外資系コンサルの16:9プレゼン資料集 ~リモートワーク時代の横長スライドライティング術~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

外資系コンサルの16:9プレゼン資料集 ~リモートワーク時代の横長スライドライティング術~

0.はじめに

資料作成講座の講師の渡邊です。
コロナ感染症が広まってから1年半以上が経ちました。この間のワークスタイルの変化としては、リモートワークの浸透が一番に上げられるのではないでしょうか?
リモートワークの環境下でスライド作成において変化したこと、変化が見られたことは「スライドサイズ」の変更です。

今回は、対面での打合せを前提としたプレゼンテーション資料(A4サイズ)から画面での投影を主眼においたプレゼンテーション資料(16:9)への進化を、外資系コンサルのアウトプットを通して見ていきたいと思います。

なお、外資系コンサルのサイズ変更に関してはコロナが契機となったか否かは定かではないですが、画面サイズに適した16:9を使用するようになったということで、コロナ禍のリモートワークの環境に適合をしたと理解することとします。

スライド1


 今回ご紹介されていただく資料は下記の通りです。

スライド2


1. 16:9サイズへの適応例

外資系コンサルによるアウトプットの16:9へサイズへの適応例は大きく2つに分けられます。マトリクス型(フロー型×マトリクス型)と(スライドの)分割が適応例に当たります。
今回は実際の例を見つつ、それら2つを解説していきたいと思います。

スライド3


2. マトリクス型(フロー×マトリクス型)

まず、図表-3~5を見てください。
これらはボストンコンサルティンググループとPWC合同会社 ストラテジーグループ(Strategy &)のアウトプットです。図表-3はA4サイズで作成されたもの、図表4-5は16:9サイズで作成されたものです。

スライド4

スライド5

スライド6

A4サイズの資料3と16:9サイズの資料4,5で作成されたマトリクス型での図解を比べてみると、16:9サイズでは、スライドサイズに合わせて列数(横)を多くし、相対的にサイズの小さい行数(縦)を少なくしていることが分かるかと思います。
このように、16:9という横に長いサイズに対して、資料も横を意識したものとなっています。

スライド7


3. (スライドの)分割

続いて横長の16:9サイズへの適応として紹介をしたいのが、資料の分割です。A4サイズでもスライドを分割するような方法で要素を配置する方法がとられていましたが、16:9サイズによって2分割、3分割、4分割のようにスライドを分割する表現方法が増加したように感じます。

(1)2分割
まず、マッキンゼーが2分割を用いている例が図表-7です。
図表-7では、スライドを2つの要素に分けて分割して表現しています。左側の要素を前のスライドからの示唆や根拠を示し、それを受けた解決策が右側に位置するように配置しています(図表-8)。

スライド8

スライド9


続いて、ベイン・アンド・カンパニーの例を示しているのが図表-9となります。
こちらは、グラフを左、右側にグラフから得られる示唆を記載して、2つの要素を同じ大きさで分割しています。

スライド10

スライド11


(2)3分割
続いて、3分割の例です。
図表-11もマッキンゼー社の例ですが、スライドを3つの要素に分け、課題、解決策、さらに今後の検討方向を左から右に流しているように表現しています。

スライド12

スライド13


(3)4分割
最後にストラテジー&が作成した4分割の事例をご紹介しましょう。図表-13では、三つグラフを列挙し、その下に定性コメントを入れ、合計4つの要素を1枚で表現しています。

スライド14

スライド15


4.最後に

今回は紙での出力でなく画面共有を念頭においた16:9での資料作成例を見てきました。外資系コンサルでは、横幅が長くなってしまいがちな16:9のスライドを、列の要素を増やすこととスライドを横に分解することでうまく表現をしていることが分かったかと思います。
 環境が変われば、適合する必要性が生じる、、、。資料作成でも紙から画面共有を念頭においた進化が求められているのかもしれません。今回のnoteによって、A4サイズとの違いを意識して、16:9でのスライドライティングのコツを意識してもらえるようになれば幸いです。




                 * * *

【Rubatoの資料作成講座】

※ストリートアカデミー(ストアカ)のアカウントをお持ちの方はこちらからもお申し込みいただけます。
講座一覧はrubatoアカデミアから

【Rubatoの書籍】

【公開中note一覧】
◆「人を動かす一人歩きする」資料Before→After
第1回 入門編①図解の基本形「一人で行くバー」をお薦めするスライド
第2回 入門編②2つの比較「ストアカ」をお薦めするスライド
第3回 入門編③図解の基本形「コーチングアプリ」をお薦めするスライド
第4回 基礎編①線グラフの基本 企業の変革を促すスライド
第5回 基礎編②スライド構成と図解 新規事業を提案するスライド
第6回 Before→After OBOG版(前編)~霞が関文学編~
第7回 Before→After OBOG版(後編)~霞が関文学編~
番外編 『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』
     Amazon週間売上ランキングのスライド

