準備を始めました。 実際は前日の昼に準備して完成させる予定ではあったのですが、体調を崩して寝込んでしまうという不測の事態に陥りこのような結果となっていまいました。 皆さんはLTの資料、台本はどうやって作っていますか? これといって「型」のようなものって存在するのでしょうか? 私は完全になにも調べずに我流で速度だけ求めて短時間で作成し

スキ
1
+6

ウィンドウをキーボードで操る5つのワザ ~効率的な作業環境を素早く作る~

はじめに資料作成講座の講師の津島です。今回は資料作成に直接関係はありませんが、知っていると便利なWindowsの効率的な操作方法をお伝えします。 日々の仕事の中で、ブラウザやPowerPoint等の複数のアプリケーションを開き、ウィンドウを画面いっぱいに表示したり、ウィンドウを左と右に配置して見比べたりしながら、内容を読み込んだり、資料を作ったりしているかと思います。 その際に、ウィンドウの操作はマウスを使って操作することが多くないでしょうか。実は、PowerPointの

スキ
5
+6

朱に交われば赤くなる ~「朱」を制する者はプレゼンを制す~

本日のお題 朱に交われば赤くなる (しゅにまじわればあかくなる) こちらのことわざの意味は・・・ 人は関わる相手や環境によって、良くも悪くもなるというたとえ。 「朱」とは、黄色みのある赤色のこと。 (出典:「故事ことわざ辞典」) だそうです。 今回はこちらのことわざから「朱」がプレゼン資料の上でどれだけ大活躍するのかを語って行きたいと思います! 誰もが経験済み?朱に交わって赤くなる経験 私は今から約30年前の高校卒業後に、能登半島のド田舎から上京して来ました。

有料
200
+5

【分かりやすい資料の作り方】12_[図]図の構造化

ここからは新しい章、「図の描き方」に入ります。 皆さん、「図」を書くのってセンスが必要と思っていませんか? アートの世界ではそのような事もあるかもしれませんが、ビジネスシーンで資料に描く「図」についてはセンスは必要ありません。 その代わり、分かりやすく描くために【必要なセオリー】があるのです。 この章では、是非知っておいて頂きたいそれらのセオリーについてお話していきます。 1.ビジネス文書において図を描く目的ビジネスにおいては、自分の意図をいかに正確に、そして早く相手

スキ
17

セミナー講演資料作りで泣かないために守った方がいい、たった2つのルール

1.パソコンを閉じるいきなりパワーポイントを開くと時間がかかるもの。 なので、パソコンを閉じます。 そして、紙に手書きで、ストーリを作る。 そのストーリーのどこからどこまでを1スライドに収めるか決める。 ここまで出来て初めて、パソコンを開く。 6割ぐらいの完成度でスライドに反映する。 その過程で、内容を調整する。 最後に「清書」する。 この方が圧倒的に早く作れます。 2.夜に作らない起床後、15時間経つと、脳は酩酊状態になります。 そのため、夜資料ができて

スキ
4
+1

提案資料 業務効率化作戦 ~落とすべき相手は誰か?

ここ近年、提案資料を作成することが多かったが、「ターゲットは誰か?」を考えて資料を作成すると、突き返される可能性が非常に低く、話が早くまとまる事が多かった。 ■ポイントは「最終的にOKを出す相手は誰か」という事 多くの提案相手は相手チームのリーダーや管理職が多いが、最終的にはそこのお金を出す「長」がOKを出さないといけない。 「相手」(相手のリーダー、管理職。以降、”相手”と記述します。)は自分が上長にあげないといけないので「完璧なものを持ってこい」という姿勢で、何度かラリ

スキ
2