苦しみからの解放

毒親からの呪縛 続編2

大人になっても

しばらく合う事も無かった彼と親族の告別式などで会う時があったのですが第一印象は全くあの時と同じ印象でした。
体格こそちょっとは大人っぽくはなってはいたものの 会話は中学生の様な幼い話し方で 自分からの会話はほとんど無く質問に短い言葉で反応するだけでした。30歳近くなってもまるでお坊ちゃまでした。

親とは別に彼だけを誘ってもいつの間にか母親が間に割り込んで 「明日の仕事が早いから

もっとみる
興味を持っていただきありがとうございます!
2

愛情が苦しみに変わる時

ネット情報を鵜呑みにしてはいけないが 若い俳優が自ら命をたった 背景に親族との確執があったかもしれないとの記事があった。 辛いが あり得ない話しでもない。  
かかわってる親の方はその様に思っていない事が多い  
辛いなら関わりを立てばいいのにと思うだろうが それを出来ない様に心を支配している。断ち切ろうとすれば世間のイメージを壊すような話で騒ぎたてるから、ましてや有名人ともなれば余計にどうしたら

もっとみる
興味を持っていただきありがとうございます!

人生を救ってくれた本はコレ!

みなさんにとって人生を変えた本ってありますか?

離婚騒動の2016年からの4年間で私の人生を救ってくれた&豊かにしてくれた本はたくさんありますがその中でもダントツ1位のお話。

離婚騒動のごちゃごちゃはこちら
→ラブストーリーは突然にbyオーストラリア(元旦那編)
→「変わるから別れないでくれ」と言われたらあなたはどうしますか?
→愛と憎しみは紙一重?!は本当だった
→人生で最高に悲しい誕生日

もっとみる
あなたのスキが私のエネルギーの源に♡ありがとう
10

【三浦春馬さん】毒親育ちの心理士が語る❗️ 孤独と苦しみのリアル<必見>

今回は、毒親について。
最近三浦春馬さんが亡くなられましたが、少し分かる部分がある氣がします。

私も、誰にも抱えている苦しみに、氣付いてもらえませんでした。
他にも、中学の同級生が自死したお話もしています。

毒親によるリアルな状況を、皆さんにも、ご理解頂きたいと思います。


🍀毒親からの解放へ、個人セッション🍀
  COLOR・DE・SOLEIL(カラードソレイユ)
◆「家庭環境や毒親
もっとみる

Thank you💖
3

迷ったら:静かな心に聞く

心の迷い

人は誰しも心の迷いを感じる事があるんじゃないかと思う。

例えば、、、

● 色々な条件を考えすぎて、自分が何をしたいのかさえもわからなくなってしまう時。

● 自分がやりたいと思っていた事が、他人の意見や批判で分からなくなってしまう時。

● 人からの意見やアドバイスに従って何かをやってはみるものの、本当はやりたくない気持ちが消えない時。

● 自分より、人の期待に応えようと必死な時

もっとみる
I'm so happy! とっても嬉しい!
4

生きる意味:みんな自分の想像を現実化している

前回の記事
『生きる意味』の中で

私たちは 
自分の内側にある
想像、創造を
この地上で
現実化するために
産まれて来ました

というお話をしました

全ての生を受け地球に産まれたずべてのひとの共通の約束です 

そして全ての人が実は
自分の内側で想像したことをこの地上で現実化しています

それは・・・・・

正しい、間違い、成功、失敗、良い、悪いということじゃなくて
ちょっとした内側のイメージ

もっとみる

自己受容:幸せになる為のファースト・ステップ

突然ですが、、、

皆さんは自分の事どう感じていますか?

私の自己受容できなかった過去

私はというと、人生のとても長い期間、自分を受け入れられていなかった事が多かった。

理想主義というか、完璧主義というか、

こうなりたいというゴールのハードルをかなり高めに設定する癖があった為に、全くそれに届かない、まだまだ未熟で等身大の自分が受け入れられなかった。

ちょっとやそっとの努力では到底到達でき

もっとみる
You are the best! あなた最高!
8

苦しみからの解放

人の自死の話を聞くたびに思い出す一言があります。

もうかなり前のことですが大学時代の同期がみずから命を断ちました。その報せをくれた友人からは彼は仕事もうまく行っていたようだったし結婚を控えた婚約者もいたと聞きました。

思わず「なんで結婚の約束をした婚約者まで遺して...遺された人たちの気持ちを考えるとやりきれない」と言うと、その友人はこう言ったのです。

「でも、俺は〇〇が何を悩んでいたか知ら

もっとみる
ありがとうございます!
2

「わかる」とき好転するし、治るということ(わからないと好転しないということ)

物事が好転するとき、病気やケガが治るときは自分が「わかっている」のだと思います。

自らの育った環境でありがたいことにあたりまえに治るものだと思っている病気は早期発見で治ったりします。それは治る病気であるということを無意識レベルで理解しているのだと思います。

例えば、私の家系はガン家系なのですが、ガンは治るものだと思っています。ガンをわずらっても治らないことがほとんどないのです。そう信じ込んでい

もっとみる