◆Rubato講師×note
1.ロジカルな図解のつくりかた(前編)
2.ロジカルな図解のつくりかた(後編)
3.アウトプット→インプットの話
4.Rubato流「オトナのパワポ正月遊び」
5.ターゲットを絞り、刺さる資料をつくるコツ
6.「かっこいい」デザインと「余白」の話
7.添削からわかる、伝わるパワポ資料3つの特徴~添削 of the Year
8.図解でわかる!新型コロナウイルス予防のコツ
9.外資系コンサルはなぜ資料作成にこだわる?
10.知る人ぞ知るPowerPoint効率化スキル
11.テレワークでのコミュニケーションスキルとは
12.【保存版】グラフを自在に操りたい人必見の書籍9選
13.周りに差がつく!情報収集のコツと独断で選ぶ国内外のウェブ9選
14.ビジネス記事のロジカル図解化3ステップ~設計→MECE→表現~
15.オンライン研修から学ぶ、オンライン打合せの生産性を高める3つの小さな工夫 
16.ゼロからロジカルシンキングを学んだ講師のおすすめ書籍5選!
17.オンライン会議をスムーズにする3種類の1枚資料
18.4つのグラフで予算と実績のギャップを可視化する~ファイナンス(FP&A)実務から~
19.パワポはチャラ書き(下書き)が重要って知っていますか~そのプロセスとコツ~
20.資料の配色でもう迷わない~ブランドイメージを伝える配色のノウハウ
21.論理で「見えていない世界」に気付く ~MECEな切り口(軸)の考え方
22.プロフェッショナル流、マネージャーのための資料作成マネジメント術
23.資料作成講師がMacのパワポを触ってみた~MacとWindowsのパワーポイントの違い~
24.パルテノン神殿解体~外資系コンサルがよく使うメタファー表現~
25.資料が劇的にわかりやすくなる!おすすめピクトグラムサイト7選
26.嫌われないロジカルシンキング~ロジシン馬鹿と言われないために
27.リアル派?リモート派?ワークスタイルを使い分けるには~ミーティングの観点で考える
28.スライド作成のためのパワポ操作の効率化の5つの方針
29.外資系コンサルファームのプレゼン資料(2020年最新版)~各社の特徴を洗い出す
30.5つのビジネス図解を使えばわかる! 話題の『Go Toキャンペーン』を図解してみた
31.図解の第一歩「万能の列挙型」を使いこなす~効果的に見せるポイント
32.資料化(アウトプット)で思考が深まり、仕事の質が上がる理由
33.資料作成の参考になるIR資料を探してみた~事例と探し方
34.外資系コンサルが使うかっこいい表現の紐解き方 ~パーツとレイヤーで分解する
35.オンライン会議が増える今こそ考えるべきフォントの話
36.わかりやすく、見やすい図解表現 3つのポイント~かたまり、そろえる、メリハリ
37.リモートワークで伝わる話し方①~抽象⇔具体の合わせ技
38.think-cellのわかりやすいグラフにPowerPointでどこまで近づけるか
39.コンサル流図解のための3つのメタファー表現(隠喩)~形、位置、大きさ
40.外資系コンサルの画像編集ノウハウを徹底解説 ~パワポでここまでできる!~
41.伝わる!マトリクス図解の三つのポイント~表頭、画像、ピクトグラム42.リモートワークで伝わる話し方②~関係性でストーリーを作る
43.パワーポイント資料作成の学び方~レベルアップの4つのポイント (自主学習編)
44.パワーポイント資料作成の学び方~レベルアップの4つのポイント(講座活用編)
45.パワポ図解のおしゃれな着崩し方 ~図解のズラしによるオシャレな表現方法~
46.目的別!資料作成で使えるお勧めフリー画像サイト10選
47. 重ねる図解で、高まる理解~パワポで使える重ねる技術~
48. コンサル流!インプット→プロセス→アウトプットを意識したPCのフォルダ管理術

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
記事を気に入っていただけて嬉しいです!
元外資系コンサルタントをはじめとする講師陣が、論点思考、ロジシン、図解、グラフ等、「人を動かす一人歩きする資料」を作成する講座を提供 https://academia.rubato.co/ 法人研修→https://www.rubato.co/corporate-training