馬鹿げた話

髪を切りに行くと、必ずと言っていいほど首に巻かれるアレ。

とても苦手だ。

ひとつはアレを首に巻くことによって、何だか鎖に繋がれた犬になったような気分になってしまうからだ。

髪を切られるのに、どうして束縛感を味あわなければならないのか。

どうして美容師にされるがままの格好をしなければならないのか。

ぼくの偏屈が原因だというのはよくわかっている。みんなそんなことは思わないし、感じもしない。

もっとみる
他の記事も読んでみる??

#0715

ネイリストのnamacoです。

今日の言語化訓練のテーマは、

「オーダーの仕方」です🥺

明日は、ついについに!!!
憧れのネイリストSさんにネイルしてもらう日!

オーダーで迷っているので
頼み方を言語化してみようと思います(笑)

美容室でも、一歩オーダーを間違うと
思ってたのと違う感じになりますよね。。

①やり方がまだ未知のデザインでオーダー
(やり方を間近で見られるチャンス)

もっとみる

1980年代PARISのMODEと日仏比較文化

狂乱のパリ

私が暮らしていた当時のパリは、一種のMODE狂乱期であったと感じる。

いつの時代も言われる事であろうが、かつてと現在とでは大きく感性が異なる情景が垣間見えるのは、私だけではないと思う。

何が違うのかと問われると、深度と哲学という言葉が浮かんでくる。深ければ良いとか、そういう事ではない。時代のマインドと言うべきなのかもしれない。80年代から90年半ばまでのパリは、かつてのパリを現在

もっとみる
素敵な1日を
3

人生をデザインする

-プロローグ-

服装や髪型

表情やしぐさ

人の印象は外見で判断されがちです

中身を見て欲しいと願っても

人は最初に見たものを

強烈に脳内へ植えつけます

ビビビッときたとか

一目惚れとかも

この類かも知れません

第一印象といわれるものを

自分で作り上げることは

人生を楽しくする上で

大切なことです

逆に悪い印象を周りに与えている人生など

楽しくないに決まってます

人に

もっとみる
嬉しくて泣きそうです!
1

元々洋服とかロゴとかデザインが好きだったから、楽しく日々作品作りに励んでいます◎

手書きロゴの他にも、写真を使ったものだったりと色々と挑戦中です!
もし良かったら、覗いていただけたら嬉しいです!

今回はメンヘラデザイン🔪

https://suzuri.jp/4127/4261784/smartphone-case/iphone7-plus/white

何か伝わっていたら嬉しいです◎
3

面白かった「デザイン」系記事まとめ(2020年7月3週目)

こんにちは、かじさん@旅するWebマスター(@kaji_webmaster)です。

2020年7月3週目に読んだ、個人的に面白かった「デザイン」系の記事をまとめました。

1.グラフィックデザイン、独学のススメ

2.Jクラブのツイートは誰に見られるか? 情報デザインと解釈の話

3.デザインはあなどれない

4.グラフィックデザイナーが手元に置いておきたいデザイン本をジャンル別に24冊選びまし

もっとみる
ありがとうございます!😊今後もお役に立てる記事を配信していきます!
7

Yns's Art Galleryです。

こんにちは。

Yns's Art Gallery です。

アート制作し始めて約2ヶ月目になりました。

日々アート制作していて感じること。

・当初制作しようとしていたものがだんだん制作できるようになった。

・毎日がたのしい。

・アートへの想いがどんどん増してきた。

これからもアート制作していきます。

100個制作したら、動画としても投稿していく予定なのでぜひみてね^^

閲覧いつもあ

もっとみる
ありがとう〜!アート制作頑張ります^^
2

AffinityDesignerのよかったところ

こんにちはメニよりです。web漫画『エポッくん』をもそもそと描いてます。

長年ベクター描画編集ソフト「Adobe Illustrator」を使用していたのですが、先日ついに諸々の事情で「Affinity Designer」に乗り換えました。公式のチュートリアルを一通り終えたので「イイ!」と感じたポイントをゆるっと紹介。

①安い

Affinity Designerは買い切りで6,100円。安ッ

もっとみる
わ~~~い!
3

note限定! 出版予定「デザイン重視の経営術」(仮題)、章を一部公開します!

こんにちは。&D、Cotton’sの尾崎美穂です。2020年秋(予定)に上梓することになりました拙著をご紹介させていただきます。上梓に至った想いと、note限定で、全5章のうち2章を初公開します。

クリエイティブの力がもっと生かされる世界に変える!

記憶を遡ると4歳の時から、とにかくモノづくりが大好きで、表現をすることには、何らかの価値があると信じ続けてきた私ですが。フリーランスでデザイナーや

もっとみる
嬉しすぎ!
4