吉村 大樹(@オフィスぴの吉;毎週金曜日投稿)

2020年1月にトルコより愛猫「ぴの」と一緒に、日本へ本帰国しました。現在は長崎・東京を拠点に、トルコ語やアゼルバイジャン語などの語学に関わるあれこれのお仕事などをしています。noteでは猫との生活、本業のテュルク諸語に関係する話などをライトに書き綴っていきます。

メンバーシップに参加

■なにをするサークルか トルコ(語)、アゼルバイジャン(語)についてこれから勉強したいと思っている人、勉強を始めた人、勉強中の人たちなど、なにかの形で関わってみたい人たちが集まって情報を共有するサークルです。 ※2022年10月20日より、さらに交流の輪を広げる目的で対象を広くテュルク諸語全般に拡大します。テュルク諸語全体にも、あるいはそのうちの一つにしかいまのところ興味のない方もぜひ。ご参加を歓迎します。 ■活動方針や頻度 活動方針は、とにかくゆるく自由に。 新型コロナの終息するその日まで、オンラインを通じてトルコ(語)、アゼルバイジャン(語)、さらにはテュルク諸語関連の情報を共有していきましょう。 ■どんな人に来てほしいか 当該言語、また関連する言語をこれから勉強したいと思っている人、勉強を始めた人、勉強中の人たちのご参加を歓迎します。 ■どのように参加してほしいか ゆるく、気軽に参加していただければと思います。

ノーマルプラン

¥110 / 月 初月無料

コアメンバープラン

¥300 / 月 初月無料

吉村 大樹(@オフィスぴの吉;毎週金曜日投稿)

2020年1月にトルコより愛猫「ぴの」と一緒に、日本へ本帰国しました。現在は長崎・東京を拠点に、トルコ語やアゼルバイジャン語などの語学に関わるあれこれのお仕事などをしています。noteでは猫との生活、本業のテュルク諸語に関係する話などをライトに書き綴っていきます。

メンバーシップに加入する

■なにをするサークルか トルコ(語)、アゼルバイジャン(語)についてこれから勉強したいと思っている人、勉強を始めた人、勉強中の人たちなど、なにかの形で関わってみたい人たちが集まって情報を共有するサークルです。 ※2022年10月20日より、さらに交流の輪を広げる目的で対象を広くテュルク諸語全般に拡大します。テュルク諸語全体にも、あるいはそのうちの一つにしかいまのところ興味のない方もぜひ。ご参加を歓迎します。 ■活動方針や頻度 活動方針は、とにかくゆるく自由に。 新型コロナの終息するその日まで、オンラインを通じてトルコ(語)、アゼルバイジャン(語)、さらにはテュルク諸語関連の情報を共有していきましょう。 ■どんな人に来てほしいか 当該言語、また関連する言語をこれから勉強したいと思っている人、勉強を始めた人、勉強中の人たちのご参加を歓迎します。 ■どのように参加してほしいか ゆるく、気軽に参加していただければと思います。

  • ノーマルプラン

    ¥110 / 月 初月無料
  • コアメンバープラン

    ¥300 / 月 初月無料

ウィジェット

マガジン

  • 「その他の言語」世界

    いろいろな言語についての関連記事を集めていきます。2021年6月17日、マガジンタイトルをわずかに変更しました。以後、「外国語」という用語を使わない方針でいきます。

  • 一テュル活民のエスペラント習得大作戦

    かねてより興味があったエスペラントを、テュルク諸語を専門とする立場で勉強するとどこまでいけるのかを検証する壮大なるプロジェクトです。普段見ているテュルク諸語とまったく違うはずのエスペラントは、どう見えるのか。また、エスペラントを身につけていくにつけてテュルク諸語は、あるいは世の中はどう見え方が変わっていくのかを書き綴っていきたいと思っています。

  • テュル活マガジン

    テュル活とは、テュルク的活動のこと。「日常に、ほんの少しテュルクがあると、少しだけ幸福感が増す。」という趣旨でやっている、趣味と実益を兼ねたライフスタイルともいえましょう。 この「テュル活」をキャッチフレーズに、自分の日常に入り込んでいるトルコ的なもの、テュルク的なものを書き綴っていきたいと思います。他の方が書いた記事も随時入れていきます。テーマは雑貨、ラジオ、本など。興味のある人はぜひフォローを。

