後藤繁雄の一日一微発見

浜松と京都、東京の3拠点で暮らしながらアートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。新刊 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など発売中です。「自己編集(リエディット)」のためのスーパースクールも開講中。

トーキョー・ラプソディー:ロックダウンの前夜:東京05/一日一微発見104

朝、新宿にむかう。 いつものようにトランクの中には、資料の本やNEO TOKYO ZINEの印刷見本が数冊。 つくりかけの五木田智央の『OH!TENGOKU remixed』と鈴木親の『新東京...

130

杉本博司の光の浄土へ/一日一微発見103

写真というものは、どこかに預言的な力を持っている。 杉本さんが京都市京セラ美術館ではじめる大規模個展「瑠璃の浄土」(©Hiroshi Sugimoto)を、開館前にプレスで見た時...

130

場所の不思議について/一日一微発見102

写真家スティーブン・ショアの新しい写真集が2020年の4月に出る。 今日、別件で打ち合わせをしたディストリビューターが教えてくれた。 それは『Transparencies:Small Ca...

130

雲のように生きるのさ/一日一微発見101

外を散歩する。 浜松を歩いている。 きのうまでの雨はすっかりあがって、深く明るいブルーに、立体的な顔をした白い雲が光りながら、西から東へ疾走してゆく。 風は強い。

130

写真はいつだって時代を予見する鏡だ/一日一微発見100

今日は朝から京都へ来た。 リニューアルした、京都市京セラ美術館で始まる「杉本博司 瑠璃の浄土」のプレス内覧会に参加するのである。 杉本さんとは80年代末に知り合...

130

マガジンの購入者だけが見れます。

100号突破記念ZINEプレゼント申し込みについてのお知らせ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます