Rita

ヨーガ&マインドフルネス講師、ヨーガ心理学講師、カウンセラー。 シンガーソングライター…

Rita

ヨーガ&マインドフルネス講師、ヨーガ心理学講師、カウンセラー。 シンガーソングライター、マンダラアーティスト、詩人。幼い頃の家庭環境から生きづらさを抱え、心理学、精神世界を学び、ヨーガに出会い、苦しみから解放される。https://rita3.com/

最近の記事

幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜⑤純粋意識としての私

何十年と続く人生物語を演じている私と、その人生映画を観ている側の純粋意識の私。この2重性を理解できますでしょうか? いきなり理解は難しいかもしれませんが、自分という存在を熟考していくことで少しずつ理解を深めていけると思います。 私が、この身体ならば、死んだら終わり、という世界観になり それはそれはなんとも虚しい気持ちになりませんか? では、私たちの本質が純粋意識で、死んでも死なないのだとしたら どんな気持ちになりますでしょうか? 私の失った大事な人たちも、実は失ってい

    • 幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜④私とは何?身体はあなた?

      では、私とはなんでしょうか? あなたは「身体」なのでしょうか? もちろんそうです。この身体が私です。 と思っている方は多いでしょう。 しかし、身体というのは太ったり痩せたり 年齢と共に形が変わっていき、不変のものではありません。 外見が変わり、年齢を重ねても、自分の中にどこか いや〜そんなに年をとったのかぁ〜、なんて 年を重ねても変わっていない自分を感じませんか? もう少し考えてみましょう。 もし、あなたが身体だとしたら、 身体の一部を失った時、それをあなたと感じるで

      • 幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜③私とは何?探求の行き詰まり

        自分自身を客観的に観られない私。 罪悪感や孤独感でいっぱいの私。 自分の事が嫌いな私。 そして、そんな自分自身を許せない私。 心理学のワークショップで探求していた私たちは、あと少しのところで行き詰まってしまったのです。 私を苦しめているのは、親でもない友人でもない この「私の心」なんだということははっきりと分かったのです。 そうか、私を苦しめているのは「この心」なんだ。では、この心の中身を変えたらいんだと、あらゆる事を試みました。 なにかポジティブな言葉を唱えたり、思い

        • 幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜②私とは何?アダルトチルドレン

          心に振り回され苦しむ私がたどり着いついたヨーガ。 それまでに心理学を徹底的に学びました。 産業カウンセラーを取得し、そこで出会った親友と毎月ワークショップを開いておりました。傾聴のみのカウンセリングには限界を感じ、アートセラピーや自律訓練法なども取り入れて、自分の心の探究を仲間と共に進めていきました。 心理学の中でも原因論では、こういう家庭環境で育ったから、今の私ができあがった、となります。例えば、私はいわゆる機能していない「機能不全」の家庭で育ちましたので、そういう家庭

        幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜⑤純粋意識としての私

        • 幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜④私とは何?身体はあなた?

        • 幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜③私とは何?探求の行き詰まり

        • 幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜②私とは何?アダルトチルドレン

          幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜①

          あなたの物語はどのようなものだったでしょうか? どんな家庭に生まれ どのように育ち、何を感じていたのでしょうか? そして、そんな小さな頃の自分が 今の自分に影響を及ぼしているとは 考えられるでしょうか? 今の人間関係の悩みの根本が もしかしたら、もっと以前の何かが 深く影響しているかも?とピンと来たことはありませんか? 一体、心って何なのでしょう? ヨーガの教えに助けを借りながら 一緒に探求してみませんか? 私たちの心は絶えず変化しています。 その変化に自分でも驚くほ

          幸せへの道〜ヨーガ心理学で知るわたし〜①

          よがゆるTV

          愛知学院大学教授  伊藤雅之先生をゲストにお迎えして、今回は現代ヨーガについて語っています! ヨーガの体操(アーサナ)がスピリチュアルな探求として、そしてアーサナが瞑想(マインドフルネス)として変化していった歴史を時代背景と共に学んでいきましょう! 00:00〜 現代ヨーガのスピリチュアル化 ヴィヴェーカーナンダによるヨーガの再発掘 10:25〜 スピリチュアル化第二段階(1960年代〜1970年代) 西洋への伝播 ヨーガの体操そのものがスピリチュアルとらえる流れ

          よがゆるTV

          愛知学院大 伊藤雅之先生がゲスト!よがゆるTV

          約2年ぶり、愛知学院大学教授の伊藤雅之先生にゲストにお越しいただきました! 伊藤雅之先生のご著書 現代スピリチュアリティ文化論よりお話をいただきました! 伊藤先生のご著書はこちら ↓ 現代スピリチュアリティ文化論――ヨーガ、マインドフルネスからポジティブ心理学まで https://amzn.asia/d/ihLanZT 00:00 現代スピリチュアリティ文化論ご出版のきっかけなど 10:00〜 スピリチュアリティの定義 22:50 アメリカ、ヨーロッパの宗教とス

          愛知学院大 伊藤雅之先生がゲスト!よがゆるTV

          ヨーガとの約束

          朝起きる。 身体が辛い。 頭がガンガンする。 昨日、何度も頭が痛すぎて目が覚めたほど。 重い身体をひきずるようにして、家族の朝食を作る、家族を送り出した後、ひととおり掃除をしてソファーで横になる。 ああ、今日はもうダメかもしれないなぁ。 いやいや、仕事4つ入ってますから。ダメとか言う選択肢はないのですよ。 これ、生徒さんなら「今日は朝から頭が痛くて体調悪いので休みます」と連絡するだろうなぁ、などと思いつつ、仕事へ行く。 午前はヨーガクラス。 分かってる。ヨーガしたら