  • 非テュルク諸語的『星の王子さま』蒐集の旅

    テュルク語学を興味関心の中心に置いているので、それぞれの『星の王子さま』を蒐集しているのと同時に、あえてテュルク系ではない言語の翻訳版も蒐集しています。それはなぜなのか、また蒐集しながら何を感じ、何を考えるか。このマガジンでは、雑文テイストマシマシでそういったことを書き綴っていこうと思います。

  • トルコ語よもやま話

    このマガジンでは、トルコ語に関連する話題の記事をまとめていきます。トルコ語学習中の方、トルコ語にご関心のある方はぜひフォローしてみてください。

最近の記事

  • 固定された記事

【随時募集中】トルコ語・アゼルバイジャン語オンラインレッスンの受講者を募集しています

この機会に、一緒にトルコ語をやってみませんか? 激動の世界情勢の中、良くも悪くも存在感を発揮しつつあるトルコですが、いったいどんな国でどんな人々がそこで生活しているのか、ご関心をお持ちの方も多いのではないでしょうか。実際、彼らの言語や文化について勉強してみたいという方が最近特に増えてきているように思います。 「オフィスぴの吉」では、本格的にトルコ語にご関心のある方を対象として、オンラインによるレッスン受講希望の方を随時募集しております。募集要項は下記の通りです。曜日・時間

    • 私の雑文は、今後しばらくの間は毎週金曜日に投稿予定です。ほかの日は、写真やつぶやきを投稿します。よかったら、随時のぞきに来てください。過去記事を読んでもらえるともっとうれしい。

      • アゼルバイジャン語会話・聴解用テキストを鋭意作成中です。世に出たときの喜びをイメージしながら作業を進めています。

        • さあさあ何が届くというのでしょうか。これももちろんテュル活の一環、こうご期待ください(って、自分がもちろん一番期待しているけれども!!)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 「その他の言語」世界
          吉村 大樹(@オフィスぴの吉;毎週金曜日投稿)
        • 一テュル活民のエスペラント習得大作戦
          吉村 大樹(@オフィスぴの吉;毎週金曜日投稿)
        • テュル活マガジン
          吉村 大樹(@オフィスぴの吉;毎週金曜日投稿)
        • 非テュルク諸語的『星の王子さま』蒐集の旅
          吉村 大樹(@オフィスぴの吉;毎週金曜日投稿)
        • トルコ語よもやま話
          吉村 大樹(@オフィスぴの吉;毎週金曜日投稿)
        • ぴのダイアリー
          吉村 大樹(@オフィスぴの吉;毎週金曜日投稿)

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 【※日程変更】【メンバー向けお知らせ】2/11 Zoomフリートークの会

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • トルコ関連セミナー情報

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 2023年、大統領選挙を迎えるトルコ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 新年のごあいさつ(遅い)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【※日程変更】【メンバー向けお知らせ】2/11 Zoomフリートークの会

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • トルコ関連セミナー情報

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 2023年、大統領選挙を迎えるトルコ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 新年のごあいさつ(遅い)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          【確定申告こぼれ話】本の印税の話を少々(その1)

          「ノーマルプラン」他に参加すると読めます

          やあみなさま、Merhabalar! Nasılsınız, iyisiniz inşallah. 確定申告の時期が近づいてきましたが、いかがお過ごしでしょうか?今日は私にしては珍しく(たぶん珍しいはず)、お金の話を少々。本の売り上げとその「取り分」についての、ちょっとだけ生々しい話を書いてみようと思います。 2022年の著書売り上げ成績:支払調書 先ほど、出版社から昨年の売上調書が届きました。確定申告のときにこの調書を源泉徴収票として使います。それによって、昨年これくら

