ありがとうございます!

芸術はやっぱり爆発だった。岡本太郎記念館の見どころを綴る

「もっと自由でいいじゃないか。みんなが自分の自画像のような、ユニークな鯉のぼりをつくって上げればいい」
——岡本太郎

東京メトロの表参道駅から地上へ向かい、渋谷方面に歩いていく。賑やかな青山通りからハイセンスな骨董通りへ。細い道を左折すると雰囲気は様変わりし、閑静な住宅街に入り込む。

この辺りは美術展や画廊も立ち並び、アートが息づいている。近隣には根津美術館もあるし、ヨックモックミュージアムや

もっとみる
嬉しい!愛してます!
6

そうだ、京都へ行ってみよう(運命の絵を追いかけて)

私が4年前に茨城で日本画家「東山魁夷」に出会い、そして長野まで旅した話の続きがある。

さて、初めての長野までの一人新幹線の旅をした私は、翌年の秋、再び旅をすることになる。

社会人になりたての頃からずっと心に残っている話がある。

女友達と話をしていたときに、「学生と社会人の違いは時間をお金より大事にするかどうかだ」という話をした。

学生の頃は、ちょっと遠くても手数料無料のATMまで行ってお金

もっとみる
ありがとうございます!励みになります🌟
8

鳥人たちの喧嘩を観戦してみた

先日Twitterにて紹介したこちらの作品。頭がツバメ、体が人間の鳥人ですが、その表情はプロ野球・東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター、つば九郎をなぜか思い出してしまいます。

この作品の全体はご覧の通り。歌川芳藤(よしふじ)という絵師による、「廓通色々青楼全盛」という作品です。慶応3年(1867)作。

画像が小さくてちょっと見づらいかもしれませんが、ツバメだけでなく、いろいろな種類の

もっとみる
スキありがとうございます!喜んで踊っています!
99

【ア一ト鑑賞オンライン講座】
5月テ一マ 自然の色彩と光
クロ一ド・モネ
ご自宅から
学芸員のやさしい解説付で
わかりやすく鑑賞できます🌟
⬇️
https://www.street-academy.com/myclass/95887

スキありがとうございます! とてもうれしいです!!

美術館チケット



麻生三郎展

2010.11.9-12.19

東京国立近代美術館

戦中戦後を生きた作家の感情が絵から伝わるのがなんとも…。最後まで見るのは心折れそうだった。生命力が伝わってくる力強さがある。

もっとみる
また見てくださいね!
2

“運動神経”って言葉

5月6日のねもい日常。日常で感じたとりとめもないことを、日記感覚でエッセイに書き留めています。

たぶん僕は運動神経が悪い。

といっても、スポーツそのものが苦手なわけではない。
走ったり飛んだりするのは得意だが、「腰を回して」「左足から右足に体重移動して」というように、頭で考えて体を動かすのがどうにも苦手なのだ。 

絵を描くのも得意だが、人の動きだけどうにも上手く書けない。
まさに頭と体の「神

もっとみる

【建築】村上隆 in アストルップ・ファーンリ現代美術館(レンゾ・ピアノ)

2017年5月、ノルウェーでピーター・ズントー建築巡礼とフィヨルド観光を終えた私は、首都オスロまで戻ってきた。日本への帰国まではまだ数日あるので、このオスロでも建築や美術館を巡ることにしたのだ。

オスロの主要産業は海事・海運業である。以前は造船所や倉庫などの大きな施設もあったようだが、近年、市街に近い地区では再開発が行われ、現代的な商業施設やマンションが立ち並んでいる。
アーケル・ブリッゲはその

もっとみる
ありがとうございます!
7

太陽の森ディマシオ美術館へ

moi〜

本日の木箱は、新冠町にあるディマシオ美術館へ行ってきました。

今回、木箱はこちらの美術館の関連動画の制作に関わらせていただき、その打ち合わせで訪れました。

ディマシオ美術館は、フランス幻想絵画の鬼才として活躍するジェラール・ディマシオ氏(現在はロンドン在住)の貴重な作品が多数展示されており、さらに、世界最大といわれる油彩画があります。

写真を見ていただくとわかる通り、壮大なスケー

もっとみる