2021年5月16日開催のシンポジウム「博物館と市民」に先立ち、意見募集した投稿文紹介

美術館・博物館の展示開催状況を公共財(コモン)として更新・共有したい

はじめに美術館・博物館の展示開催状況について、データを公共財(コモン)として皆で更新・共有できないか?と思い、検討・作成した内容を記載します。

実験的な内容ではありますが、多くの人に賛同・拡散等いただければと思うので、ぜひ読んでいただければ幸いです!

緊急事態宣言の延長を踏まえて
緊急事態宣言の延長を踏まえて、5/12以降も都立の美術館・博物館における各種展示の休止要請が継続される方針となりま

もっとみる
ありがとうございます!
2

博物館などでの文化施設での企画展のパワーアップ講座(5月15日と22日)

5月15日と22日に一般社団法人路上博物館主催の「企画展に新しい人を呼びぶ講座」に登壇します。オールオンラインです。

申し込みは↑から。

路上博物館様といえば↓のような博物館の新しい動きを作っています。この動きにも注目です。博物館だけではなく、舞台芸術・美術館関係の方にも参考になるかと。

今回のテーマは、コロナ禍で、これまで観光資源のとしての博物館!という文化庁・観光庁の動きがあったのに・・

もっとみる
ありがとうございます!
7

ポケモンの博物館!?

ポケモンの博物館が期間限定で開催されることになりました!!

ポケモン大好きなSKとしてはもうメッチャテンションが上がっています!!!!

しかもただの博物館ではないんですよ!
本物の博物館にポケモンのカセキの模型が置かれているんですよ!

博物館には本物の恐竜の化石が展示されているので,
本物の恐竜の化石とその恐竜をモチーフにしたポケモンのカセキ模型が
どのように違うのか,どこが合致しているのか

もっとみる
Danke schön!
14

カーナビリモート中継(2021.5/6、7)

今週はゴールデンウィークでした!なので、リモート中継は2日間だけ。
やまねがおじゃましたところ、ご紹介します!

①5月6日(木)『ふくろう乃湯リゾート』@当別町

ウォッシュレット完備のトイレ&無料Wi-Fi完備のキャンプ場がオープン!
7月には、温泉♨&五右衛門風呂&足湯&カフェなどもオープンしますよ!

②5月7日(金)『ジン鍋アートミュージアム』@岩見沢市栗沢町

日本で唯一!『ジンギスカ

もっとみる

横浜を歩く(2) 魅惑のドールハウスを見に

そんなわけで、横浜駅ビルの情報センターのような場所でチラシを見て、「横浜人形の家」でドールハウス展をやっていることを知り、急遽見に行くことにしました。

「人形の家」はものすごく久しぶり。これを書いていいのかわかりませんが、かなり昔のことです(と断りを入れ)、3階あたりの一番奥にある市松人形がやばい、、、という話を聞き、ただでさえヒトガタが苦手だった私は近づかなくなりました。(やばい、はもちろん現

もっとみる
ありがとうございます。励みになります❤️
21

GW前のお客様

2021/04/30に作成された記事です。

今日は,小さなお客様が見学に来てくれました.
市内の幼稚園に通うお子様とその保護者の方々です.

以前立ち寄っていただいた折に閉館だったということで,わざわざお電話を頂き来館してくださいました.

とても長い時間見学してくれました.
全ての展示物を見てくれたのではないでしょうか.

小さなお子さんの好きなものへの興味はやはりすごい!と思った瞬間でした.

もっとみる

皆におススメしたい!博物館に興味を持ってもらうきっかけになりそうな本

毎週日曜20時のインスタライブ!コメントテーマを決めて、皆さんとコメントをやり取りしながら特定の話題についてやり取りしています。

この日のテーマは「皆におススメしたい!博物館に興味を持ってもらうきっかけになりそうな本」というもの。

「この本を読んだら博物館に行きたくなった!」「博物館に親しむきっかけになった!」という本を皆さんにおススメしていただきました。

アーカイブは、ネット回線の調子が悪

もっとみる
ミュージアムグッズ沼へようこそ。
5

note開始、はじめましてのごあいさつ

奥出雲多根自然博物館は1987年(昭和62年)に生まれた自然史博物館です。主に化石や鉱物の展示で、生命の進化や地球の歴史、人の出会いの不思議さを感じ取っていただくミュージアムとなっています。

 当初はメガネの三城と旧仁多町(現在の奥出雲町)の出資による第3セクターとしての出発でしたが、1990年(平成2年)に登録博物館となり、財団法人奥出雲多根自然博物館としてリニューアルしました。その後2011

もっとみる

企画展「和宮 江戸へ」江戸後期の調度品にトキメキ

江戸東京博物館 企画展 「和宮 江戸へ ふれた品物みた世界」
コチラのレポートを掲載します。(現在は会期終了)「古代エジプト展」の裏でやっていた企画展です。将軍の正室は基本的に第三代徳川家光以降、宮家から迎えるのが習わしでした。彼女たちを通して京都の宮廷文化が江戸に広く取り入れられたのでした。今回の展示は公家文化と武家文化の和合に真剣に(かわいそうなくらい)取り組んでいた和宮の降嫁に伴う調度品や、

もっとみる
スキしてくれて嬉しいです
2