          有料
          150

          「トルコ語レッスン料の相場」小考

          「ノーマルプラン」他に参加すると読めます

          以下、ちょっと生々しい話をひとつ。メンバーシップ限定記事ということで書いてみます。メンバーシップには参加したくないが、やや生々しいお金の話を読んでみたいという方は、投げ銭をぜひ。

          有料
          200

          トルコ語の"c"と"j"の区別について少し突っ込んで解説してみた

          「ノーマルプラン」他に参加すると読めます

          「文字と発音」はトルコ語に限らず、新しい言語にとりかかる際には大変重要なパートになります。 ですので、本当はじっくりと取りかかったほうがよいジャンルなのですが、語学講師としてシラバスを考える際にはあまりここにだけフォーカスしすぎても飽きられるということはあります。実に悩ましいところです。 さて、以前noteでもトルコ語の文字と発音の話をまとめたことがありましたが、cとjはしばしばその違いが問題になります。とある語学書では、この2つを厳密に区別しないとまで書いているものもあ

          有料
          250

          【メンバーシップ向け記事】語学書って難しい

          「ノーマルプラン」他に参加すると読めます

          今月から非常勤講師としてお邪魔している大学には、大阪時代に知り合って以降現在も交流のある先生がおります。それから私も彼も大阪を離れ、なんなら国も離れたりなどして、今自分の生まれ故郷たる長崎で再び顔を合わせているというのはなんとも不思議な感覚ではあるのですが、そんなわけで最近は毎週顔を合わせており、授業が終わったころ合いで昼食をご一緒する機会も増えました。 で、いろいろなトピックで話をするのですが、トルコ語の教科書の裏話を聴く機会がありました。私自身は彼の著したこの教科書、か

          有料
          150

          トルコの風景としてのネコさんたち(1)

          「ノーマルプラン」他に参加すると読めます

          【メンバーシップ会員向け】『チュルク諸語研究のスコープ』ご入用の方へ

          「ノーマルプラン」他に参加すると読めます

          こちらの書籍なのですが、刊行からだいぶ年数がたってきたということと、やや専門的な内容だ(その割には自分の書いたパートが今一つだ)ということもありまして、すくなくとも市場ではどのくらい需要があるか不明な本ということにはなってきました。

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          アゼルバイジャン語のデータ打ち込みをしながら、バクーの夜景を思い出したりしております。

          ああ… 記事更新しなくてもいいんだ、と思うとこんなに気が楽になるものなのかと。毎朝のエネルギーを、かなりの程度note更新に割いていたように思います。まあしかし、これまで書き続けてそれなりの成果はあったと思いたいところ。みなさまもどうぞ有意義な週末を!

          【お知らせ】当面の記事投稿の方針について

          さて、本日はお知らせをひとつ。 3年ほど前に、トルコはアンカラから長崎に戻ってまいりまして、その後長崎を拠点に日本で諸々の活動をしてまいりました。 ここ、noteで文章を書き始めたのもその活動の一つ。おかげさまで本格的に書き始めるようになって2年半、毎日投稿というやや無茶な挑戦もいたしました。 語学に関すること、地元長崎に関すること、昔話というか過去の自分の体験・経験、そしてぴのとの生活。共通項があるような、脈絡がないようなそんな内容のnoteになっていたとは思うのです

          舟を積む

          ツイッターでの自分の過去のツイートを振り返ると、どうやらこの小説を読んだのがちょうど10年前だったようです。文庫本化される前ですね。 そう、この本。アンカラに着任するときに、本を持っていかなければということで、段ボール箱を数箱日本から職場の住所宛てに立て続けに送ったものでしたが、そのうちの一冊にこの小説が間違いなく入っていたと思います(その後、アンカラに残してきたはず)。 テーマはよく知られているように「辞書の編纂」です。その後映画化もされていますよね。映画のほうは見たか

          今回だけ…今回だけだから…

          こういう目に悪いウェブサイトがございましてな… 定期的に見てしまうのです。なぜか。"Books for trade"というところがあって、お譲りしますよという『星の王子さま』の諸言語翻訳版をリストで提示してくださっているからです。これがアップデートされていないか、その際に自分の関心がある言語で出ていないかどうかを定期的にチェックしてしまうというのは、これはもういたしかたのないことですよね! 実際これまで上記リンク先には何度か取引させていただいたこともありまして、たとえばト

          今年も「トルコ語のすゝめ」の時期がやってきたようだな…?

