PLAYMUSEUM

行きたい展覧会の一覧(終わる順)秋冬編

行きたい展覧会の一覧(終わる順)秋冬編

 新型コロナウィルスの感染者数・重症者数も落ち着いてきており、かつ各美術館・博物館も人数規制をしているところが多いことから、アート鑑賞にお出かけを再開してもよい、と、自分にゴーサインを出しました。全部行くとは言ってない。とゆーかこんなに行けない。なので星の数で優先順位をつけます。 ■刀剣 もののふの心 ★☆☆サントリー美術館 東京都 2021年9月15日(水)〜10月31日(日) ・刀は殺人の武器でありながらいつの頃からか芸術性を帯びるようになりました。しかしその怜悧な白

スキ
10
ファッションのMyルール:「ミッフィー」編
+8

ファッションのMyルール:「ミッフィー」編

おはようございます〜 わたしのファッションMyルールは「郷に入っては郷に従え」で、訪れる場所やシチュエーションの世界観に没入できるようなスタイリングにするのが楽しいのですが。 いつの間にかファッションMyルールについてではなく、単なるアートギャラリー放浪記なっていってます。 今回訪れたのは!今回、というより毎回立川のPLAY! MUSEUM/PARKばかりですが。企画展示 「誕生65周年記念 ミッフィー展」に行ってまいりました~!! 今日はミッフィー展ということで、ミ

スキ
3
ファッションのMyルール:「ぐりとぐら」編
+6

ファッションのMyルール:「ぐりとぐら」編

こんばんは、デジャヴな気もしますが、ちゃお。 ついさっき、アート展におけるMyルールについて綴ったが、懲りずにもう一本。 今回は、ぐりとぐら、の展示について。 立体的で没入型の展示。 溺れてないよ、没入してるだけ。 まじで世界に迷い込んじゃったような錯覚。 今回は、ぐりとぐらの仲間みたいな、少年ぽいスタイリングで。 ちなみにPLAY!MUSEUMはだいたい二部構成で、今回はぐりとぐらの他に、酒井駒子の展示もあった。 ちょっと異なる世界観が並んでるのも、また、魅

スキ
4
ファッションのMyルール:「がまくんとかえるくん」編
+3

ファッションのMyルール:「がまくんとかえるくん」編

こんばんは、ちゃお。 わたしにはMyルールが、あまり、ない。なぜなら、忘れっぽいからだ。こだわりも何もかも、忘れちゃうから。 でもいくつかあるMyルールの内のひとつが、郷に入っては郷に従え、だ。 ただ、従う郷はこちらで選ぶ。好みがはっきりあるタイプ。 従う郷のひとつが、美術館、アート展だ。 芸術作品が並ぶシチュエーションでは、わたしもその一部になれるよう、こちらも華やかでいるようにしてる。 深んだ写真を撮ったときに、わたしもその会場の一部として馴染めるような、世界観に

スキ
1
子どもも大人も惹かれる〜美術館さんぽ〜

子どもも大人も惹かれる〜美術館さんぽ〜

「みみをすますように 酒井駒子展」PLAY!MUSEUM 週明け、何だか気持ちがささくれだって仕方ない。 気分転換しよう。 いっとき、家事(その他もろもろ…)を忘れて好きなことしよう! そんなわけで出かけた先は立川駅。 初めて降りました。 私の住むエリアからは電車1本で繋がってはいるけれど、快速でも約50分。いわゆる小旅行気分。 酒井駒子を知ったのは↑この「よるくま」がきっかけだった。絵本作家展で出会い、そこで一目惚れ、よるくまシリーズ既刊2冊をお買い上げ。

スキ
16
やなぎだ けいこの店 #15「酒井駒子展」

やなぎだ けいこの店 #15「酒井駒子展」

★「やなぎだ けいこの店」では、日々、我が家で選び楽しんでいる絵本や店主が読んだ本・最近おもしろいと思ったもの・こと・美味しいもの・やなぎだけいこレシピ、暮らしの中の発見・・・などなど、をマガジンにまとめ、紹介していけたらと思っています。★ 今日のご紹介は・・・「酒井駒子展」 ただただ、自分が行きたくて仕方ないので、書いています。 酒井駒子展、行きたいなぁ。 「やなぎだけいこの店」でも紹介させていただきました。酒井さんの絵本。 酒井さんの描くこどもたちは、こどもたち

スキ
5
みみをすますように 酒井駒子展

みみをすますように 酒井駒子展

3回目の酒井駒子さんについてです。どれだけ好きかバレる!大好きか! いってきましたよ~。立川のPLAY!MUSEUMで行われている、酒井駒子さんの個展へ。(ちなみに、行ったのは、先週の宣言前です) 【緊急事態宣言が解除されるまでは休業中】 本当に惹きつけられる原画ばかり。それぞれの絵が一枚で作品として成立していて、だけど絵本の世界観があって、共通の空気が流れているけどひとつひとつから思いがあふれてきてるっていう体験がすごく心地よかった。 木の香りと、駒子さんの世界があ

スキ
1
酒井駒子とぐりとぐら

酒井駒子とぐりとぐら

こんにちは。Jの先生/藍澤 誠です。 以下、定額マガジン向けの記事です。 先日、立川のPLAY MUSEUMに行ってきました。ここのミュージアムは本当に素敵で、いつだって私が好きなものを特集してくれるので、自分専用のミュージアムのような気さえします。 美術館前の広場の写真です。ぐりとぐら展と酒井駒子さん展のW開催です。どちらかというと酒井駒子さん目当てなのですが、ぐりとぐらが好きじゃない人なんていないので、もちろん楽しさ倍増です。4月の風が穏やかな、かなり気持よい日でし

スキ
7
有料
100
ぐりぐら ぐりぐら

ぐりぐら ぐりぐら

先日ふたたび、立川のPLAY!ミュージアムへ〜〜 昨日から絵本作家・酒井駒子さんの個展と、ぐりとぐらの展示が始まったので早速行ってきました! 酒井駒子さんの作品を見るのは、(私自身あまり絵本を読まない子どもでもあったので)今日が初めて。 「黒」が潜んでいる絵のタッチが印象的でしたが、その黒には暗さというよりも静けさや穏やかさが潜んでいる感じがしました。 絶対に一番下の(下地の)色は黒なのに、その黒があるからこそ引き立つ優しみのある色合いや表現がたまらなかったです。真似し

スキ
8
#note 美術館へ行こう! #02続編    立川 PLAY!MUSEUM                              ~アーノルド・ローベル展~

#note 美術館へ行こう! #02続編 立川 PLAY!MUSEUM ~アーノルド・ローベル展~

お待たせしました。続編です✒️ がまくんとかえるくんを 知っている方、多いのでは? 昔、 国語の教科書に載っていましたよね。 (今も載っているのかな?) がまんくんとかえるくん。 2人は見た目はまぁ似ているけれど(かえるだし) 中身は全く違います。 右→かえるくん 左←がまくん 『ふたりはともだち』 『ふたりはいっしょ』 『ふたりはいつも』 『ふたりはきょうも』 (著:アーノルド・ローベル、 訳:三木卓、文化出版社) の、四冊で完結していま

スキ
39