          ヨーガとの約束

          ココロとワタシ

          「トラがドアの前に立っている」と私が信じているのと、 実際にトラがドアの前にいるのと、何の違いがあろうか。 by アルフレッド・アドラー 頭の中の想像、恐怖は 実際起こっているのと同じように 体は反応する。 嫌な事を思い出すたび 心臓はドキドキして 血圧は上がり 体全体が緊張する。 過ぎた事に「今」 苦しめられている そんな風になっている 私たちのココロ 私はダメなやつだ と信じていたら 何を成し遂げても 自分を認める事はできない。 ダメな私であり続けて その

          ココロとワタシ

          アドラーの言葉

          「やる気がなくなった」 のではない。 「やる気をなくす」という 決断を自分でしただけだ。 「変われない」のではない。 「変わらない」という 決断を自分でしているだけだ。  by アルフレッド・アドラー 「決断」を「思い込み」 という言葉に置き換えると よく分かりますね✨✨ 変わる!と決断したら(思い込んだら)変われますね。 思い込みが人生を作っているんだなぁ••• Rita🌈

          アドラーの言葉

          私の夢

          私には夢がある。 それは、いつの日か、 あらゆる谷が高められ、 あらゆる丘と山は低められ、 でこぼこした所は平らにならされ、 曲がった道がまっすぐにされ、 そして神の栄光が啓示され、 生きとし生けるものが その栄光を共に見ることになるという夢である。 (キング牧師) リタは夢がある。 それはいつの日か すべての人の心の中の闘いが止み 自己否定、罪悪感から解放され、 本当の自分を生きられますように。 他者と比べたり、非難したりすることなく 他者の幸せも自分の幸せも

          私の夢

          あるヨーギニーの自叙伝⑧ソウルメイトとの出会いと別れ

          探究のソウルメイトやすえさんと知り合ったのは 産業カウンセラーの養成講座だった。 デザイナーをしている年上のかわいらしい女性だった。 当時、広告代理店で営業ウーマンをしていた私は やすえさんにデザインの仕事を頼んだりして仲良くなっていった。 ふたりの共通点は、幼い頃の家庭環境が影響して 生き苦しさ、深い罪悪感を抱えている事だった。 毎週のように喫茶店で語り合った。 たくさん心理学の本を持ち込んで こんな事にも気づいたよ、こんな記事があったよ! シェアをし合いながら過ごし

          あるヨーギニーの自叙伝⑧ソウルメイトとの出会いと別れ

          めざせ!ヨガ・ソング発売!~よがゆるクラファン計画~

          シンガーソングライターでもあるRitaがYOGAの教えを曲にしてみました。 ぜひその曲を世に送り出したい、という願いからこのクラウドファンディング企画がスタートしました。 曲は2曲あります。 『YOGAのよろこび~The Bliss of Yoga~』 『プルシャの輝き~Shining Purusha~』 どちらも『ヨーガ・スートラ』をもとに作った画期的な曲です。(歌うだけで『ヨーガ・スートラ』が学べちゃいます!) これらの曲を世に出すため、2022年、よがゆるT

          めざせ!ヨガ・ソング発売!~よがゆるクラファン計画~

          あるヨーギニーの自叙伝⑦苦しみから自分を救い出す

          https://youtu.be/rimWs5iV-JI 豊田のお寺の僧侶尚文さんとYouTubeの番組を配信しています こちらもぜひご覧ください。 上記のYouTubeを見ていただくと分かると思うが 私にとって、人生の一番の課題は「自分を助けること」 だか表面的には「母を助けること」であった。 不幸な母親を助けたい、でも助けられない。 どんなにいい子になっても、母を笑顔にさせてあげられない。 喜ばせてあげることができない。 一体、どうしたら母を闇から救い出せるのか?

          あるヨーギニーの自叙伝⑦苦しみから自分を救い出す

          あるヨーギニーの自叙伝⑥幸せの定義

          前回の記事 底を蹴り上げるチカラ を書いて、久しぶりに20代の私と 対面することになった私は かなり驚いた。 あの頃の私が 今の私を想像出来ただろうか?  記事を書きながら孤独な時代を思い出し 涙を流したのだか もはやその涙は それは映画やドラマを観て 泣いているような感じ。 あの頃の私と今の私は 本当に同一人物なんだろうか? 私はあの私だったのだろうか? なんだか訳がわからなくなった。 不思議だ。 今いる場所にたどり着くとは、 まったく 予測出来なかった。 ヨー

          あるヨーギニーの自叙伝⑥幸せの定義

          あるヨーギニーの自叙伝⑤底辺を蹴り上げるチカラ

          先回は「普通」をめぐる葛藤について書いた。そもそも自分がこんがらがっていて 幸せになりたい気持ちと幸せが怖いという気持ちが共存する、なんとも複雑な(めんどくさい)人間だった。 当然自分で自分が好きではなかった。 一体どれくらいの人が、胸を張って自分が大好き! と言えるのだろうか? そもそも自分が嫌い、というのは 自分を誤魔化し騙しているから 嫌いなんだと思う。 自己肯定感ゼロ 罪悪感100パーセントの私が どうやって今のように 自分をYESと言えるようになったのか。

          あるヨーギニーの自叙伝⑤底辺を蹴り上げるチカラ