          昨日、年度末のばたばたぶりについて言及したところですが、次の年度の話もしないといけないというのですから本当に時間はめまぐるしく動いていくものですね~。 ということで(なにが「ということで」なのかは我ながら不明ですが)、今年も宣伝をしておきたく存じます。 2023年度春学期は、トルコ語は2クラス受講生を募集しています。 トルコ語初級I (CEFR PreA1)【初学者向け】 年度初めということで、初級Iでは初めてトルコ語を学習する人を対象としています。事前の学習歴、およ

          年度末の足音と、言語を語る難しさと

          最近、朝早く起きられています。これも生活改善の効果でしょうか(だといいですね)。月曜日の本日も、朝近所を歩いて歩数を稼ぎまして、その後所用も兼ねて市内中心部に行ってきました。 年度末、なにかと仕事が発生するのは我々の業界も同じことのようです。東京のほうからも仕事関係のメールが何通か。スマホなどを持ち歩くので、良くも悪くもすぐに対応に追われることになります。ハイもうなんとか、期日までに…の返事を書きつつ、また3月の末に遠征をすることになりそうなので、その準備をしなければという

          本日、雑文投稿お休みします

          毎週土曜日は夜から1時間半ほど地元のバドミントンクラブに参加しておりまして、今年も絶賛続けていく所存。だいぶ動きにも慣れつつあると思っていたのですが、昨日はずいぶん振り回されまして、今日は朝からクタクタでした。 しかし、今年初頭から始めた、1日10000歩チャレンジ。これはさすがに簡単にやめるわけにはまいりません。果たして正午ごろ、小雨が降り出した中なんとか目標達成いたしましたが、疲労はさらに蓄積。その後家族の買い物のために運転手も務めまして、帰宅後思わずこれは仮眠取ろうと

          訳しづらいフレーズ、あるよね…

          絶賛教材作成中の私でございますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 今手掛けているのが、『アゼルバイジャン語の会話文・聴解練習ブック』という類のものなのです(まだ仮題です!)が、会話の中で、買い物の言づてを頼むシーンがありましてね。 そこで、"şirin qoğal"というフレーズが出てきたのです。 şirinはまあ、ペルシア語起源でこれは「甘い」というのでいいんですが、qoğalという単語のほうに困っていましてね。具体的に何を指すのかというのは、上のようにアゼルバイ

          ものを書くモチベーション、上がったり下がったりする件

          noteで毎日何かを書くということを目標にしていなければ、今日のような日は何もしなかったであろうなと思います。それくらい今日は気力に乏しい日ですが、こういった雑文を書く以外の仕事に追われているということも大きいです。 締め切りを抱えている用件がいくつかあるもので…そちらがどうしても優先順位が上がるので、ここでの執筆はどうしても後回しにせざるを得ないということはあります。そもそも雑文を書くというのは、あくまで余芸にすぎないという根本的な話がありますからね…。 書きたいと思っ

          ごはん時は油断なりませんが

          弊オフィス社長ことぴの吉は、今日も元気いっぱいでした。朝はよく眠り、起きたらおもちゃで遊べアピールに余念がなく、夕方人間たちが食事の用意などしていますと、目を輝かせてというべきか虎視眈々と(猫視眈々と?)人間のごはんを狙ってきます。 サラダというか、野菜にも手を出す主義。アンカラにいたときから知ってはいましたが、ほかの猫さんたちはどうだかわからないのですが、ぴの吉は野菜が好物のようです。よく、キャベツをかじられましたっけね… 「あるじ、テーブルの上に乗るのやめましょうね(

          トルコ語の「仮定」と「条件」の区別、今一つ理解できていなかったので今それを再勉強してまとめているところです。トルコ語も常にブラッシュアップしないといけませんねえ。それに、わかっていたようでわかっていなかったところって意外にあるものです。初級、中級をなめてはいけない…!