編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

アートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。著書「アートの秘密を説きあかす」(光村推古書院) 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など。「自己編集(リエディット)」のためのスクールとオンラインコミュニティも開講中。
    • アート思考・後藤繁雄の一日一微発見

      「一日一微発見」というのは、僕が師匠だと思っている文化人類学者、故・岩田慶治が日々やっていたこと。 僕はそこからヒントをもらって、もう15年ぐらい前だけど、ネットで日々連載していたことがある。 それを復活させてみよう。 僕の断片的思考訓練である。 長い文章も書きますが、散文的にキーワードのみの文章もあります。週に2回程度更新しています。 僕は、たくさん本も出していますが、プロフィールはこちらをご覧ください。 https://www.gotonewdirection.com/profile

    • 目は旅をする・後藤繁雄による写真集セレクション

      ヴィジュアルの旅は、大きな快楽を、与えてくれるし、時には長編小説以上に、人生についてのヒントを与えてくれます。 このマガジン「目は旅をする」は、長く写真家たちと仕事をして、写真を愛してきた僕が、トータルで150冊を厳選して、ご紹介するとっておきの写真への旅ガイドです。 タイトルは、敬愛する編集者ダイアナ・ブリーランドの「 The eye has to travel」にインスパイアされつけました。

    • 後藤繁雄のYouTubeまとめ

      You Tube更新情報・編集後記・テキストデータなどをまとめます

    • 僕たちは編集しながら生きている

      この時代をサヴァイヴするための「生活編集術」と「編集生活術」。編集という技術はもう編集者だけのものではない時代になりました。 アートやDJやデザインも、もちろん映画や小説だって編集力が不可欠です。 ユニークな編集のワークショップであるスーパースクールのノウハウをここに公開します。 さあ、あなたも新しい「編集術」を身に付けよう! 2004年に出版された編集者・後藤繁雄が主宰する「スーパースクール」の本をもとに再構成したマガジンです。 情報やツールの多い現代で、なにを選ぶか。 それが「生活編集術」です。 自己再編・自己編集・「なりたい自分になる」ためのヒントがここにあります。

    • 後藤繁雄の一日一微発見からのお知らせ

      「一日一微発見」というのは、僕が師匠だと思っている文化人類学者、故・岩田慶治が日々やっていたこと。 僕はそこからヒントをもらって、もう15年ぐらい前だけど、ネットで日々連載していたことがある。 それを復活させてみよう。 僕の断片的思考訓練である。 スーパースクールのオンラインサロン内で公開していたものを 中心に、「今」のものや、昔書いたものも、このマガジンにまとめていきます。 週一回の投稿で、1~3記事ずつ投稿します。マガジンの内容は有料版に移行しました。無料で読める記事もあります。

朝早く目覚めたので、テッド・チャンの『息吹』を読む/306

読書というものは奇妙な悪癖である。 本を読まなくても生きていけるし、そうやっている人を知っているが、僕はやめられない。 もちろん悪癖というものは、飲酒やタバコも…

150

キュレーションが行われる「場所」のことについて考える/一日一微発見305

前回の『一日一微発見』で、練馬の住宅地での展覧会「Private House 生きられた家」のことについて書いたが、その初日の翌日に、話題になっている展覧会「惑星ザムザ」を見…

150

「echo of echo」声と「生きられた家」(展覧会Private Houseのために)/一日一微発見304

campfireオンラインコミュニティA&Eには、アートを志向する面白い人たちが集まっている。 メンバーの野村とし子さんと僕は共同で参加を呼びかけて、年1回ぐらいの割合で企…

150

千葉雅也『現代思想入門』を読みながら「アート思考」について考える/一日一微発見303

千葉雅也氏の『現代思想入門』が出版されたので読んでいる。 デリダ、ドゥルーズ、フーコーを中心にその背景にあるニーチェ、フロイト、マルクスなど「源流」そしてラカン…

150

ペインターの品川亮君とA&Eでの対話・この時代の絵について考える/一日一微発見302

僕は絵が好きだ。 その前に、カタチと色が好きだ。 都市の中のものはあまりに単純化されているから、自然のもの(植物や海や)の中にあるものが好きなのだ。 自然にあるカタ…

150

ヴィヴィアン・サッセン『Venus & Mercury 』/目は旅をする051(天国と地獄)

ヴィヴィアン・サッセン『Venus & Mercury 』 (Aperture刊) アムステルダムを活動拠点とするヴィヴィアン・サッセンと知り合って、この10年の間に、東京のG/Pgalleryで…